キチガイ

672: 名無しさん@おーぷん 2016/02/16(火)12:06:22 ID:84X
うちの母親はちょっと頭おかしかった
どのぐらい頭おかしいかというとOL時代に後輩さんを精神的に追い込んで退職させたことをドヤ顔で自慢するぐらい
後輩さんへのいじめの内容も、ゴミの浮いたお茶を上司に出して後輩さんが淹れたって嘘吐いたとか報告すべきことを報告したって嘘吐いて実は報告してなかったとか迷惑なことばっかり
私が直接知る限りでもクズいエピソードは数えきれない
真っ昼間に子供が公園で走ってるだけでうるさいだの静かにしろだの若いお母さんに説教
砂場にいた幼女を蹴っ飛ばす
わざわざ女子高生に近寄っていって邪魔って言ってぶつかる等々…

郵便受けに真っ赤な字で「タヒねタヒねしねry」って100個ぐらいタヒねって書かれた紙切れが入ってたことがある
父さんは温厚な人だし当時私もお姉ちゃんも小学生だったから心当たりは母親関連しかない

910: 名無しさん@おーぷん 2016/02/27(土)14:27:16 ID:UNE
書き逃げ。フェイクの所為で辻褄の合わないところがあるかも。
実母は私を生んですぐ「男の子が欲しかったのに」と言って育児放棄。ひとりで実家へ戻り、2度と戻らずそのまま離婚。
怒った父方の祖父母が写真とか捨ててしまったので、私に実母の記憶はほとんどないし顔も知らない。
そして私が幼稚園の頃、父が再婚。この再婚相手の人が、私にとっての本当の母。
6歳と8歳年下の弟達と私を分け隔てなく育ててくれてくれた上に、私を「可愛い娘」って甘やかしてくれる。ここまでが前提。

社会人になって働き始めて3年目の春、新卒Aの教育を任された。
高校生に見えるぐらいの童顔なAは、新卒の中では1番礼儀正しくてしっかりしていた。
仕事の飲み込みも早く、普通は3カ月かかる新人教育が2ヶ月で終了して、早くも配置先が決まってしまった。
私が「あー肩の荷が下りた!」って喜んでいたら、Aに「お世話になったお礼に」ってことで食事に誘われ、その時に告白された。
当時は付き合っている人もいなかったし、ハッキリ言ってAは好みのタイプと全然違うけれど、悪くないかなと思ってOKした。
Aは母子家庭で、母親の束縛がかなり厳しいと愚痴っていた。休日は一緒にお出掛けしないとヒスるそうなので、仕事が終わってから食事に行くのが私達のデートだった。
Aと付き合い始めてそろそろ1ヶ月になろうとしていた土曜日、弟1の誕生日プレゼントを買う為に弟2と一緒に外出した。
弟1が「枕が欲しい」って言ってたから家具店を2人でうろうろしてたら、なんと中年女性と歩くAの姿があった。
話を聞いていたし、年齢的にも彼の母親なんだろうなと思った。「息子に執着する母」ってのがどんな感じか興味があったから、挨拶しようと2人に近付いた。


続きます。


144: 名無しの心子知らず 2013/11/25(月) 12:38:18.63 ID:4rfTRR4h
初めて遭遇した泥ママ。

・たまにはドライブがてらにと遠方のショッピングモールに行く
・ある専門店の前ですれ違いざまに肩掛けのバッグをかすめ取られる
・あっと思って振り返ると、ベビーカーを持ったおばさんが豪快にすっ転ぶところ
・ベビーカーも大転倒で赤ちゃん飛び出して号泣、ベビーカーの中にあった多量の商品もごろごろ(ぱっと見て数万円単位、全部未清算品だったそう)
・おばさん足を押さえながら私につき飛ばされたと叫びまくり
・そもそも足元のマットのズレ方で、思いっきりダッシュかまそうとして滑ったことは明白
・店員が出てきたり警備員が来たりで大騒ぎ、おばさん足を骨折してたので警察と救急車が来ることに
・私はおばさんが転がった時に自分のバッグを拾い上げたので何も被害なし、ただ目撃車として正しく証言
・ひったくりで被害届け出すか聞かれたけど面倒だったのでパス

