友ヤメ

218: 名無しさん@おーぷん 2014/05/21(水)08:20:03 ID:wBj9IGu9b
5年ぐらい前だったか、職場の友達と映画を観に行った。
私は原作を先に読んでたので物足りない部分はあったけど割と面白かった。
彼女の方はすごく感動したらしくて、見終わったあとちょっと興奮してた。
それで原作の小説持ってるから読む?って聞いたら読む読む!って言うから
翌日持ってきて貸してあげた。
しばらく昼休みにはその本を読んでる彼女を見たけどジャケットを外して読んでたから
ああ、汚さないように気を遣ってくれてるんだなと普通に思ってた。
私自身何度か読み返してるから元々そんなにきれいな本じゃないし
そんなに気を遣わなくてもいいのに・・・と思ったけど。
数日経って「面白かった!ありがとう!」って返してくれた本、ジャケットがついてない。
「え?ジャケットは?」って聞いたら「え?いるの?」って。
「いるよー」って言ったら「家にあるかなぁ。探してみる」って。
で、結局翌日「ごめん、もう捨てちゃってた」って言われてそこから言い合いに。
「なんで借りたものを捨てちゃうの?」「だってあんなの必要だと思わないじゃない」
「必要もなにも、あなたのものじゃないでしょう?」「あんた細かい人だったんだね」
それでカチンと来て友達やめた。
その本、「風が強く吹いている」って言う三浦しおんの小説なんだけど
表紙絵を山口晃さんが描いてて、それぞれの選手が描かれた味のある面白い表紙絵だったんだ。
別に保存版だとか、大事に取っときたいとかそういう事ではないけど
ハードカバーの本とジャケットはセットなものだし、
ましてや人から借りた本のジャケットを捨てるなんて考えられない。
その後他の同僚に私のことを「こんなこと言われた。あんな神経質な人だったなんて」って触れ回ってたけど
みんな「あの人、変な人だったんだね」って私に同情してくれたわ。

263: 名無しさん@おーぷん 2014/06/05(木)13:57:54 ID:7vWSlftHw
まとめサイト見てて思い出した過去のともやめ話。
ごめん長い。苦手な人は読み飛ばしてください。

昔アルバイトしてた所にいたA。
職場の営業時間が長く、彼女は遅番、私達(私&B先輩とC)は早番。
バイト先は男女比8:2くらい。
私達の部署は基本上記4人だけが女性。
基本的には交代の引継ぎ時にしか接触はないが、割とゆるいとこだったせいか引継ぎが
問題なく済んでしまえば、時間まで喋ったりしてた。
ある時Aが「実は地元に帰って結婚する。バイトも辞める」
「B先輩・Cと結婚式に出てくれないか?」と
B先輩とCは以前からAと交流があったらしいが、私はその部署に転属されて数か月。
ただB先輩には入った時に指導してもらったし、Cは前の部署が同じで入った頃から
仲がいい。2人とは終業後には週2・3回一緒に飲んでた。
そのB先輩・Cが出るならとOKし、Aは辞めていった。

ここまで前提。

しかしAの地元は隣県。の両端くらいの距離。
新幹線だけでも2駅はある。
午前中割と早い時間の式に出席するには、前泊しなきゃいけない。
なのに宿泊費、交通費出すとも何も言って来なかった。
正直、一緒に出掛けたこともないような人の結婚式に前泊で交通費もかかる
なんて、懐がキツイ。3人でご祝儀いくら包むか相談してた。
少し少な目にして、現地でお車代等が出るなら後日お祝いの品を送ろうか?とか。
そんな中、出発日前日(式の2日前)に私は体調を崩した。
熱も見たことないくらい高いし夜も横になれないほどの咳が出る。
病院が開くのを待って診てもらったら、人生初のインフルエンザだった。
電話しようにも、声が出ないのでそのことも合わせて欠席を謝罪するメールを送信。
A夫婦は式後、新婚旅行でヨーロッパ数か国を回ると聞いていたので1週間後くらいに
メールして、戻って来てたら新居の住所を聞いてご祝儀だけ書留で送るつもりだった。
ところがインフルエンザの出勤停止期間を終えて出勤するとB先輩・Cから「話がある」と。

ごめん続きます。

76: 名無しさん 2014/04/16(水)22:26:23 ID:CEUOSL2IO
5年ぐらい前になるかな・・・うちのトイプーが子犬を2匹産んだんだ。
最初の予定ではうちと♂の飼い主さんと1匹ずつ育てる約束だったのが
♂の飼い主さんの方が家庭の事情で飼えなくなったんで2匹ともうちでってことになった。
それで、うちに遊びにくると嬉しそうに遊んでくれてる犬好きの友人Aに
こういう事情になったんだけど、良かったら飼ってみる?って声を掛けた。
そしたら旦那さんがアレルギー持ちなので残念だけどって言いつつ
妹が犬を飼いたいって言ってるって言うので紹介してくれて
会ってみたらとても感じのいい妹さんだったし、多少なりとも縁のある人だしってことで
安心して里子に出した。
それから半月ほど経って、Aと、共通の友人Bとの3人でお茶したとき
子犬の話になって、事情を知らないBにいきさつを話したんだ。
そしたら何故自分には声を掛けてくれなかったのかと怒り出した。

