クズ

393: 名無しさん@おーぷん 2015/11/02(月)11:51:32 ID:5tS
兄はバツイチ。
前妻さんとの離婚原因は、前妻さんが流産してノイローゼになってしまったからだと聞いてた。
当時私は県外の大学にいて、親伝いにしか話を聞いてなかった。
その後私はUターン就職して結婚。ちょっと遅れて兄も再婚した。
再婚して1年後、兄嫁さんが妊娠した。
そうしたら兄が変になった。
まず帰宅しない(※うちの親とは車で30分の距離に別居)
兄嫁さんに冷たい。話を無視したり邪険にする。触られると嫌そうにする。生活費を削る。
兄嫁さんが私に↑をメールしてきて事が発覚。
私から母に伝え、両親、兄夫婦+私で家族会議になった。
ちなみに私がいたのは兄嫁さんに「いてくれ」と頼まれたから。私がいないと兄に反論しにくいと言われた。
そこで続々と兄の迷言が飛び出す。
「妊婦の体が嫌い、気持ち悪い」「本能なので仕方ない」
「見たくないので視界に入れないよう帰らなかった」
「いると殴ってしまうかもしれないから、おれが帰らない方が嫁にとっても良い筈」
「産んだあとならまた愛せると思う。でも産むまでは無理」
「男は自分が抱いた女を本能的に軽蔑してしまう生き物」
「腹が出るのが嫌だったから、太らないよう食費を削るという意味で生活費を半分にした」

152: 名無しさん@おーぷん 2016/10/24(月)18:16:42 ID:Ygy
中学生の頃、歩道を歩いていたら後ろの方から自転車のベルの音が聞こえた
(小学校の時に「歩道で歩行者をどかすためにベルを鳴らすのは法律違反」って習ったし、きっと私に向かって鳴らされたベルじゃないだろうな)
と思って特に気にせずそのまま歩いていた
当時の私は純朴な女子中学生だったので、大人はみんなルールを守る生き物だと思っていた
すると後ろから追突された。その瞬間は追突されたとは理解できなかったけど、前輪にふくらはぎを傷付けられて鋭い痛みが走った時に、自転車にぶつけられたことにやっと気付いた
自転車に乗っていたのは50代ぐらいのおじさんだった
「さっさとどけやブス」
と小声で言われた

955: 名無しさん@おーぷん 2017/05/03(水)09:05:11 ID:74F
世の中狂ってる
親父が会社の人を家に連れてきた
そこに塾を終えた私帰宅
ほどよく出来上がった親父の会社の人
私はアルコール一切ダメなので酒臭い空間から逃げようとするが
家の作り的に会社の人の真後ろを通らなければ自室に行けない
挨拶だけしてそっと通り抜けようとしたら、いきなり手を掴まれた
「制服可愛いねぇ、胸おっきいやんか」と50も過ぎたおっさんに胸鷲掴みにされた
ブラウス一枚の夏の制服の上からおっさんに胸を揉まれて、頭真っ白になって反射的に空いてる方の手で顔面に一発入れた
相手は椅子から転げ落ちて頭打って鼻血吹いた
パニックになってたから追い討ちでカバンで殴ってしまった
そのまま救急車を呼んで搬送

4: 名無しさん@おーぷん 2017/01/29(日)11:50:48 ID:XVD
昔ラーメン屋で働いていた時の話

私がラーメンと一緒に出した餃子の皿にたまたま小さいgが付いていた事があった
それに驚いたのかカウンターに座っていたお客さんはひっくり返り後ろのテーブルに頭をぶつけるという
コントみたいな光景が繰り広げられた

当然お客さんは激怒して店長と一緒に頭を下げたんだけど、その面白い光景が忘れられずに
それ以来時折ワザと小さな虫を皿の隅や料理の陰に隠して出したり、ラーメンの中にコソッと入れたりなどのイタズラをする様になった
大抵は食べてる途中か前に気づいて普段は無愛想そうなオッサンが女みたいな悲鳴を上げるのも楽しかったし
全く気づかずに恐らく小さな虫ごと完食して帰ってく客も客で内心いししし…と笑っていたw

しばらくそんなイタズラを続けていたんだけど、私がバイトしていたお店はそこまで汚い訳でもなく
毎回都合良く虫が見つかる訳でも無いので、最終的には店裏のゴミ捨て場から探してきたりもした

ある日死んでいた大gをたまたま発見したのでラーメン丼の底に入れて提出
スープを飲み終えた頃に客が目撃してきゃー!みたいな計画だったんだけど
思いの外虫は早く浮かび上がり、スープの海に浮かぶg…
お客さんは当然絶叫して飛び退いてテーブルの角に頭をぶつけた後
そのままお店の外へ逃げ出してしまった


329: 名無しさん@おーぷん 2017/10/24(火)00:39:45 ID:tVR
割と昔の話。

飲み会の帰りに彼氏に車で迎えに来て貰う約束をしていて
駅について車に乗ろうと思ったら、間違えて別の人の似た車に乗ってしまった事があった。
すぐに謝って出ようとしたんだけど、「何なんんだお前は!」みたいな感じで乗ってた男に怒鳴られて
ついカチンときて酔ってたのもあって、痴漢とか無理矢理連れ込まれたとか騒いで交番に駆け込んでしまった。
男はそのまま警察の人に連れてかれて、事後処理は父と当時の彼氏にやってもらって詳しくは知らなかった。

