DQN返し

105: 名無しの心子知らず 2013/04/30(火) 12:35:09.11 ID:h+4cwqoa
シンママの方、気分を害されたらすいません。
キチママにやり返した話もこちらでいいかな。私も大概DQNでしたので、腹が立つ内容だと思います。
フェイクあります。
近所のシンママ(30歳くらい3人子どももち)は彼氏がなによりの自慢。
なんでもシンママに小遣いをくれる優しいクラブのウェイター?黒服?らしい。
私は地区のお祭りでロックオンされてから格下認定をくらって粘着されてる。
私は旦那会社の借り上げ社宅扱いの一軒家に夫婦で住んでるんだけど、常々ずるいよこせを繰り返してる。
たしかに100平米以上+庭あるが、たまたま空いてたから入居しただけで、本当は駅すぐのマンションがよかったから後悔してる、と言ったら寄越せ寄越せ!!された。もちろん断った。
(私がペーパードライバだったので広い駐車スペースがないと不安だった)
以前にビッ○ダディが好きで見てるって話したら、ビッグ○ディと奥さんたちの悪口ばかり言うようになってうんざり…またゆるとか、子どもがかわいそうとか…
あと彼氏の年収を自慢しまくってきた。即日手渡しがすごいことらしい。例にもれずわたしの旦那の年収が低いプゲラもされた。
相手にせずにいても来るのでうんざりしてた。
そんな矢先にキチママとは別に私が職場でストーカーにあったので(キチママに比べれば可愛いもんだ)引っ越して勤務地を替えることになった。
3日ほど連休を貰って片付け、キチママが実家に帰ってる間に引っ越しを完了した。

809: 名無しさん@おーぷん 2014/07/13(日)10:37:17 ID:Oe6SGeKUQ
8歳の時、学校から帰ったらいつもいるはずの母がいなかった。
買い物だと思ってその時は気にしてなかったけど5時になっても6時になっても帰ってこなくて
どっかで怪我したかお腹が痛くなってるのかと思って近所中を探したけどいなくて
玄関先でずっと待ってた。暗くなっても待ってた。
そのまま玄関先で寝てしまって目が覚めたら父がいた。
それから険しい顔になった父があちこち電話かけてバタバタした数日が過ぎたのだけは覚えている。
当時は訳も分からず父に言われるままに流されていたが、後に聞いた話によると
要するに母はほんの数十メートル先の家庭の旦那さんと駆け落ちしたらしい。
リビングの引き出しの中に置手紙があったらしく、そこに離婚届も同封されていたそうだ。
相手の家庭の奥さんとうちの父親、それに俺を含む子供たちは近所中の好奇の目で見られ双方引越しをした。
たぶん一学期の終わり頃の出来事で、夏休み中に引っ越し二学期から転校した。
大人の事情はよく分からなかったが、とにかく俺は母に捨てられた。
それだけが子供心にずっしりトラウマになりどんどん暗い子供になっていった。
幸い父はあまり泊りの出張などのない仕事だったので、それまでより早く帰ってくれるようになったが
少しでも遅くなると父にも捨てられるんじゃないかと思って玄関先でめそめそ泣いてるような子だった。
そして4年生になる直前に新しい母親ができた。
新しい母親は菊池桃子にそっくりの可愛い女性だった。
俺は新しい母親のことを「ももちゃん」と呼んだ。
いつもニコニコしてて俺のことをとても大事にしてくれた。
遠足の時には今で言うキャラ弁みたいなのを作ってくれて、世界がパーッと明るくなったような生活になった。
後で知ったが、ももちゃんは父の同僚だった。
一度結婚したが子供を産めなくて離婚したそうだ。
もともと子供が大好きで、だから父との再婚には子供がいることは何の障害にもならなかったらしい。
父が再婚した翌年の母の日に、思い切って「ももちゃん」を「お母さん」と呼んだら泣いて抱きしめてくれた。
その頃にはもう、俺を捨てた実母のことはすっかり忘れていた。
高校3年の時、父が通勤途中に心筋梗塞で急タヒ。
母とは血が繋がらない親子だが、その後もそれまで通り普通に母子として過ごした。
父も結構な遺産を残してくれたので、お金の苦労はたぶんなかったと思うが
趣味が高じて講師になっていた母は、最初の一年ぐらいは落ち込んでいたものの
元のように忙しそうに楽しそうに毎日駆け回っていた。