147: 名無しの心子知らず 2017/11/02(木)21:13:37 ID:uGD
先月友人A子が結婚し、私も招待されて出席してきました。
私自身は2年前に結婚しており、披露宴にはA子を招待しています。
A子から招待状を貰ったのは7月。
招待状には友人代表としてスピーチをお願いしますと言う栞が挟んでありました。
A子との付き合いは大学からで5年ぐらいの付き合いになりますが
私が人前でスピーチできるような度胸がないことは知ってるはずなのにと
少しだけイラっとしましたが、おめでたい事なので受け止め
下書きを繰り返し、何度も練習して披露宴会場に向かいました。
ところが私のテーブルがありません。

576: 名無しの心子知らず 2017/09/11(月)13:31:54 ID:5mM
金関連で親友を無くした
親友が自転車で走行中にバイクと事故を起こした
相手のスピードが100キロ超えてて、両足骨折、利き手の鎖骨と前腕骨折した
親友は片親で毒親だったから親の連絡先を保存して無くて、私を家族だと言ったみたいで、私に連絡が来た
お互い26歳の頃だった
親友を受け入れてくれた転院が、看護師がおんぶに抱っこしてくれるようなところとは違い
自分のことは自分で、無理な部分は家族に支えてもらって行うという方針の病院だったため
週3回見舞いに行って、必要なものは全部買って、洗濯物もして、手続きも何もかも私がやった
やることが多くて相当しんどかった
17時間の手術にも医者に言われて私が待機して、症状が安定してからの転院の手続きも私がやった
弁護士も探して相談した
お金は後で請求できるといわれたから、これまで買ったもののレシートも全て保管しておいた
請求は親友の名前でしなければならないから、それも私がかわってバイク運転手の保険会社とやり取りして行った
親友が事故して直後は手続きに追われて有給10日も使って会社から釘刺されたこともあった

忙しすぎて親友の事故後一年の記憶は曖昧なんだけど、リハビリ2年も支え、介護保険やらの手続きも、弁護士との話し合いもほとんどやりきった

細かいこと書いてると長くなるから省略
最終的に弁護士から、これまで購入したものの費用、私がたて替えてた介護タクシー等の利用料、私が有給をとって休んだ分のお給料分も相手に請求できるといわれた
すべて証拠があったので、弁護士が費用をまとめてくれた
私に戻ってくるお金は7桁に至っていた
相手の保険会社がゴネた分も有るから、認められた分だけなんだけど、それでも7桁
請求はやはり親友の名前で、親友の通帳に振り込まれる

それらのお金は示談金や慰謝料とかとは別に先に請求して先に支払われたんだけど
親友はこれまで見たことのないまとまったお金に目の色が変わった
弁護士の前で、これは私のお金だから誰にも渡さないと言い始めた
弁護士が説得しても一円たりとも渡さなかった

212: 名無しさん@おーぷん 2015/06/13(土)22:51:51 ID:4De
元友人A子は美少女。
一緒に歩くと男も女も振り返り、スカウト、ナンパの嵐。
一緒にいる私は邪魔者扱いされるときもあったけど、
A子と一緒に丁重に扱われることも多かった。

A子はただ顔がいいだけの子じゃなくて、
さりげない気づかいもできる子で優しい子だと思ってた。
無邪気さや屈託のなさも可愛らしくて、
顔も性格も美人だな~といい友達ができたことが嬉しかった。

去年の冬ごろ、A子が新しい彼氏のことを話してきた。
相手は子持ちの既婚者。
「え…それって不倫?」と恐る恐る聞いたら
「言い方きつくない?w」とやんわり咎められた。
聞いちゃいけないものを聞いた気がしてすぐに話をそらした。

136: 名無しの心子知らず 2017/10/23(月)22:00:14 ID:u2t
20数年ズルズル付き合ってきた幼馴染を切りました
嫌な思い出は数えきれないほどですが、特に記憶に残っているものを抜粋します。

・小学生の時、なぜか私の悪い噂が広まって中学卒業まで9年間イジメにあった。上級生、下級生問わず、一部の友達を除いた学校中から悪口を言われ続けた。噂を流したのが幼馴染だと知ったのは大学生になってから。
・イジメが辛くて泣いていても、幼馴染は無視して自分の趣味や好きなアニメキャラの話。

・私が友達を作ると、なぜかその子の悪口を並べ立てる。友達にも私の悪口を言ってたらしい。

・休日はアポ無しで自宅に突撃してくる。予定があるからと断ると「私(幼馴染)が嫌いなんだ!」とキレられる

・電話で誘ってきた時は高確率でドタキャン。自分から誘ってきたくせに、3時間待っても来ないから連絡したら、「眠いからやめる」ときたもんだ。
・一度、予定があったのにやめて待ってたんだから、ドタキャンはやめてほしいと注意したら、「待たずに予定の方に行けばよかったのに」と言われた。

