神経がわからん

120: 名無しさん@おーぷん 2017/07/19(水)13:45:22 ID:tfg
人生で一度婚約破棄したことがある
数年付き合った恋人にプロポーズされ、ご両親への挨拶やら新居探しやらを淡々とこなしてた頃、
会社の飲み会から直で私の家に来た婚約者に、
「結婚しても俺に好きな子できたらその時は笑顔で離婚してほしい、子供がいたら母親のお前が愛情込めて育ててくれ、
その時はお金の話なんかしないでほしい、慰謝料とか養育費とかそんなのって俺とお前との愛や結婚や子供への侮辱だと思う、
どんな時も笑顔でいて俺を励ましてくれ、それに頷いてくれたら、俺はお前に愛を誓うから」
と高らかに言われた

782: 名無しさん@おーぷん 2017/09/17(日)23:54:24 ID:ycW
夫が大怪我をして、毎月第一月曜は通院のため、救急車で運ばれた隣県の県立病院まで診察のために連れて行かなければならない。
介護タクシーは使えるけど、病院についてからも動き回らなくてはならなくて、どうしても介助する人が必要。
診察は13時からなんだけど、行くたびにレントゲンと血液検査があるため、30分前には到着し、
待ち時間と合わせると、早くても診察が終わるのは15時過ぎになる。
そのため、会社で毎週第一月曜は介護休暇をもらってる。
ペナルティもないけど、お給料も無い。
こんな生活が約2年続いてる。
会社には夫のことは伝えていて、結婚してすぐの事故だったことと、私が稼ぎ頭として家を支えなければならないから、
介護休暇を利用して夫を支えながら働くことを提案してもらった。
会社からも周りの人に私が第一月曜は必ず休むということを周知してもらってた。
プライベートなことだから理由を伏せるか聞かれたけど、周りの理解をもらうために、もきちんと説明してた。
だけど2年たってその理由を忘れた人が出てきて、男性から休むのは生理休暇だと勘違いをされてた。

779: 名無しさん@おーぷん 2017/09/17(日)19:39:02 ID:eRD
私はマンゴーアレルギーなんだけど、果肉がダメで果汁は平気
ただ説明するのが面倒くさいんでマンゴーは全部ダメってことにしている
職場の同僚Aは私とは違う果物のアレルギー持ちで、私とは逆に果汁がダメで果肉は平気
ちなみに症状的にはAの方が重度っぽくて、
私はせいぜい身体中にじんましんが出る程度だけど
Aは少量の果汁で呼吸困難になることもあるらしい
(あくまで本人の自己申告)

ある時Aがアレルゲンである果物のドライフルーツを食べていて、
別の同僚が「Aさんそれアレルギー出るんじゃなかった?」と聞いた
するとAは「果物のアレルギーはドライフルーツなら出ないから大丈夫なんですよ」と答えた

このページのトップヘ