クズ

49: 名無しさん@おーぷん 2015/09/04(金)22:13:50 ID:6cy
旦那がインコを買いたいから私の生理用品代、化粧品代を減らせと言ってきた。
最初、なにいってんだこいつと思ってしばらく思考停止。
インコを買うのは構わないけど、自分の小遣いを節約して貯めてから買えば?と言ったら、今月の26日が結婚記念日10年目だからお祝いに欲しいんだと。
何故私が節約して買ってやらなきゃならんのだというのは置いといて、インコって色々節約してまで大変な思いをしなければ買えないものなのか。
旦那はモニョモニョと歯切れが悪そうに、ルリイロ・ベニイロ・スミレという三種の大きな鳥が欲しいとのことだった。
調べたらかなりの高額で、三羽合わせて400万近くする。
結婚記念日は二人でちょっとした豪華なディナーをする予定だったけど一気にその気を無くした。
腹が立つのは、自分が欲しいくせに自身で金を出す気がない事。
何故か私の生活必需品の節約をしろと言ってくること。意味不明。
結婚記念日という名目をとっても、旦那から私に何か送る気はないこと。
そして何よりも、ようやく授かった2歳の子供がいるのに、これからまだまだお金がかかることを理解していないこと。
呆れて現状を説明して無理だと断った。

26: 名無しの心子知らず 2011/05/30(月) 15:37:10.25 ID:KrFpqhm9
先日出会ったキチママ
先日の話だが、私が行っている大学で、午後からの講義が休校になり、バスを利用して家に帰っていた

そのバスの前の方にある一人掛け席に座っていると、いきなり頭を叩かれた
何事かと思って叩いてきた人の方を見ると、赤ちゃんを連れた(赤ちゃんINベビーカー)女性がこちらを睨んでいた
これはあれか?!席を譲れカス!ってことか!?と思っていると、「バスの中で音楽を聴くな!音漏れがうるさい!」と言われた
「は?これのことですか。」と耳につけている補聴器を見せる

397: 名無しの心子知らず 2011/05/13(金) 11:04:37.93 ID:S76mdSOs
先週の話だが、信じられないものを見た・・・
いつからあるのかは分からなかったが、近所に捨て猫(子猫)が入ったダンボールがあった
ダンボールには傘が固定してあり、中の子猫が雨で濡れないようにはなっていた
ウチで飼ってあげたいが、旦那が重めの猫アレルギーで、飼うことが出来なかった
そして見つけた次の日、心配になって捨て猫のところに行くと、近所に住むママ友が、中に入っていた子猫ごと、ダンボールを思いっきり蹴飛ばしていた
あまりの事にびっくりして、「ちょっと○○さん!なにやってるのよ!」と叫んだ
こっちに気付いたママ友は急にオロオロしだしたが、すぐに冷静になり、「ストレス解消してただけよ。悪い?○○(私)さんもやりに来たんでしょ?」
と言われた

696: 名無しさん@おーぷん 2017/08/22(火)11:25:17 ID:ZJG
私と元夫は10年以上前に離婚してる。理由は嫁いびり。
元義母は、元夫を本家の娘さんと結婚させたかったらしい。
私だけじゃなく、私の産んだ子にまで敵意と殺意を向けてきたから、元義母から逃げる為離婚した。
元夫は離婚に反対で「母がタヒんだら再婚しよう」と言ってたけど
はっきり返事しないでとにかく逃げた。
慰謝料はなしで貯金を折半。
養育費は払ってくれる約束だったけど途中で止まった。
元夫はその後、元義母の薦め通り本家の娘(いとこ)と付き合ったけど数年で別れた。
「やっぱりうまくいかなかったよ」と元夫自身が報告してきた。
元夫は面会権があったのに子供に会いたがることはなく、数年に一度私に電話してくる程度。
電話で「子供に代わろうか」と言っても
「何話していいかわからないからいい」という返事だった。
その後、元夫も私も再婚せず時間が経過。
そして今年、元義母が亡くなった。