128: 名無しの心子知らず 2017/10/21(土)22:56:01 ID:2xw
昨年、大学時代からの友人Aの旦那さんが亡くなった。まだ30代半ば。
自営業だったせいかあまり健診とか受けてなかったらしくて
何年振りかで受診した人間ドックで癌が見つかってからアッと言う間だったようだ。
一周忌も終わってだいぶ落ち着いたようだったからふたりで食事してそのあと飲みに。
その時にAが実は夫婦仲はあまり良くなかったってことを初めて告白してきた。
それまでは普通に仲のいい夫婦のような話しぶりだったんだけど、
まぁ夫婦も色々あるよなぁと思って、そうなんだーって普通に受け止めた。
しばらく亡くなった旦那さんの愚痴を聞かされて、その後
「あんたはいいねぇ、素敵な旦那さんがいて」って言われて
このタイミングでどう返答すればいいのか一瞬迷って、結局黙ってた。
そしたら「正直言うけど・・・」って、Aがうちの旦那を狙ってたことを告白された。

524: 名無しさん@おーぷん 2017/03/20(月)09:58:28 ID:9rX
結婚前の修羅場だけど。
取引先との食事会があって、そこで知り合ったひとつ年上の男性と意気投合。
食事会の後で知ったが、取引先の部長さんと私の上司が個人的にも仲が良く
「お互いに決まった人がいないなら似合いじゃないか」とふたりがこっそり画策した見合いだったらしい。
正式な見合いじゃなかったし、たまに「その後どう?」とか「順調?」とか聞かれる程度だったが
互いに上司が絡んでいるだけに、その年の暮れにはそろそろキチンとしようかって話になったが
年が明けたら3月一杯までは忙しいし、年度末決算が終わったらってことになっていた。
その話をした同じ日に、彼を親友A子に紹介した。
前から紹介しろって煩く言われてて、たまたまその日にお互いの都合が合い3人で食事した。
A子はかなり高評価してくれて私も嬉しかった。
が、翌年に入って繁忙期を終えかけた頃、彼の様子に今までと違う何かを感じた。
何がどう・・・って上手く言えないけど、強いて言うなら女の勘としか。
その違和感の原因は割とあっさり判明。
私の姉がA子と彼が手を繋いで歩いているところを目撃。
A子に直球で聞いたらあっさり認めた。
「彼とはもう他人じゃないから」と漫画みたいな臭いセリフが飛び出した。
紹介した時に一目惚れだったんだって。
声を掛けてみて乗って来なかったら諦める、乗ってきたら全力で奪いに行くと決めて
会社帰りを待ち伏せしたそうだ。
奪われたことより、その行動力への驚きの方が大きかった。
A子、性格は明るいけど男性に関しては奥手で、
これまで男性と1対1で付き合ったことがないと聞いていた。
婚活パーティに2度行ったことがあるらしいが、全く成果が無かったとも聞いてるし。
だから彼を紹介することへの不安とかは考えたことなかったの。
後で後悔しても遅かったけど。


747: 1/3 2016/02/19(金)00:44:07 ID:6uB
プチだけど、友人だと思ってた相手の本音を知ったことが
自分にとって結構な修羅場だったのを思い出して書き捨て。
前にどっかのまとめサイトの※欄にダイジェストして書いたことがあるけど、
最初から最後までぶちまけてみたくなったので、長文ですが失礼。

私は30過ぎまで、かなり重症のお花畑だった。
10代でクリエイティブ系のとある職業を志し、20代は夢のために使い切った。
友人たちが就職活動に奔走するのを横目に華々しいドリームを語り、
自分は世界に羽ばたくんだと大言壮語してマニアックな学校に通い、
親に金をせびったり借金したりして、勉強のため海外にも行った。

そしてある日私は唐突に、自分には才能がなく夢の職業は無理、と気付いた。
残ったのは、職歴なし資格なし30代で、あるのは借金と
マニアックな知識・技能だけの独身女(しかもデブス)。

自分を客観視し、やばいやばいやばい!と真っ青になって就職活動を
開始したものの当然まともな職は決まらず、一時は病みかけた。
しかし半ば惰性で何社も受け続けた日々の中で、奇跡的に
「面白そうな奴だ。うち来る?」
と言ってくれた会社があった。
飛びついて就職。あとのない人間の必タヒさで恥も外聞も捨て、
周囲のあらゆる人に縋りついて社会人の初歩の常識から教えを請い、
非常識さ加減を笑われつつも奮闘の果てに試用期間を乗り切り、
何とか正社員としてやってく目処が立った。

そして以上の経緯の間、何故か細々と続いていた高校時代からの彼氏に、
「やっと自立できた!私が馬鹿だった!もう夢は見ない!
借金も自分で返す!家事もする!だから結婚して!」
と土下座の勢いで迫ったら、「オッケー」と言ってくれた。

就職して半年で結婚。それから数年の間に続けて出産し、3人の子持ち
(双子含む)になった。
産休をいただいて働き続け借金も返し切り、夫の仕事も順調で、
今は兼業主婦として結構な幸せな生活をしている。

このページのトップヘ