451: 名無しさん@おーぷん 2015/10/30(金)14:38:47 ID:09u
うちのトメさんの愛あふれるスカ。

妊娠11週目くらいの頃とにかくつわりが酷くて毎日船酔いみたいだった。
その日は午前中検診→午後から出勤予定で仕事柄、大量の荷物だったので、
近居のトメさんがそれを持って検診に同行。

うちは始発駅なんで必ず座れる。トメと私はシルバーシートに着席。
座っててもしんどいから私は壁際の席で壁にもたれ撃沈。隣にトメさん。
何駅かして中年の女性2人が乗車してきた。40代後半~50代くらいかな?
この時点で車両は満席だけど隣の車両はまだ空席がある感じ。
中年レディが私の前に立ち、「いま何か月?」と話しかけてきた。(私はポシェットにマタマークを付けていた)
しゃべったら吐きそうで、もうこの世の終わりだと思いながら
超小さい声で「さ、さんか・・・げつ・・・です・・・」と答えたら
中年レディが「あらー3か月なのね。まだおなかも大きくないし動けるうちは動かないと太って赤ちゃんも大きくなりすぎちゃうわよ」
みたいなこと言ってきた。ものすごい笑顔で。
こっちも難破船で魔のドレーク海峡みたいな状況だし脂汗垂らして「ハア」みたいにしか返せなくて、
でも、よくよく聞いたら「席を譲れ」ってことだった。
「まだまだ大丈夫よ」「立ったほうがいいわよ」って。
この状態で立ったらやばいなーと思いながら
中年レディの猛攻は止まらないし泣きそうになってたらトメさんが一言。
「つわりがひどいんですよ。立つのがお辛いんでしたら、私が変わりますよ」