最近、その男の同級生だったって知人と飲んだ時に、とある悲惨な男の話として、その男のその後を聞いた。
何でも、痴漢騒ぎが原因で会社を首になり、当時新婚だった家庭も離婚、男はショックで程なくして自シしたらしい…
奥さんと子供が幸せになってくれてたらまだマシだったんだけど、奥さんも知人の同級生で(中・高が一緒だったらしい)
シンママで子供育てながら働いてたらしいんだけど、ある日仕事帰りに疲れか何かで居眠り運転して交通事故で亡くなってしまい
子供は施設に引き取られてその後は行方が分からないらしい…

今子供が生きてれば知人息子と同い歳で、知人息子はそれなりの会社に就職も決まり順調な人生を送ってるのに
仲が良かった同級生の友人の子供が恐らく悲惨な生活を送ってると思うと、つい悲しくなってしまうと泣き上戸で話していた。

状況や時期的にどう考えても私の話なんだけど、気づかないフリをして知人に同情するフリを
必死でしてたのがかなりの修羅場でした…

698: 名無しさん@おーぷん 2016/02/17(水)13:24:52 ID:vjE
これから頑張るという決意表明。長いから嫌な人はスルーしてね。
夫が不倫した。私が双子妊娠して、経過が悪くて初期から入院が多く、さらに難産め、そして産後もヘロヘロだったことで、寂しかったからが理由。
うちの子が産まれる少し前に相手の女性も妊娠していて、ただし一人で経過は順調、ギリギリまで普通に残業も出張もしながら働いて産休に入って、するっと産まれたらしい。産後も床上げ後からすぐに家事も完璧にこなしたらしい。
それを見ていた元夫は、いつも疲れきってご飯も魚や肉焼いただけと味噌汁サラダで暗い顔している私より、いつも元気で明るくご飯も毎日違うメニューでおいしい不倫相手と生きていくことを決めたらしい。
で、離婚。もうもめる力も無くて、とにかく子供たちに不利にならないように金銭面だけは頑張った。
そしたら、うちの両親が略奪婚だったことを知った。

357: 名無しさん@おーぷん 2016/04/05(火)19:43:48 ID:N86
五年前に何かにつけて母親失格と罵る旦那と別れたのですが、半年ほど前にその元旦那が私の実家にやってきて愚痴を言いに来たのが修羅場。
元旦那は交際時と妊娠前は紳士かと思うくらい優しい人でしたが、
悪阻や妊娠中に体調不良が続き、更に前置胎盤で入院した事でキレられました。
そんなんじゃ健康な子供は産まれない!母親失格!
男か女かわからない?なんで?母親失格!
失格失格失格失格!

177: 名無しさん@おーぷん 2014/05/08(木)01:25:38 ID:UwSeY64n6
元旦那原因の不妊でした。
しかし、検査結果が出た時元旦那は
「俺の精子がどうでも、妊娠するのはお前。
妊娠できるかはお前の責任」と言い放ち、結局離婚したのがまだ一週間前。


179: 名無しの心子知らず 2016/03/24(木)22:48:15 ID:0xE
やっとフリーになったー!
糞旦那とようやく他人になれたよ

私と元旦那は小梨で生きていこうと決めていたんだけど、突如元旦那が生でシたいので避妊は無しでお願いしますと言われた
妊娠したらその度におろせばいいじゃんだってよ
26で結婚して閉経まで何年あると思ってんだよ
その間に私は何回妊娠して何回胎児を●すの?
何回身体を傷付ければいいの?
ピルがあるとはいえ、妊娠しないわけではないんだよ
こう何度も説明しても胎児を●す罪悪感や妻の身体を傷付ける罪悪感より、自分の欲望を優先
やむを得ない場合は仕方が無いけど、避けて通れる道をわざわざ踏み込んでこんな事する意味がわからない
拒否したらしたで、元旦那の友人達が男の本能をわからない女だと責めてきた

5: 名無しの心子知らず 2016/03/05(土)15:39:55 ID:qod
祖母が50代でアルツ発症した。
当時母は20代、私は2つか3つくらいだった。
物心ついた時から母は祖母(母にしたら姑)の介護をしてた。
父は介護は一切手伝わなかった。私は祖母が寝た切りになってからお手伝いするようになった。
徘徊してた頃は危ないからって祖母には母が近づけさせなかった。
母はその頃祖母に付きっきりで、今思うと感謝しかないんだけど当時は寂しかった。
せめて父がいてくれたら違ったんだろうが、父はお酒の匂いプンプンで毎晩零時くらいに帰ってきて
家でごはんもほとんど食べなかったから他所の人みたいだった。
私が高3の時、母が癌になった。当時母40代。
明らかに具合が悪そうだったから病院行け行け言ったんだけど、介護があってなかなか出られなかった。
でも幸いステージ2だった。
帰宅して「母が入院する」と聞くなり父は「逃げる気か!!」と怒鳴った。
あんなに人間に対して幻滅したことはない。
それまでも期待してたわけじゃなかったけど祖母はあんたの母親だろうよ、とさすがに思った。
母は長年の介護でエネmeっていうより無気力人間になっていたから
叔母(母の妹)に電話して「助けて下さい」って泣きついた。
近所のおばさん(町内のボスママっぽい人)にも泣きついた。
もうなりふりかまっていられなかった。
誰でもいいから恥を捨ててすがらないと本当に母がタヒぬ!と思った。
その後、叔母の助けを借りて、父がいない間に荷物まとめて逃走。
叔母家と同じ市内にある県立病院に入院した。
祖母を置いていくのは気が引けたけど、天秤にかけたら申しわけないけど母の方が大事だった。
それに祖母は母と違って手術しないとタヒぬ容態ではなかったし。
父は「離婚する!介護放棄で慰謝料をもらう!娘の進学費用も出さん!」と激怒。
でも「癌の手術で入院」が介護放棄にあたるはずもなく
父の言い分は認められなかった。

このページのトップヘ