一瞬で自爆されたからこれがすべて、盛り上がりのかけらもない。
マットは四隅に滑り止めがされてたけど踏み込みすぎて滑り止めがはがれて滑ったらしい。
どんだけ必死に逃げようとしてたんだと。

157: 名無しの心子知らず 2013/11/25(月) 15:30:08.28 ID:1dyiugNf
母が遭遇した話

ネットで購入した食品が予定日を過ぎても届かないので、問い合わせ番号を使って確認するとお届け済になっていた。その時間には、他の家族も数人在宅していたが誰も受け取っていない。
運送会社に問い合わせるも、調べてはみますが担当ドライバーと連絡つかないんですよねーと適当な返事。
田舎なので、ご近所さんと名字が同じ住所も番地まで同じで、お互いに誤配されることがたまにあるのでその方に訊いてみるも、知らないとのこと。お婆さんが受け取ったとしても、重くて運べないから玄関先に置いたままだろうしと。

273: 名無しの心子知らず@無断転載禁止 2014/11/10(月) 20:14:07.11 ID:ArXSxpKv
こんばんは。
初投稿の上、上手く纏められませんでしたが、ちょっともやっとしたので書かせて貰います。

私は東北地方の大学生でコンビニの深夜のアルバイトをしています。
その日はバイト先に早めに来ていて、バックヤードで商品補充の準備をしていました。
するとヘルプコールが鳴ったので、店に出ると両方のレジが混雑しており、ベテラン店員が
「悪いんだけど、新人ちゃんが変な人に絡まれているから助けてあげて」
とお願いしてきます。
見ると、やっと研修を明けたばかりの子が三十代程のギャル風の女性に詰め寄られていて、一方的に捲くし立てられていたので加勢にいきました。

↓ちょっと台詞はうろ覚えなのでそこはご勘弁を。
私「どうかしましたか?」
女性「あんたんところのと同じコンビ二で買うたタバコについてきよったライターがつかんのや!! 不良品よこすなんざあどういう教育しとんねん!?」
関西弁でそう詰め寄られ、そう言えば自分も昔は関西弁のお客にからまれたなあと新人さんに同情。
他店で貰ったライターらしいが穏便に済まそうと取替えすることにしました。

348: 名無しの心子知らず 2015/04/27(月) 21:29:28.46 ID:Lz6TTAes
すんでのところで未遂ですが。
某テーマパークの当選券を泥されかけました。
まさか自分に、まとめスレのようなことが起こるなんて思っていなかったので
今思い出しても背筋がヒヤッとします…

先週末、旦那の休みを利用して九州から関東某テーマパークに行ってきました。
夜のイベントを座って見るには抽選で当たる必要があり
私達はドキドキしながら抽選に挑みました。
そのイベントのために高いお金をだして(笑)行ったような所もあるので
当たれ~当たれ~!と祈るようにボタンを押し、見事当選!
二人で思わず叫び、飛び上がって喜びました。
倍率の高い週末だったこともあり、
「いいな~」「おーオメデトー!」と知らない人達からも祝ってもらいました。
恥ずかしかったけれど、照れながら二人でお礼を言いました。

が、その派手に喜んだのがどうも悪かったようで……
すぐに一組の親子に声をかけられました。
とても上品そうな服装で、子供もグッズをたくさん身につけていたので
恐らくお金持ちな母娘です。

114: 名無しの心子知らず 2016/06/05(日)11:28:12 ID:47w
3年前の事だが元夫の不倫が原因で離婚する事になった。
不倫のカミングアウト、離婚の請求は元夫がしてきたんで私はそれに同意、あとは慰謝料とかお金関係を詰めるだけってとこで元夫がごねだして、

