彼氏・彼女

606: おさかなくわえた名無しさん 2017/06/27(火) 01:13:11.44 ID:fiJoTrV3
元彼と付き合ってた頃、お互い仕事が忙しくて基本外食だったんだけど、久しぶりにゆっくり会えるって日に私の家で夕飯を作ることになった。
魚コーナー見てたら、大きな鯛の頭が300円だったから
塩焼きにしよう!いや酒蒸しも捨てがたいな~なんてウキウキしながらカゴに入れたら
「そんなの買ってどうすんの?」って凄い嫌な顔しながら言われて、確かに食べたことない人も多いよな、と思い「鯛の頭は全部食べられるんだよ~塩焼きが特に美味しいの!騙されたと思って食べて見て!」と説明した。

家に帰って調理してる時にも凄い嫌な顔しながら見てきたけど、私は「食べれば美味しいって驚くぞ~」とわくわくしながら調理続行。

717: おさかなくわえた名無しさん 2015/11/29(日) 11:18:40.48 ID:xXg8Xfzw
百年の恋というほどではないだろうけど
大学で会って外でのデートとかを暫く繰り返した相手がいた

362: 名無しさん@おーぷん 2014/09/28(日)12:02:24 ID:WUoJYOJuT
私の通ってた小中学生のときの給食に、さくらごはんってやつが出てた。
炊き込みご飯の具無しバージョンで、シンプルでなんの面白みも無いんだけど、子供たちには大人気だった。
私も大好きで、家でも作って貰ってた。私はこのさくらごはんが全国共通のものだとずーっと思ってた。

361: 名無しの心子知らず 2016/07/25(月)13:13:30 ID:mmP
若いころの彼氏の話。
私が好きになり私から交際を申し込んだ相手で、そのせいか付き合う前は普通の性格だと思っていたのに、
付き合ってからは、今思えば完全にモラハラ男だった。
でも私は(何故か)彼が好きで、モラハラを見ない気付かないふりして付き合い続けてた。

ある日彼からフラれた。「別に好きな女が出来たから、お前は要らない」という言い分だった。
そう言われて、デート先の遊園地に置いて行かれた(彼の車で来ていた)。
終電乗って何とか自宅まで帰りながら、泣きに泣いた。
まだ彼が(何故か)好きで、彼をどうしたら忘れられるだろうと落ち込んだ。

129: おさかなくわえた名無しさん 2015/02/17(火) 23:09:45.74 ID:VnHBUcGI
彼氏単体は一緒に居て問題なかったんだけど、
彼の友人達…および友人達と一緒にいる時の彼がどうしても好きになれなかった

194: 名無しさん@おーぷん 2016/06/21(火)09:22:43 ID:ceZ
じゃあ冷め話を。

初めて彼氏のアパートに行った時に、小さな可愛い小瓶がカラーボックスの上に飾られていた。
子供の頃、沖縄土産(だったと思う)で貰った星砂の小瓶に見えたので懐かしい気持ちで手に取って中に入ってる粒を見たらなんかヘンテコな形をした白い砂が入っていた。

268: 名無しさん@おーぷん 2016/07/01(金)23:22:17 ID:Z3d
料理系での冷めた話
彼氏が試験に合格してお祝いにお赤飯が食べたいと言われた
彼が試験勉強を頑張っていたのも知っていたからお赤飯の他にも彼の好きなものを数品とちょっとしたプレゼントを用意した
でもいざお赤飯を出したら彼の顔がすごい顔を歪めてテーブルの上にあったおかずもろとも腕で薙ぎ払って暴言を吐いて部屋を出て行った

326: 名無しさん@おーぷん 2017/10/25(水)08:32:35 ID:XD5
ある日、彼のお姉さんのヤバい場面を目撃してしまった。
友達と時間潰していたゲーセンで目撃して、挨拶しようかどうしようかと思いながらチラチラ見てた。

877: おさかなくわえた名無しさん 2016/11/27(日) 09:32:42.18 ID:TpC/h7mE
正月に半年程付き合った彼氏の実家に結婚の挨拶に行くことになってた、勝手に。
しかもクリスマスイブにプロポーズされるのを察して休みとってるものだと思われてた、ケーキ屋勤務なのに。
さっき別れてからメールがきてるけど、題名が「サプライズ失敗してごめんね」「クリスマス前に別れたくない」「もう指輪注文したよ?」「式場は二人で決めれるよ?」
私の見る目のなさにも呆れ中

370: おさかなくわえた名無しさん 2016/05/03(火) 00:29:29.78 ID:27om1fb5
彼と付き合い始めて少しした頃、愚痴が多めな事と人の話をぶった切る節があるのが気になり始めた

話ぶった切られるのは嫌だったけど
愚痴を聞くのは別にそこまで苦じゃなかった
内容的にたまに「ん?それお前も悪いんじゃ?」と思っても
とりあえず合わせて「そうなんだー大変だったねー」で返してたんで
「お前聞き上手だから、ついつい本音出ちゃうわ」と言ってくれてた
それは少し嬉しい

このページのトップヘ