キチ

466: 名無しさん@おーぷん 2015/11/24(火)11:16:08 ID:cya
痴漢冤罪の場にいたので報告がてら。
今朝の電車で女子高生のケツにOLの鞄が当たってるのを「こういうの痴漢だと思うのかなぁ」なんて思いながら見てた。
そしたら女子高生が隣の男の方見て「痴漢やめてください!」と涙目で叫んで、痴漢容疑の男(以下容疑者)は2人の男と1人の女に取り押さえられ、次の駅で引きずりおろされた。
容疑者は否定してたし、暴れてもいなかったんだけどね。
んで俺も一緒に電車降りて「俺見てたんで―、証言します。」とだけ言って、駅員と警察くるまで待機
待機中容疑者の態度が面白くて、取り押さえてた奴らが正義感から色々怒鳴り散らしてたんだが、「はぁ、へー、ふーん」って感じで流してて、余裕あんなーと思ってたw



773: 名無しの心子知らず 2014/02/03(月) 01:59:13.61 ID:uzQ/vBw3
一家揃って風邪ひきな我が家。
何とか私だけが回復し、マスクにコートにニット帽で買い出しに近所のスーパーへ。
そういえばはちみつが切れてたなと思い、はちみつその他もろもろを購入して
復路詰めしながら偶然会ったご近所さんと会話してたら
いきなり清算済みカゴの中へ横から手が伸びてきて、はちみつを掴んで走り去った。
熱があってへろへろで使い物にならない私の代わりに、ご近所さんがドロボー!と
追いかけてくれたんだが、駐車場に逃げられどこにいるかわからない状態に。
追いついた私、店の人、ご近所さんとで物騒になったね、大丈夫?
とられたのははちみつ?しんどそうだし、荷物全部宅配サービスしましょうか?
などなど駐車場で話してたら、一台の車からおぼげがああああああ!とか叫びながら
泥が子供抱えて飛び出してきた。
完全な隣国言葉で何言ってるのかさっぱりわからないが、
私に危害を加えようとしてるのは間違いないと店員さんが取り押さえ
かなりふらついてた私はスーパーの休憩所?保健室?みたいな場所へ。

324: 名無しさん@おーぷん 2016/09/27(火)21:15:51 ID:SxN
高校2年の秋、部活のユニフォームがヘタレてきて、でもその頃両親の仲が悪くて言い出せなかった。
俺が何を言っても父が「お前の教育が悪い!」と母にキレるんで何も言えなかった。
大げさじゃなくマジで、「ハンバーガーうめー」って言っただけで
親父が「息子が底辺の食い物を食うバカ舌になった!おまえのせいだ!」って母にブチギレる日々だった。
俺はユニを自分の貯金で買うことにした。
小学生の時以来ほぼいじってない通帳とカードを持って(入金は母任せだった)ATMへ行った。
20万くらいあるはずの残高が800円代だったのが衝撃。

通帳記帳したら毎年のお年玉は入金されていたが、中3の夏と高1の冬にごっそり引き出されていた。
犯人は親父でした。
暗証番号を誕生日にしてた+机の引き出しに入れっぱな俺も悪かったが
まさか家庭内に泥棒がいるとは。
俺のお年玉は親父の浮気相手の誕プレとホワイトデーに消えたそうです。

と言ってもすぐ↑が判明したわけではなく、半年くらい黙っていた。
なんとなく父が犯人なことはわかっていて、母に言ったら離婚のトリガーを引いてしまう気がして言えなかった。
今思えばさっさと言うべきだったが高校生だったしな。
離婚後父がのこのこ会いに来て「愛人が最近冷たいんだけど、お前だったら何買ってあげる?」って
真顔で訊いてきたときも衝撃だった。

227: 名無しさん@おーぷん 2015/06/19(金)21:48:36 ID:5j5
ここでひとつ武勇伝を。
私のじゃなくて父親のだけど。

私が小6頃の話。
私の家は少々貧乏だった。
車も常に中古の軽自動車だったし、家も小さなアパート。
家族構成は父、母、私、妹の四人家族。
食べ物は近所の畑から少しだけ貰ってきたりしてたからあまり困らなかったけど、私はゲームとかお洒落が出来ないことを不満に思ってた。
特にお洒落は年頃の娘だったこともあって、父親にはよく「可愛い服が欲しい」と不満をこぼしてた。
そんなある日、私がいつも通り父にお洒落な服をねだったら父が「わかった。ついてこい」と言った。
私は洋服屋さんにいくのかと思ったら、向かったのは近所の家。
ピンポンを押して出てきた奥さんに父は「娘にぴったりの服を何着かくれ」と言った。
その家は娘さんが中学生だったから、小学生の頃に着てた服なら私にちょうどいいと思ったんだろう。
私は身長も小柄だったからたぶん大抵の服は着れるし、サイズが大きければそれは学年が上がってから着ればいいし、良いアイデアだった。
最初はキョトンとして断る奥さんも、父の説得に根負けし服を何着か持ってきてくれた。
私の父は迫力もあるし、近所では一番強い人間だったと思う。
だから大抵の無理は押し通せた。
そんなこんなで数件回って私のもとには沢山のお洒落な服が集まった。
それからは服をその日に着ていく選ぶのが楽しみになって、学校へ行くのもよりいっそう楽しくなった。
そんな父も先日母親と離婚して一人立ち。
私は母の方について来たが、父のこういう男らしいところは大好きだった。
私も母と新しい父親と一緒に頑張るし、父も一人で頑張って欲しいという願いをこめてここに書き込む。