79: 名無しの心子知らず 2016/06/03(金)11:25:48 ID:oWA
数年前の話で解決済です。
私の友達A子がストーカー被害にあった。
被害はひわいなメールや文書が届くこと、留守中にドアやポストにいやがらせされる等。
私はA子と当時近所に住んでいたのでよく相談にのった。
うちの父は警官ではないけど、防犯関係の役割(仕事ではない)をやっていたので
父にアドバイスをもらったり、引っ越させたり、うちにかくまったりした。
でもストーカー行為はやまなかった。
警察は見回り強化以上のことはできないそうで、あまりあてにならなかった。

673: 名無しさん@おーぷん 2017/12/12(火)14:59:33 ID:cjM
結婚式を控えていた直前にコロされそうになった。
相手は婚約者の元友人。
二人は同じ地元(集落)出身で、雪がひどく降る日は高校にも通えないところだったらしい。
大学行くために二人は東京に出て慎ましく生活してたそうだが
二人でサンシャイン水族館に行く途中、胡散臭いおじさんにスカウト()されたそうだ。
写真とかテレビ出るの興味ない?アイドルになりたくない?って。
婚約者は胡散臭いおっさんだと無視したが、元友人はミーハー故に、AKB48が台頭し始めていたこともあり、「アイドルになったら嵐に会えるかも」と釣り針に食いついたそう。
無視してさっさと行こうとする婚約者の腕を掴んで「話を聞こうよ」と食い下がる。
婚約者は怒って手を振り払い、「やりたいならあんただけやればいいでしょ」と突き放したら
元友人は本当に自分だけでおじさんについていったらしい。

639: 名無しさん@おーぷん 2017/12/08(金)17:03:01 ID:KgX
忘年会シーズンになると思い出すこと。
当時結構騒ぎになったのでフェイク有で書きます

「お前が男だったら殴ってた」が口癖の男上司(既婚)がいた。
男社員には無茶な根性論を振りかざすパワハラ、
女社員には目尻を下げセクハラというテンプレ腫れ物社員といった感じ。

私は嫌なことは嫌とハッキリ言うタイプだったので、
触られそうになったら「やめてください」二人でデートしようという誘いにも「いや、結構です」
飲み会でどうしても食べられない食べ物を(事前に言ったにも関わらず)
注文され、無理に食べさせられそうになった時も「本当にダメなのでやめてください」
といった風に、嫌なことをキッパリ断ったりして機嫌を損ねると上記の口癖を言われる…といった感じの日常(?)だった。

そんな中、その上司が幹事を務めた忘年会で事件が起きた。
上司は事前に社員に「どんな店で忘年会をしたいか」というアンケートを取っていたのだが、
私が「アレルギーなので甲殻類メインのところ以外でお願いします」と
回答したにも関わらず、忘年会の会場は「カニ料理専門店」になっていた。
開催日前日に店を知らされたのと、飲み会自体は会社持ちだがキャンセル代は自己負担だと知らされたので
食べられそうなサイドメニューを食べつつ足りなければ二次会で補うか、と考えて参加することになった。
この時点で上司の考えが読み取れてしまい、私の気分は最悪モードに(同僚に心配される始末だった)。

忘年会当日、カニ鍋やカニ脚といったメイン料理に手を付けずポテトや漬物ばかりかじっている私に案の定上司が絡んできた。
上司は同僚と後輩と私の三人で会話していたところに乱入しては「なんだぁ~?全然食べてねーじゃねーか!!」と捲し立て始めた。
「私アレルギーって書きましたよ」と言っても「食べないなんて勿体ないと思わないのか!?」と斜め上の返答。
「好き嫌いではなく食べられないんです、最悪タヒぬので」と少しオーバーな表現で返すと、
上司は「あ~あ、そんなこと言っていいの?お前が男だったら殴ってるよw」と得意の口癖で返してきた。傍らの同僚と後輩はアワアワ状態。
ちなみに上司は一滴もアルコールが飲めない体質なので、酔った勢いでの執拗な絡みではなくテンションの高い時はこれがデフォ。

このページのトップヘ