キチ

66: 名無しさん 2014/04/12(土)22:28:43 ID:4xaVIlX2h
すごく長くなってごめん。人によっては嫌な気持ちになるかも知れない内容です。

20年来の友人がいた。(A子とする)
彼女とは結婚したのが1ヶ月違いで互いの夫が偶然同い年だった。
でも全然タイプが違ってて、A子の旦那さんは典型的なマイホームパパ。
一人娘の入園式に始まり高校の卒業式まで全て夫婦で出席してた。

786: 名無しの心子知らず 2011/02/03(木) 02:04:00 ID:rjbAofrK
流れを読まずに、半月ほど前に小物泥&泥未遂が発生したんで

何となくカッコよかったし、値段的にも安かったので衝動買いしたスワロフスキーの置物を泥された
私は自他共に認める粗忽者なので、その時点では「どっかに紛れたかな?」くらいに思っていた

808: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)14:49:30 ID:OqT
娘の手料理を貶した旦那が絶賛嫌われ中。
中二の娘がハンバーグを作ったんだけど、旦那が「お母さん(私)の味じゃない。まずい。お母さんが作ったのないの?」と言ってしまった。
娘が冷静に「何が悪かった?味?」と聞いた。すると旦那は「子供が火を扱うな。毒見させるならお母さんかお婆ちゃん(トメ)でいいだろ。俺が稼いできた金で無駄なもん生産するなよ」と溜息吐いた。
私はもちろん旦那に文句言ったけど、普段旦那の味方するトメですら旦那を非難したわ。
味のアドバイスをするにしても、感謝の気持ちを言うことぐらいしろよと言ったんだけど、拗ねてしまった。

311: 名無しさん@おーぷん 2016/11/12(土)20:53:05 ID:Zen
修羅場と言うには少し弱いかも。

10年前、アパートで一人暮らししていた義母のパート先が倒産した。
ちょうどマイホームを考え始めていた時だったから、
平日だけ家事をお任せできるならと同居を打診。
元々嫁姑関係は良かったから義母は喜んでくれて、完成後一緒に暮らし始めた。
以降、大きな喧嘩もなく仲良くやってきた。
ご近所さんには私の実母かと思ってたと言われるぐらいには。

461: 名無しの心子知らず 2017/05/20(土)17:56:10 ID:QpC
私当時19歳アパレル店員 彼当時22歳ケータイショップ店員
私は原宿で働いてて結構派手なファッション大好きだった。
彼もオシャレは好きみたいだったけどセンスあまり良いとは言えず、
どこかズレてるのでいつも共通知人にはよく彼の服装はバカにされてる所をよく見てた。
でも私はあまり気にしていなかったし、自分も当時の原宿って感じの男性受けはしないであろう、
派手派手な目立つ格好を許容してくれてるからそれだけで充分だった。

297: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)17:56:02 ID:pWE
スネ夫みたいなことを実際に言われるとは思わなかった
私を含めた系5人のクラスメイトで休日にU○Jに出かけることになった
U○JまではTのお父さんが車で送って行ってくれることになったのだが・・・

964: 名無しの心子知らず 2011/02/04(金) 00:04:54 ID:MGM3LIUq
梅がてらちょっともやもやしそうな物を。
数年前弟が結婚した。
私はもう実家から離れて暮らしていたのでお嫁さんに会ったのは式前には二回だけ。
その時の印象はあらまぁ美人さん、外見ガリガリ博士っぽい弟によくまぁ嫁いでくれたなぁって感じだった。
違和感を持ったのは結婚式当日。

179: 名無しさん@おーぷん 2015/09/11(金)13:59:58 ID:cJj
流れきっちゃうかな? ちょっとむかついているので書き込みに来ました。

職場のトイレでリ○トカットした夫の元カノを発見した前後が修羅場。

45: 名無しの心子知らず 2010/03/29(月) 23:59:52 ID:YmJZZC4I
我が家の庭には大きな桜の木が植えてある
毎年この時期になるとご近所の方から
桜咲いたわね~とか自宅で花見が出来るなんていいわね~
なんて言われる。
ごく稀に、「あなたの家で花見したいわ~」と言われることはあったが
社交辞令のようなもので、実際に我が家に凸してくる人はいなかった

803: 1/3 2010/12/22(水) 19:44:10 ID:3GS56DWW
子どもは出ないけどママが泥ってことで
フェイクありありてんこもりの解決済話。

ダンナ実家近所(ドの付く超田舎)でタックル強盗が出るようになった頃、
「大きな荷物は肩からかけずに手にぶら下げる」
「貴重品は小さいポシェットに入れて、身体に固定しておく」
を、近隣のジジババ様たちを集めて徹底的に指導した。
冬場だったので、小さいポシェットやカバンの上から上着を着ておくことも提案。
外から見えるのは、大きな荷物だけだったので被害は小さく済む…はずだった。

このページのトップヘ