恐怖

491: 名無しさん@おーぷん 2016/04/13(水)00:37:07 ID:Bbq
すごく厄介なことになってどうしていいかわからない

去年のクリスマスに友人に彼女ができた
聞いたら健全な出会い系サイトで知り合ったと言われた
大手結婚斡旋業者がやってる安全なサイトだというので俺も登録した

昨年末に何人かの女性からメッセージが来て
5人くらいと連絡を取り合い、そのうちの1人の若いと会った

映画デートの約束をして待ち合わせしたけど、これがまあプリクラ詐欺
量産系の藤田ニコルに似てる系だったのに
待ち合わせに現れたのは民主党の枝野に似てるちんちくりんな女(以下:枝子)

会った瞬間に帰ればよかったんだが、俺は帰るタイミングを逃した


「すごくタイプです~」とハイテンションな枝子を
どうやって傷つけずに断るか、俺は必タヒで考えていた
だがどんどん枝子のペースに押しやられ
予定通り映画を見ることになってしまった

映画の内容なんか全然覚えてない
映画が終わったらばっくれようと思っていたが
ろくに会話もしていない状況でばっくれたら
容姿を否定したようで傷つけるかな・・・と怯んでしまい
結局夕食を一緒にとることになってしまった

220: 名無しさん@おーぷん 2016/12/11(日)11:31:42 ID:wPx
カウンセリングの先生の前で「あれ、俺おかしいんじゃね?」と気づいた時。
世界がガラガラと崩れると言うほどじゃないが価値観が揺らいでヒヤリとした。
元々カウンセリングを受けたのは離婚したくないがいためで
自分を本気で直そうと思っていたわけではなかった。
嫁を殴った自覚、記憶はあったし、暴力は悪いことだとわかっていたが
憎くて殴ったわけではないし、運動部の監督がやる愛ある体罰のようなものであって
嫁のためを思ってやっている行為だから
暴力は悪いは悪いが離婚に至るほどのことではないという意識があった。

557: 名無しの心子知らず 2016/05/21(土) 21:49:02.18 ID:M6/9ygny
昨日、夫クレのママに遭遇しました。

昨日休みだった旦那と2歳の子供を連れて公園に散歩してたら
旦那がお腹の調子が悪いとの事だったので公園のトイレへ。
そしたら近所で見たことある程度の付き合いのAママが声をかけてきました。
A「やっぱり運命ね~」
私「何がですか??」
A「あなたの旦那よ!私のためにきてくれたんでしょ!」
意味が分からなく「はい?」と返事したところ、目が吊り上がり
A「だから!あなたの旦那さん、私に会いに来てくれたんでしょ!だって平日なのに公園にいるもの!わざわざ休んで来てくれたんでしょ!!」
と凄い勢いで捲し立てられ
(ヤバイ人だ、逃げなきゃ、怖い怖い)
と思いながらも怖くて硬直してしまいました。
A「話合わないといけないからあなたも付いてきたんでしょ!さすが旦那様!筋を通すって大事だもの!」
と、口の端に白い泡をためながらどんどんヒートアップ。
子供は何か察したのか震えて私の後ろに回りしがみついていました。
その時、いつの間にかトイレから戻ってきた旦那がAママの肩をトントンして
旦那「どうかしました?だいぶ興奮しているようですけど?」
そうしたらAママの顔がパーと明るくなり
A「会いに来てくれてありがとう!待っていたわ!」
旦那「・・・僕をですか?」
A「そう!やっぱり私を選んでくれたのね!」
旦那「いえ、選んでいません。そもそもあなた誰ですか?」
そうやって淡々と相手する旦那。


いったん切ります

743: ■忍法帖【Lv=1,バンパイア,kRY】 2017/01/24(火)17:03:15 ID:5nq
私は若い頃に、足首を怪我したことがある
怪我自体はとうの昔に治ってて、普段は普通に歩けるしヒールも履けるのに
時々ろくに歩けないくらい痛む日がある
気圧とか気温の問題だと思うんだけど、医者も理由がわからない
多分神経痛でしょうということで、どうしても我慢できないときのために
鎮痛剤を処方してもらってる程度

冬になると特に痛むので、家事をするのも億劫になって店屋物を取ってた
近所のお蕎麦屋さんにちょくちょく頼んでたんだけど、ある日出前に来てもらって
玄関にいったら、それまで感じたことのないような痛みが走ってうずくまってしまい
配達のお兄さんを慌てさせてしまった
「足が悪くて。いつものことだから心配しないでください」とだけ説明した