925: 名無しさん@おーぷん 2017/09/09(土)08:22:03 ID:Ihq
旦那同士を交換留学?させた話。
義姉、義姉夫夫婦は二人とも正社員の共働き。私、私旦那夫婦は、私が専業。
義姉家の子供は二人、4才ともうすぐ2歳。うちは2歳半が一人。
最近、うちの旦那が専業叩きを始めた。きっかけはわからないんだけど、たぶんうちの子が手がかかるようになって、前より家事が手抜きになったから。
旦那がずっと言うし、私も幼稚園入ったら働きたいと思ってたし、一年早めて就活と保育園探しを始めた。
でも、子供は2歳半。待機児童が100人単位の地域で、0歳児クラスすら定員オーバーな地域ではなかなか難しくて、保育園が決まらない=仕事ができない。
来年四月には幼稚園には入れるから、それから仕事できるけど、それでもグチグチ言う旦那にムカついていた頃。
義実家で、姉ちゃんの家はいいよなー、うちはーと安定の専業叩きを始めた私旦那に、義姉(旦那姉)が、「じゃああんたうちくる?一週間か2週間。共働きの旦那体験やってよ。ね、練習しときな」と言ってくれた。
幸いどちらも駅で言えば二駅くらい、通勤にも支障なし。
義姉旦那さんも、「私ちゃんの料理うまいし、私息子くん、たくさん遊ぼうなー!!」とノリノリ。
義姉には、いつも通りでいい、ごちそうも出さないで、うちも出さないから、家事もうちは旦那がほとんどやってるから任せてね、
私も弟に旦那がやってること全部やらせるからといわれ、とりあえず2週間の交換留学が決まった。
結果、うちの旦那は4日目で発熱、それでも保育園に朝子供二人を自転車で送ってから仕事、帰宅後は洗濯と洗いもの、
朝起きたら子供たちの保育園の支度、朝御飯を食べさせたり着替えさせたりして、休日も義姉は容赦なく仕事や用事で家をあけるから子供たちと遊んだし、ご飯の用意もないから全部自分でやったらしい。
うちに来た義姉旦那さんは、何でも褒めてくれるし、家事も洗い物洗濯物掃除機やって仕事に行ってくれるし、朝も少し早く起きて子供と遊んでからいく、休日も6時おきで子供と遊ぶしうどん作ってくれて、
私ちゃんちょっと美容院でもカフェでもいってきたら?男同士で秘密の遊びするからと息子と二人で何か遊んでてくれた。

668: 名無しの心子知らず 2011/03/17(木) 02:25:50.85 ID:bFSbs9N8
一応、フェイクいれてます。

私→現在9ヶ月初妊婦、震災の影響がない地域住み
旦那→技術職で茨城の港に勤務
震災から一切連絡が取れず、不安でした。

だけど、赤ちゃんの事はちゃんとしなきゃと
マザークラス、定期検診に行ってきました。
検診も無事に終わり、マザークラスも
問題なく進み、フリートークの時間の事です。

Aさん(8ヶ月妊婦、1才子持)
がヒソヒソと話し掛けて来たのですが…
A『ねぇねぇ、私さんの旦那さんって
今大変なとこ勤務よね?連絡とか取れた?』
私「いえ、なかなか連絡つかなくて…」