17: 名無しさん 2014/03/26(水)10:46:52 ID:t3YRZNNmA
「◯◯さん
□□に異動(※実質転勤)するって聞きました。
なぜ教えてくれなかったんですか。
こんなに…愛しているのに。
僕の気持ちに気づいていたんでしょう…。
こんな酷い仕打ちには耐えられません。
僕が□□まで追いかける程に貴女を愛していると…?
そうです。それくらい愛してます。
でも、僕には家族がいます。
全部捨てて貴女を追う、そんなことは許されないんです。
僕は貴女を諦めます。
それを止めたいなら、あの場所でその想いをぶつけて下さい。」


給湯室でよく遭遇してた他部署の男性(30代、既婚だった気がする)から
なぜ私がジュリらにゃならん
ぜひ諦めてくれ

530: 名無しさん@おーぷん 2017/10/15(日)06:48:24 ID:E26
昨日からずっとイライラしてる。
ちょっと長くなる。
8年前、付き合っていた彼に一方的に別れを告げられた。「友達に戻ろう」って。
アホな私は「また振り向いてもらえる様に頑張る!」って思った。
でも、共通の友人に止められた。
「アイツ(元彼)浮気してるよ。止めたけど、私ちゃんに男友達がいるのになんで自分はダメなんだ!と言って、全然聞かなかった」と。
当時繋がっていたSNSで元彼のページを見ると、すごい日記があった。
「七夕の出会いに感謝。この出会いはきっと永遠のものになる…(大体こんな感じ)」
私はSNSを放置してたから、見られないと思ったみたい。
日記は私がフラれる前の日付。
見た瞬間に未練は吹っ飛び、ただ怒りだけが残った

403: 名無しさん@おーぷん 2017/03/22(水)12:39:27 ID:TUg
時系列で

1・妻が妊娠した
2・それを聞いた妻の妹の嫁ぎ先の母方の叔母が
「本家様に無断で妊娠するとは何事か!」とお怒りになり、
妻の妹に「無礼者のバカ夫婦に5分以内に出頭するよう命令なさい!」と通達
3・しかし妻の妹ガン無視
4・俺と妻が来ると決めつけていた(略)叔母が
妻に呑ませようとタバコやら農薬やら何かを煮詰めていたら、
なんか有害ガスが出て、吸い込んで倒れた


104: 名無しさん@おーぷん 2017/06/01(木)13:57:54 ID:REh
私と言うより、家族の修羅場かな 
ちょっと長い
小学校一年生の時、一人で下校していると同級生のA子が追いかけてきた
ねえ私ちゃん、今日家にこない?ってA子の家(うちから歩いて5分くらい)に誘われた
そんなに仲良しでもない子だし、学校帰りに寄り道してはいけないって言われたから断った
でもその日は母親の帰りが遅いらしく、一人じゃ寂しいんだって言われた
確かA子は母親と二人で暮らしだった
寂しいんじゃ可哀想だなあって思ったのを覚えてる
親に怒られると思うから少ししたら帰るねってA子に言ったら、それでいいと言う
電話で親に連絡するなんてこと、ぼんやりしてた私は思いつかなかった
しばらくA子の家で楽しく遊んで、気が付くと夕方だった
A子の母親はまだ帰って来なかったけど、私は家に帰ろうとした
でもランドセルが見当たらない
A子に聞いても知らないと言う、それどころか、もうちょっと遊ぼうって言う
うちに帰りたいけど、ランドセルなきゃ帰れないって思って、私は泣き出した

71: 名無しさん@おーぷん 2017/02/01(水)11:50:33 ID:OQJ
女房がスマホ持って風呂入るようになったんで
まさかあの小デブが浮気とかwと最初は笑ってたんだが
女房が段々挙動不審になってきた。
おまけにスマホの音消してるし俺の前では見ようとしないしで
回覧板回しに出て行った時こっそりスマホ見た。
意外な展開だった。

109: 名無しさん@おーぷん 2015/09/12(土)20:02:35 ID:PnX
災害にかこつけたロミオへの怒りを吐き出し。

深夜、エリアメールに混じって、数ヶ月前に別れた元夫から安否を問うメールが来た。
この元夫、極度の構ってちゃんで浮気はするわタヒぬタヒぬ詐欺はするわで大変だった人。苦労して離婚してからはガス抜き用に捨てアドのみ教えていたので、そこにメールが届いた。
まともで簡潔な文だったので、耳かき一杯分くらいの感心を込めて「大丈夫だからそちらも気を付けて」って簡潔に返して寝た。

朝起きてスマホを見て戦慄。
「あなたのことを気にかけた俺が馬鹿だったんですかね?」
「心配してるのに返信もなしですか」
「あなたは俺を心配してくれないんですね。当然だと思いますが」
「結婚していた時からあなたはドライで冷たかったですよね。そのせいで俺達が上手くいかなくなったのに、あなたは変わらないんですね」
「心配です。愛してます。返信ください」
「◯◯(元夫の住んでいる市)はもうヤバいです。これが最後の連絡になるかも」
「なんで俺ばっかりこんな不幸なの ふざけんな」
等々、芝居がかった恨み言メールがズラリ。

1つ1つは大したことないけれど、災害にかこつけて付け入ってこようとする神経が本気で分からん。
というか、どう返せば正解だったのか本気で分からん……

このページのトップヘ