キチ

187: おさかなくわえた名無しさん 2018/06/04(月) 17:39:28.35 ID:UXSI5u19
数日前にあった修羅場勝手に書いていきます。
結果、警察を呼ぶことになったよ。その理由がクソだった。
その指輪、私が失くしてたんだよね…

5年前高校生だった私は、叔母(母の妹)から指輪をもらった

そして、今年に入り母方の祖父が事故にあって自分が誰だかわからん状態に
それで、母と叔母が祖父の介護で揉める。
もともと、この二人は仲良くない

揉めにもめた後、叔母は「お前(母)とは縁を切る、一切口出すな関わるな」と言った
母は「はあ、そうですか」と介護のことも一切やらずに関わることを辞めた。

そうしたら、今度は叔母は「何故祖父の見舞いに来ない!?」と毎晩鬼電
酷いときは、出ないでいるとコールを30分続けたこともあった
母は「一切かかわるなと言ったでしょ、だから見舞いにも行かない」と

母は本当は行きたいけど、行ったら叔母に散々こきおろされて悪く言われる、母が言われるのは
一向に構わんが、私と私の兄にまで迷惑がいくのは耐えられん。と言ってた

なので、私が母に入れ知恵して電話の録音と、着信拒否を勧めた。
ここからが修羅場。うざい母がいなくなって思い通りになった叔母は今度私にあげた指輪を返せ攻撃
勿論着信拒否しているので、履歴は残るけど一切出なかった。

一回切ります

487: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)11:23:13 ID:k2J
トメの口癖は「喧嘩両成敗」。
いい歳の大人の諍いにしゃしゃり出ては、
「はい、喧嘩両成敗♪これでお互い言い合いっこは無しね♪」
と双方のおデコを軽くペチッと叩いて解決させた気になる。
本人は大岡裁きのつもりらしくドヤ顔。
周りは「今時こんなんじゃ小学生でも解決になんねーよ。」と呆れる通り越してドン引く。

751: 名無しの心子知らず 2016/05/27(金)01:48:08 ID:4O1
旦那が宗教に嵌ってる
8桁献金しようが家に帰ってこなかろうが家族誰も何も言わなかったんだけど、長女が中学生、高校生と上がるたびに娘への勧誘がひどくなり、
娘が一向に宗教になびかないと解ると、同時に私への勧誘も酷くなった
でも旦那に話したところで宗教に冒された脳みそって会話ができないのよ
旦那の親戚にアスペルガーの子がいるけど、その子より話し通じないから恐ろしい
だから皆無視する事で平和を保ってたんだけど、ついに家にまで勧誘しにくるようになった
特に娘の勧誘が酷くて、なんと娘と同年代の子がわざわざやってくるの
しかも複数人、学校の帰りにくるのか制服の子が多かった
娘自身が追い返してたんだけど、後で聞いた話、かなり下衆い勧誘されてた

で、何がスカッとするのかというと、娘の復讐方法

896: 名無しの心子知らず 2016/08/30(火)18:29:52 ID:cq0
老害ってこういうのを言うのかなと思った今年の春の出来ごと
小学生にあがる長男の為に私の両親や義父母からの援助をもらいつつ学習机、ランドセルを揃えようとしたのだが
ランドセルの色で義父一人「赤」、長男を含めた残り「黒」で義父ダダこね
赤は女の子の場合が多いし、長男も黒がいいって言ってるのに「赤、赤がいい、赤にしろ、自分が赤が気に入ってるから」
結局黒いランドセルに決まり購入したのだが・・・

341: 名無しさん@おーぷん 2017/07/03(月)10:38:40 ID:J9W
小学校4年生くらいの時の話

近所のちょっと大き目なスーパーマーケットへ母と親父と買い物に来ていた
二人は鮮魚コーナーで晩に食べる刺身を物色しに、自分は食玩が欲しくておもちゃ・お菓子コーナーへ直行
到着して食玩を吟味していると後ろを誰がか通って買い物カゴがぶつかってきた
いてぇーなーと思いながら見るとワカメみたいな髪にメガネのオタクっぽい人が食玩の前でウロウロしてる
無視してほしい物を2つ選び鮮魚コーナーの方に向かおうとしたけど、そこにはオタクの兄ちゃんが座ってる…
邪魔やなこの人…と思いながら最短距離を行くことしか頭にないんで「通してください」と断って後ろを通って鮮魚コーナー近くの通路へ出た

両親の姿がなかったのでキョロキョロと周りを見渡していると、急に後ろから「おい!」と声をかけられた
振り向いた瞬間顔の左側面、左耳、首の左側に強烈なチョップを食らってその場にひっくり返った
何が何だかわからず転んだまま見上げるとそこには食玩コーナーで後ろを通ったワカメヘアーのオタクが顔を真っ赤にしてフーフー言いながら立ってた

605: 名無しの心子知らず 2012/04/22(日) 09:06:40.00 ID:GYfminbl
今朝、ずっと仲良くしてた会社の同僚が「何これ使えない、恥かいたから返す」って
わざわざ玄関先で叫んで、カード放り投げて帰ってった
…一週間前からどんなにバッグの中探してもなかった○ーソンのポイントカード
だった
奴が盗ったらしい