393: 名無しさん@おーぷん 2015/11/02(月)11:51:32 ID:5tS
兄はバツイチ。
前妻さんとの離婚原因は、前妻さんが流産してノイローゼになってしまったからだと聞いてた。
当時私は県外の大学にいて、親伝いにしか話を聞いてなかった。
その後私はUターン就職して結婚。ちょっと遅れて兄も再婚した。
再婚して1年後、兄嫁さんが妊娠した。
そうしたら兄が変になった。
まず帰宅しない(※うちの親とは車で30分の距離に別居)
兄嫁さんに冷たい。話を無視したり邪険にする。触られると嫌そうにする。生活費を削る。
兄嫁さんが私に↑をメールしてきて事が発覚。
私から母に伝え、両親、兄夫婦+私で家族会議になった。
ちなみに私がいたのは兄嫁さんに「いてくれ」と頼まれたから。私がいないと兄に反論しにくいと言われた。
そこで続々と兄の迷言が飛び出す。
「妊婦の体が嫌い、気持ち悪い」「本能なので仕方ない」
「見たくないので視界に入れないよう帰らなかった」
「いると殴ってしまうかもしれないから、おれが帰らない方が嫁にとっても良い筈」
「産んだあとならまた愛せると思う。でも産むまでは無理」
「男は自分が抱いた女を本能的に軽蔑してしまう生き物」
「腹が出るのが嫌だったから、太らないよう食費を削るという意味で生活費を半分にした」

338: 名無しの心子知らず 2016/06/25(土)14:22:29 ID:jRA
大学時代、とあるチェーン店のラーメン屋でバイトをしていた。

スープや味付けの種類は色々あって辛口系何かもあったんだが
ふとした思いつきから「辛口ラーメン」の「辛口」を「超超超激辛口」の味付けにして客に出していた。

初めは大学の気に食わない奴が客として来たから半ばイタズラ心でやったんだけど
そいつの反応が「アッヒャ~~!!!!????」みたいな反応で思いの外面白かったから
その後辛口ラーメンを頼んだ客の内、大人しそうなリーマンやオタク風の客を無作為で選んで
「超超超激辛口ラーメン」にして出していた。

(女性には可哀想だからやらなかった、数人の場合は騒がれたら困るからやらなかった)

反応は人それぞれで、一口食べて凄い顔を引きつらせながら箸を置いて帰ったり
「うぎゃっ!!?」と悲鳴を上げたり、そういうラーメンだと思ったのか汗ダクダクになりながら
無理矢理食べようとしたりと様々だった。(ちなみに完食した人間は10人の内1、2人ぐらいだったw)

そんなある日、いかにもなアキバ系の客が「か、か、辛口ラーメン…」と頼んで来たので
ちょうどその時とある出来事でイライラしていた俺は「超超超超超超激辛口ラーメン」ぐらいの味付けにして出してみた。
一口食べた客は一瞬顔が赤くなった後、サーッと血の気の引いた様に顔色が変わった後椅子から静かに転げ落ちた。
どうやら辛さが限界を回って気絶した様だったw

「大丈夫ですか!?」と心配して駆け寄るフリをして「あっ!?」と思わずラーメンを落としたフリをして
客の顔に超超超超超超激辛口ラーメンをビシャリ。ショックで気を取り戻したのか悶絶する客。
心配する様子を見せながら病院へと電話しつつ、内心大笑いしていた俺だった…

