家族

84: おさかなくわえた名無しさん 2015/07/27(月) 20:53:06.49 ID:cyE+0a8m
自分が経験した修羅場を書いてみる。
まず修羅場にいくまでの前置き
自分はそこそこ複雑な家庭環境だった。
当時6歳で両親離婚。
3人兄弟は全員父方の実家に預けられた(父はどっか行った)。
祖父母はよくしてくれたが、ことあるごとにお前は母から捨てられたと言われ続けた。

537: 名無しの心子知らず 2015/07/24(金)14:02:25 ID:HHf
遠方の大学に進学、実家を離れた。
夏休みに帰省すると、なんと母が体調を崩して寝込んでいる。
父も母も少し妙な雰囲気で
「これはまさか、なにか重大な病気で、心配させないようにと隠しているのでは」
と不安になった。

387: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)08:51:40 ID:jBf
昔から「子供は絶対女の子がいいな~!」と言っていた姉。
家系的にも女系でここ何世代も男なんて産まれた事もなかったから、男女どちらでもいい派の私もなんとなく産む時は女だろうな~と考えてた。
時は流れ姉は結婚、2年後には子供を授かった。

719: 名無しさん@おーぷん 2017/01/19(木)19:52:41 ID:JJB
何年か前に、近所の小学生女児が行方不明になった。
何キロも先でぐったりしてる所を発見された。
行方不明になっている間、我が家が修羅場だった。

479: 名無しさん@おーぷん 2015/08/08(土)08:20:57 ID:iXy
うちの母は兄を超溺愛している。
兄が結婚した時、正直言って「息子を取った!って嫁いびりするんじゃないかなー」と心配だった。
でもそれは杞憂だった。母はびっくりするほど良い姑になった。
実の娘のように可愛がった。本当の実の娘である私のことは相変わらず空気だったがw
同居したがるとか、盆正月に無理に呼び出す事もなかった。

743: 名無しの心子知らず 2015/10/20(火)16:45:07 ID:EtI
うちは代々婿取りの家系。

私には娘が2人いるんだけれど
そのうちの下のほうをあきらかに可愛がっていたこと。
しかし、20代前半で結婚するという話を突然持ってきた。
連れて来た男は年齢も、家柄も、容姿も認めれられるようなものではなかった。

562: 名無しさん@おーぷん 2017/02/19(日)20:00:04 ID:asr
母親から逃げるために、弟と妹を生け贄にしたこと。

うちは両親がちょっと特殊な仕事をしていて、私は「どちらかの跡取り」になることを義務づけられていた。
物心つく前から「将来は◎◎か、△△になるのよ」と言われて育ち、そのための英才教育を徹底的に仕込まれた。
読書以外の娯楽は一切禁止で、友達と遊ぶ事も許されなかった。
幼稚園から帰るのが嫌で「家に帰りたくない、ずっと幼稚園にいたい」とダダをこねたことを、今でもよく覚えている。

253: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:43:28 ID:PW3
父が脳出血で急逝した。
母のことが大好きな父だった。仕事の虫だったが、年に一度必ず家族旅行に連れていってくれた。

9: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)14:29:23 ID:MMN
両親(母親)と絶縁する時までが修羅場。

私は両親+兄、私、妹の5人家族ですが、妹は母の姉の子で、母姉は妹が4歳の時に亡くなり、母姉はシンママだったのもあり、母が妹を自分の子として育てると言って、めでたく我が家の子になりました。
妹は母姉がいない事にショックが大きく、一時期失語症になり、場面緘黙などにもなりながら、治った今でも、少し吃音もありますが、学校でからかわれることなく過ごしていました。それも母が妹の為に勉強したからこそ、それらの症状を改善できたのだと思います。
妹のことがきっかけなのか、母が里親として施設の子供を育てたい。救ってあげたいと言い出しました。最初は家族みんな戸惑いましたが、母は一度決めると曲げない人なので折れて、子供を受け入れました。

長いので分けます。

54: 名無しの心子知らず 2016/05/29(日)21:19:38 ID:wsO
小学生の時の事、母の不倫相手が同級生の父親で、母が出て行った
二つの家庭を壊して再婚した2人は引っ越さず、
郷里に帰った向こうの奥さんも同級生を連れて行かなかったから、
それから二年間その子とはクラスメイトを続行した
席替えはあってもクラス替えがない県の話

このページのトップヘ