84: 名無しさん@おーぷん 2015/03/29(日)12:40:08 ID:QZQ
うちの会社は毎年この時期ゴルフコンペがある

会社からちょっと豪華な賞品が出るので
ゴルフをする人達は楽しみにしている
会社からの豪華な賞品は、金賞・銀賞・銅賞
あとは前年金賞を取った人が提供するブービー賞と
部長がポケットマネーで提供する部長賞

ただ、負担になってもいけないので、
ブービー賞と部長賞は2~3千円程度の品か
自宅に余ってる酒などがあればそれでもいいとされていた

そして去年のコンペの話
それぞれ表彰されて、金賞・銀賞・銅賞が授与された
そして部長賞の当選者が前に出た

司会「それでは○○部長、△△くんに部長賞の授与をお願いします!」
部長「ふふふ、今年の部長賞はなんでしょう?(手には何も持ってない)」
一同「・・・・?」
部長「それでは発表します!部長賞は私の奥さんの熱いキッスです!ぐふふwww」

一同「(д) ゜゜」

239: 名無しさん@おーぷん 2015/12/20(日)12:51:15 ID:ht8
非常にクダらない面倒に巻き込まれた。
俺の高校時代の後輩が結婚して、同じ町内に引っ越してきた。たまたま道で会い、おお久しぶりと挨拶。
数分立ち話をしてその場で別れた。
それが2年前。

休日、家でまったりしてたら固定電話が鳴った。嫁が電話を切り「間違い電話みたい」とハテナ顔で戻って来た。
スーパーからの電話で、怪我したお子さんがウチに迎えに来てくれと言ってるとの事。
しかしうちに子供はいない。子供の苗字も聞き覚えのない苗字だったから「間違いです」と言って嫁は切った。
予想つくだろうが、その子供というのが後輩のとこの子だった。

179: 名無しさん@おーぷん 2015/09/11(金)13:59:58 ID:cJj
流れきっちゃうかな? ちょっとむかついているので書き込みに来ました。

職場のトイレでリ○トカットした夫の元カノを発見した前後が修羅場。

文才ないので時事列がわかりにくいかもしれませんが、お付き合いください。
夫と私は会社の同期で、交際ン年を経て社内結婚した。修羅場が起きたのは婚約中のころ。
夫は私と交際する前にYという5つ年上の先輩と交際していた。破局の理由はYの束縛と嫉妬深さに耐えきれなかったことと、度々専業主婦になりたいと結婚を急ぐ発言をしているにもかかわらず、家事をしない&まったくできないことに夫が忍耐を詰んだ結果らしい。
(結婚を前提に同棲した時に発覚)

破局した後もYは未練があったらしく、しばしば復縁を迫っていたが夫にその気はなく、その後他県に出向。その出向先に半年前から私も出向していたことから交際スタート。
Yは夫に未練ありまくりで、出向中に届く電話とメールの嵐に耐えきれず携帯をかえた。
だれかから聞きだしたらしく、業端にまで連絡をしてきたのでYの直属の上司に言って辞めさせた経緯があった。
二年後私たちは本社に戻される前に婚約し、そのまま同棲していた。
Yのことも聞いていたし、戻ってからは難癖をつけられたが基本的に所属部署がそれぞれ違うし、会うのは出退勤とランチの時くらいだと適当にスルーしていたら……orz

36: 名無しさん@おーぷん 2017/09/28(木)00:40:13 ID:HRr
学校の先生は性格がおかしい人が多いと言われるが、自分の母を見ていると真実だと思う。

今は退職して何十年も経ったが、昔、母は小学校教師だった。母は私や兄に「教師は女の仕事としては最高の仕事だ」といつも言っていた。
その「最高の仕事をしている自分」にものすごいプライドを持っていた。ある時、その最高話にウンザリした兄が「女性のお医者さんや
弁護士や大学教授もいるよ」と言ったら、母は「それは例外でそんな人はあまり居ない、普通の仕事では最高なんだ」と怒鳴った。
兄が「普通は普通で、最高とは違う物だ」と言った瞬間、兄は母に殴られていた。目が吊り上がって顔が真っ赤な母に「お前もそう思うか?」と
聞かれた私は兄を裏切るわけもいかないけれど、殴られたくないのでどうしてよいか分からず即答できなかった。再度「お前はどう思うんだ!」と
怒鳴られ、パニックになった私は「普通は最高だと思う」と答えてしまい「馬鹿」と言われ、母に殴られそうになった。その瞬間、兄が「今の事を
赤の他人に言って聞かせてもいい?」「最高話を人に言いふらすよ」と言ってくれたので母に殴られずに済んだ。母は「お前たちは世の中の事を
分かっていない」などとブツブツ言いながら部屋を出て行った。家に父親は居たが、全くの空気だった。何を言っても相談しても「母さんの言う
通りにしなさい」「母さんを怒らせたら駄目だよ」と言うだけだった。

このページのトップヘ