ゲームセンター

279: 1/2 2012/07/27(金) 04:14:57.71 ID:El6efvv0
流れを読まず、深夜にひっそりと吐き逃げ。
初カキコ・フェイク込み・長文ですがご容赦願います。

バイト前にとある大好きな音ゲーをプレイするべく、近所のゲーセンへ。
いざ筺体へ向かうと、小学校低学年ほどの女の子が、別機種の音ゲーをプレイしていた。
(真横ではないが、十分互いの音が聞こえる範囲)
そしてその隣には、子供を見守る母親の姿。

リズムに合わせて小さく手拍子をしたり、
「がんばれ!」と子どもを応援している母親の姿を見て、
「微笑ましいなー」と思いながら自分もプレイ開始。

254: 名無しの心子知らず 2012/10/31(水) 13:07:21.99 ID:3rPgVABS
豚切りすみません。先日遭遇したセコケチ話。
自分は小梨ですが、相手がママだったので投下。

自分は小学生のときから、クレーンゲームが趣味兼、特技。
その日もふらっとでかけた大きめのSCのゲームセンターで、いくつか景品をゲットしてた。
大分お金使ったし、そろそろ帰ろうかなぁとうろついていた時
偶然甥っ子の好きな某ライダーのフィギュア?ぽいものを発見。
しかも休日限定サービス台。
こりゃあとるしかねぇ!と気合を入れて挑むと、さすがサービス台。運よく1回でとれた。
500円玉を入れていたので、店員さんを呼んで別種類を置きなおしてもらい、再挑戦。
するとこちらも2回でゲット。
つまりは500円きっかりで、2体もリアルフィギュアを手に入れることができた。
世界一可愛い甥っ子が喜ぶ顔を思い浮かべてほくほく顔になっていると、
後ろから不穏な会話が耳に入ってきた。
「ほら、Aくんからちょうだいって言ってごらん!」
「お姉ちゃんなんだから、きっと取るのが楽しいだけよ!Aくんがちょうだいって言えばくれるわよ。」
小梨だけど、セコケチ系のスレが大好きな私は、遭遇キタ―!とテンションマックス。
けれどあえて関わりたくは無かったのでそそくさと逃げようとすると、がっと袋を掴まれた。

このページのトップヘ