314: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)09:28:47 ID:URN
うちの母親と父方の祖母が仲が悪くて、顔が母親そっくりの俺もわかりやすく嫌われてた。
けど親父はエネ夫ってやつで祖母の暴言なんかを「おふくろに悪気はない。」とか「本当はお前(俺)を愛してる。表現が上手く出来ないだけ。」と言い張る。
俺が小学2年の時母親が腸捻転でぶっ倒れて、「学校終わったらばあちゃん家に行け。あとで迎えに行く。ばあちゃん家には伝えてるから。」と言われてしぶしぶ祖母の家に行く事になった。
着くと暴言の嵐。
「ほんとに来やがった!図々しい!」
「財布や通帳隠さなきゃ!あの女の子供だから泥棒するに決まってるからね!」なんかね。
ちょっとの間の我慢だから…。と何も言わずにいたらその態度が気に入らなかったらしく無理やり車に乗せられ出発。
どれぐらい走ったのかわからんが気付けば山道に入っててお察しの通り俺はそこで放り出され置き去られてしまった。
しばらくはその場を動かずにいたんだけど誰も通らないから仕方なく車が来た方向に戻って行く事にした。
最初はなんとなく遠足気分で余裕があったんだけどだんだん日が落ち出すとめっちゃ怖いw
割と木が生い茂ってるから肌寒くもなってきて、その頃には俺号泣w
だれかぁぁぁぁ!!だずげでぇぇぇぇ!!と叫ぶけど誰も通らない。
疲れてもう歩けないし子供ながらにタヒを覚悟しだしたところで遠くから微かに車の音が聞こえた。
気のせいかもしれないけど俺は必タヒに音のするほうに歩きながら助けて!助けて!って叫んだ。
車のライトが見えると俺は必タヒに手を振った。
車は止まってくれて降りてきた人達が「ほんとに人いたよ…。」とか「なんでこんなところに子供?」なんかを言いつつ俺を車に乗せてってくれた。
着いたのはめっちゃでっかい家。
車に乗せてくれたじいちゃんが「なんかジュース飲ませてやってくれ!」と言うと女の人がオレンジジュース持ってきてくれて、俺はそれを泣きながら飲んで、女の人は涙と鼻水でどろどろの俺の顔をタオルで拭いてくれた。
じいちゃんが「なんであんなとこに1人でいたんだ?」と聞いてきたんで俺は事情を話した。
「子供になんて事を!」って顔を真っ赤にしながら怒ってた。
じいちゃんが女の人に警察に連絡しろって言ってたから俺はランドセルに入ってる緊急連絡カード(親の携番と家電、住所が書いてあるカード)を渡してここに電話させてと頼んだ。
女の人は警察とうちに電話してくれて、親父の声を聞いて安心のあまり漏らした。ごめんじいちゃん。
親父が迎えに来たり警察も来たりして大騒ぎだった。
じいちゃんが親父に「母親を大事にするのは結構だがしっかり目の前の事を見ろ!危うくお前の子供タヒぬとこだったんだぞ!」って怒ってくれて、流石の親父も俺を置き去りにしてった祖母の事を謝ってくれた。
その後は母親の手術終わってから離婚した。
あとからわかったけどあのじいちゃんヤクザの会長だったらしい。
女の人(じいちゃんの嫁さんだったらしい)が何度も声が聞こえる気がするって言ってたらしくて半信半疑で行ってみたら…って事だったそう。


【元夫視点】

【妻視点】
←今読んでるのはこちら


837: 名無しさん@おーぷん 2014/06/18(水)00:13:46 ID:cnPIvlIKx
4年ほど前に、私はかつて務めていた会社の当時の教育係と不倫していました。しかし、その時私は既婚者で、専業主婦でした。夫は医療職についていて、特に困った事など有りませんでした。
ふと、買い物に出た時に出会って、そのままズルズルと…。体の関係こそ持ってはいませんでしたが、買い物に行ったりとか、食事をとったりとかしていました。その時の夫にも愛されているのは分かってたのですが、どこと無く冷めてしまってたのと男らしさを感じてしまって、そんな時に彼とあったのですから、運命なのだとしか思えませんでした
しかし、半年ほど立った時、いつもニコニコしている夫が神妙そうに「全部知っている、これからどうしたい?」と言いました。私は「離婚して欲しい」と言いました。すると、夫は目に涙を浮かべて、「どうしてなんだ?悪いところがあるならいって欲しい。」と言いました。それを見て、幾分の申し訳なさを感じたのですが、それ以上に彼の男らしさとのギャップに目が向いて一気に冷めてしまいました。
そして、彼と含めて三人で話し合い。涙を浮かべながら説得をし、手を震えさせながら離婚届を書いていた夫にただ謝る事しか出来ませんでした。
そうして、離婚したあと、彼と再婚し、自分と彼の貯金で引越しました。

このページのトップヘ