383: 名無しの心子知らず 2011/08/04(木) 00:07:35.93 ID:XZILY9jq
自分に起きた事件じゃないけど投下してみる。

自分が住んでるマンションには、近所でそれなりに有名なセコケチ(ちょっと泥)ママが居る。
少し前に、同じマンションに子梨共働き夫婦が越してきた。
マンションの中でも広めの部屋だし、奥さん(以下A)は若そうでいつも綺麗な格好してるから、セコケチママがロックオンしたような発言をしているという噂があっあ。
でもAさんは仕事であまり見掛けないし、子供もいないから絡むタイミングもなく、たまに会釈程度で何もなかった。

すいません続きます

349: 名無しの心子知らず 2011/09/24(土) 15:57:27.82 ID:vYLwd/SA
車で思い出した。

夫が勤める義実家の会社の資材置き場が新幹線の駅の近くにある。
私はその一画を駐車場に借りている。
ある日から私の場所に見慣れない車が停まり始めた。
義実家は警察に連絡するも退かされない。
4日目には夫がキレて車の回りに足場を組んだ。
悪ノリした従業員が更にガチガチに固めて身動き取れず。車にさえ乗れない状態に。

85: 名無しの心子知らず 2013/11/07(木) 11:53:54.18 ID:q0ybq0/F
セコさんが役に立つ時もなるよ~。

ちょっと前の話。
ご近所さんと「急に寒くなったわね~」「衣替えしなきゃねー」
なんて立ち話をしていたら、通りかかった同じマンションのセコさんがスッと輪に入って来た。
井戸端会議がお開きになり、私とセコさんは一緒に歩いて帰ったのだが、
その途中、セコさんが
「さっきの話だけどさ、私さんのお宅で、衣替え手伝おうか?」
と言って来た。クレクレ空気が思い切り漂っていた。

あえて、
「部屋は散らかってるから上げって貰えないけど、玄関で衣類の分類を手伝って貰おうかな」
と餌をチラつかせてみたら、「わかった!じゃぁ大きな袋持って来るね!」と、見事に餌を食いちぎり、
クレさんは自宅までダッシュして行った。

10分くらいしたらクレさんが満面の笑みで家に現れた。
私は、玄関にあらかじめ用意しておいた大量の衣類(段ボール3箱分)を指差し、
「これ、お友達から頂いた子供服なんだけど、量が多いからどうしようかと思って・・・」(チラッ、チラッ)
と言うと、クレさん、
「任せて!イケアの袋2つ持って来たから!」
と、高テンションで段ボールをバリバリと開け始めた。

続きます。

566: 名無しさん@おーぷん 2017/09/16(土)10:49:01 ID:jod
トメは嫁に心がある事を知らないらしい。感情がある事を知らないらしい。若い頃から嫁をイビッて萎縮させれば、嫁はトメに生涯服従すると
思い込んでいるのだろうか?スルーしていたのを「服従している」と思っていたなら、本当に頭がめでたい。私は仕事もしていて自分ひとりなら
何とか生きていける。夫婦を繋ぐものは経済力ではなく愛情だけだった。トメはその愛する夫の母でしかないから、夫への愛情が無くなれば、
ただの赤の他人である。

夫は突然、私に相談も無しに脱サラをし、事業を起こした。が、その後、失敗し、自殺した。飲み屋のねーちゃんがスゴイスゴイ・ステキステキと
営業スマイルで言ったのを本気にして突っ走って、ねーちゃんにストーカーしてロミオになってねーちゃんの店の後ろ盾の怖いにーちゃん達に
ゴラァされて、いろいろと失意して死んだ。私は茫然としてながら、有休を使い果たして事後処理をした。共有名義だった家は売り飛ばし、私名義分だけ
受取り、残りは相続放棄した。子供は居ない。ついでに姻族関係終了届も出しておいた。

それから数年して、元トメから同居命令の電話が来た。要請ではない、命令だった。姻族関係終了届について説明をした後、「脱サラについて夫から
事前に相談されていたのに私に黙っていたあなたには恨みしかない」「本当にあなたには嫌な思い出ばかりで、思い出す度に腸が煮えくり返る。」と
言って断っても、元トメは納得しなかった。訳を聞いたら「今まで嫁子(私)が、自分(元トメ)の言う事に従っていた」「自分は夫の親である」
「嫁子は今でも独身」という理由でトメは私が同居を断らないと思っていたらしい。

後から、亡夫の兄弟から「薄情だ」「無責任」と電話が来た。「その言葉はそっくりそのまま、自分の親を他人に押し付けようとするあなた達が当て
はまります」と言っても「僕たちには余裕がないのです」や「嫁子さんは今でも独身だし、母と協力して暮らした方が嫁子さんにも良いはずです」
などと言ってあきらめなかった。それだけでなくアポなしで実家にやってきて「娘さんのためだから」と私の両親に言って、両親に怒鳴られ
追い返されてもあきらめず電話や訪問を止めなかった。警察にも相談したけれど、「そっちで解決してね」的対応だったから、こちらも反撃した。

