百年の恋も冷めた

89: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/12(月) 19:53:37.76 ID:dNEeo2GQ
先に謝っておきます、凄く汚い話です。
生まれて初めて彼氏が出来たばかりだった頃の話。
私の家の近くの部署に3日ほど助っ人頼まれた彼から、その間だけ滞在させて欲しいと頼まれ快くOKした。

239: 名無しさん@おーぷん 2016/06/28(火)07:34:04 ID:GjQ
旦那に痛くもない腹を探られてブチ切れ&氷点下冷め
しかし離婚を言い出す勇気がない

まとめられなかったので長文書き捨て

私は子梨主婦
旦那の強い希望で寿退社して専業主婦
2人暮らしなので家事の量も少なく、基本的にヒマ
友達との平日ランチもエステも自由に行かせてもらってる
旦那には十分な生活をさせていただいてる

555: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/07(水) 05:40:57.98 ID:qIlySqbR
好きな人に名前を馬鹿にされスレタイ
別にDQNネームってわけではないと思う。多分割といる名前
私の名前は「あやの」とか「よしの」って感じに最後に「乃」がつくんだけど
複数人で喋ってたら突然「前から思ってたんだけど、(私の名前)ってダサイよね」と言われた
咄嗟にえっなんで!?と聞くと
「いや、なんかダサイ まず名前の最後に『乃』がつく時点で…カワイコぶってるババアって感じ」
「こんな名前のヤツ彼女にしたら恥ずかしい」と言われた

243: 名無しさん@おーぷん 2017/10/14(土)12:05:48 ID:B12
昨日彼氏の職場で飲み会があった。
電車を使うには不便な場所に住んでるので、私が通勤ついでに彼氏を駅まで送り、帰りも連絡を待って駅かお店へ迎えに行くのがいつものパターン。
毎週金土は彼氏の家に泊まりに行ってるので、連絡を待ちながら彼氏の家でテレビを見てたら11時過ぎにインターホンが鳴った。

398: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/31(水) 01:04:06.11 ID:ZJjDy+PB
彼氏のiPhoneが壊れて、保証入ってないから修理も高くつくというので
デートの予定を変更して急遽彼のiPhoneを買い替えに行くことになった

587: おさかなくわえた名無しさん 2017/10/24(火) 23:54:11.67 ID:1K45JvH1
1年の頃からいいなーと思ってる子がいて、片思いしてた
2年の途中友達に彼女ができて、俺もそれに触発されて、好きな子にアプローチをしてみる事にした

516: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/04(日) 14:37:25.19 ID:w3JfCyWg
私のバイト先には、休憩中カップ麺食べる人向けに古いタイプの魔法瓶が置いてあるんだよね
カップ麺は食べないけど、休憩入ったら魔法瓶が空だったので
自分なりに気をきかせて、水入れてスイッチ入れようとしたら

当時いい感じだった男性も休憩入ってきて
「ああああー!何(給湯器の)お湯捨ててんの!?バカジャネーノ!?俺今日カップ麺なのに!」と騒ぎだした

836: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/03(金) 10:00:48.36 ID:0T/wbXRL
ふと思い出したので書いてみる
21歳の頃、10歳上の職場の同僚と付き合ってた
元彼はご両親とうまく行っていなくて絶縁し家を出ていて、友達の家を転々としていたらしく、独り暮らしをしていた私とすぐに同棲状態になった
煙草が嫌いな私のために煙草をやめてくれたり、早く帰った日はご飯を作ってくれたり、楽しく過ごしていた
ある日、俺も家賃半分払うよと元彼から言い出した

906: おさかなくわえた名無しさん 2018/06/01(金) 21:46:58.58 ID:6a6MDTSd
スマホからなんで改行おかしいかも
10年前に別れた元彼Aの冷め話を三つ
当時とっくに冷めていたがずるずる3年も付き合ってしまった

326: 名無しさん@おーぷん 2017/10/25(水)08:32:35 ID:XD5
ある日、彼のお姉さんのヤバい場面を目撃してしまった。
友達と時間潰していたゲーセンで目撃して、挨拶しようかどうしようかと思いながらチラチラ見てた。
そしたらなんかお札を両替しようとしてたんだけど、お姉さんの前に両替機使ってる人がいて
その人が万札(チラッと見えた)入れて小銭だけとってゲーム機の方に向かった。
多分9千円分のお札が出てるのに忘れてるみたい。
お姉さん、そのお札を引っこ抜いてその人を追いかけるのかと思いきや小走りで店を出て行った。
それをまともに見てしまって、ビックリしすぎて声が出なかった。
その後、元の人があたふた戻ってきてガッカリした様子で戻って行った。
自分が付き合ってる彼氏のお姉さんがドロボーしたのを目撃してショック。

このページのトップヘ