529: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/12(火) 23:51:08.00 ID:gf+bMhZD
汚物注意
近隣の30台後半ぐらいのおばさんが少しキチ入ってて
各家が出したゴミを毎回チェックで漁って元に戻しておく
本当に見るだけで捨てちゃいけないものが入っててもスルー
ゴミを持ち帰るわけでもない
ただ中身をチェックして各家々の生活のチェックみたいのをしてるらしい
このおばさんを知ってから私はシュレッダーを買った
何か酔っぱらってた時に気が大きくなって、
おばさんに嫌がらせしようと思い立ってゴミ袋の中にうんこして
ビニールの上からうんこモミモミしてゴミ袋の内側にうんこベッタリ着けて
おばさんの興味を引きそうな高級スーパーの袋に未使用の茶封筒やゴミをくるんで
うんこゴミ袋にインした

104: 名無しの心子知らず 2016/07/02(土)21:41:00 ID:TfH
食べ物の恨みで従姉妹が覚醒した

昔、従姉妹とイベントに行った
会場で従姉妹の親友とその彼氏と合流して1日遊び倒した
帰りに一緒にご飯を食べようとファミレスに入った

従姉妹は小食で普通には1人前食べられないので
料理が届いた時点で俺の分と一部交換して量を調整した

従姉妹があまり好きじゃないのを俺が多めにもらって
俺があまり好きじゃないものを少量渡すのを基本に
俺が量を取る代わりに従兄弟の大好物は献上する形で調整した

で、楽しく会話しながら食事をしてたんだが、いきなり従姉妹親友の彼氏が従姉妹の皿から人参の付け合せをひょいぱくと取って食べた
突然のことにソイツを除いた3人は呆然として「えっ?」って感じで固まった
ソイツはまったく悪びれもせずにもう一個人参を取ろうと手を伸ばしたところで

従姉妹が「タヒにさらせやゴラァ!」って叫びながらソイツの手にフォークを突き刺した

106: 名無しの心子知らず 2015/05/21(木)21:07:28 ID:IgO
妊娠中どれだけ悪阻が辛くても腹が張って辛くても旦那は何もしてくれなかった。
実家は当時里帰りできない事情があり初めての妊娠で不安だった。
食べた直後に洗面所に駆け込みリバースしてても(食事中なのに…)と言いたげな不機嫌顔。
重いものを持つのが辛くてごみ出しをお願いしたら、
「今さ、専業主婦だよね?俺これから仕事なんだけど」と切れ気味の笑顔で言われた。
お腹が邪魔で足の爪が切れないからお願いしたら「何様?」
他にも色々ある。

無事に出産して旦那は子供を可愛がっていたし、
育児に奮闘して妊娠中の事は忘れていた。

ある日旦那が具合悪そうにしていた。
寝込んでいる旦那が「水を…」と頼んできたので持ってきて渡そうとした。
直後に妊娠中に受けた仕打ちを思い出した。

79: 名無しさん@おーぷん 2016/10/07(金)03:58:41 ID:G5s
じいちゃんの家庭菜園に車が突っ込んだ

じいちゃん家の近くに中途半端で使いにくい空き地があってそこに勝手に車を止める馬鹿がいた
私有地に付き立ち入り禁止の看板も無視するしコーンもロープもどかして侵入する
そこで駐車位置の近くに「家庭菜園予定地 土を固められると困ります 侵入禁止」と可愛い泣き顔つき看板を設置
1週間無断駐車を監視カメラで撮影しちょっとお高い種を発芽させ苗を用意
土日は来ないので全力で穴を掘る 文明の利器を所望するも 大抵の問題は根性で解決すると返される
汗だくになりつつ穴を掘り続ける 穴掘って埋めるだけって刑務所の強制労働のようだと盛り上がる

綿をふわふわにしたものを仕込んで土をふわっふわに被せる
見た目元通りにしたところに苗を植える 素人なのでめっちゃ適当
境界にブロック植え込む 何故か最初から割れてるが気にしない きっと目の錯覚
看板を「家庭菜園 野菜も生きています 踏まないで」と言うものに交換 なんか可愛いイラストつき
ウサミミの女の子が人参持ってるイラストだから 「人参植えたの?」と聞いたら
「えって? いや、全然違うけど」と言われた イラストは唯の趣味らしい

このページのトップヘ