その数日後、アパートに帰宅したら部屋の内側から物音が聞こえた気がした

294: 名無しの心子知らず 2016/02/21(日) 15:18:19.87 ID:WMEHBHjR
名前伏せてもあまり意味無いかもしれないけど

超有名な連続サツ人犯が最近まで住んでた都内某区住まい
うちは団地じゃなくて少し離れた戸建群に住んでて
子が通う園のお友達には団地住まいもちらほらいる
サツ人犯の件で怖いねー、もう戻って来ないで欲しいねー
と送り迎えの時に居合わせたママ達と話してたら
子は他学年、名前は知らなくて挨拶会釈くらいしかしない仲のママが突然

272: 名無しの心子知らず 2016/07/18(月)11:42:53 ID:RH4
夫の両親はとてもいい人で、適正な距離を保ってくれるんだけど
義父の上司夫婦に粘着されている。
この上司夫婦は子無しで、夫のことを実の子供代わりに可愛がってきたそうだ。
夫は小学生くらいまで無邪気に慕っていたんだけど
中学生あがりから、上司夫に進路に口を出されたり(俺の母校へ進学しろ、と)
上司妻に交友関係に駄目出しされるようになって、苦手になっていった。
高校生以降はなるべく避けてきたらしい。
さすがに義父の上司相手なので強くは出られないけれど、
夫、義母ともにやんわりフェードアウトを望んでいた。
でも節目節目でやっぱり干渉はあり、
夫がはじめて車を買ったとき、初試運転に義母より先に乗っちゃったり
夫の一人暮らし先に泊まりたがったり
見合いをしつこく持ちこんだり(相手は上司の姪っ子)色々あったようだ。
で、去年夫が私と結婚。

908: 名無しの心子知らず 2015/08/18(火)11:28:15 ID:7aX
夏休みなので一人旅を計画し、妹が一人暮らししている県も通りかかったので
その晩は妹のアパートに泊めてもらった。
妹はちょっと変わっていて、何時に食事、何時に入浴と決まったサイクルで動かないと落ち着かない。
妹が風呂に入っている間、俺はテレビを見ていた。
玄関の方から何か、ガチャガチャ音がした。
ドアの向こうで数人が何か話している気配がする。スコープを覗くと若い男が数人いた。
いやな予感がして、音をたてないようチェーンをかけた。
かけ終わってほんの数秒後、ドアがいきなり開いた。
ニヤニヤ顔の若い男と俺、お見合い。どっちもしばらく呆然としてた。
俺「……誰?」男「あ、いや、間違えました」
ドアが閉まった。
何かゴチャゴチャ話している音がして、一回ドアを思い切り蹴られた。
混乱しすぎて「なんだ?なんだ?」としか思えず、とりあえずまたテレビを観出したが
ぜんぜん頭に入ってこなかった。
妹が風呂から上がってきて、妹の顔を見てようやく「あ!あいつら妹狙いか!」と気づいた。
たぶん妹が風呂に入る時間等も知ってたんじゃないかと…
妹に「こういう人相でこういう服装の男たちが4人来た」と説明するが
妹はまったく知らないと言う。
なぜ合鍵を持っていたのかも謎。
朝一番で大家に連絡し、俺の持ち金で鍵を変えさせた。
おかげで金がなくなりその場で旅行は切り上げになったが、俺がいて本当に運がよかったと思う。
帰ってすぐ親に報告。親父が真っ青になり
「金は出すからすぐ引っ越せ!」と妹に電話していた。

932: 名無しさん@おーぷん 2017/05/02(火)08:03:26 ID:Sos
10年ぐらい前に、人生最大の恐怖を味わったことがある。
旦那の転勤で某市に引越し、荷物も片付いて普段通りの生活に戻った頃、
夏だったけどその日は涼しくて、網戸にして窓は開けていた。
2階建て3LDKの戸建。
トイレに入ってる時に、突然網戸が開くカラカラカラ・・・って音が聞こえた。
え?誰か入ってきた?泥棒?何何何?って怖くなって
音を立てないように身繕いして、とりあえず水も流さずにジッとしてた。
10分ぐらいジッとしてたけど男性っぽい声でウヒヒヒ・・ウヒヒヒ・・・・って
気持ちの悪い笑い声みたいなのが聞こえるし
パキッて何かを折るような音とか、ボコッボコッ!って叩きつけるような音とかも。
(擬音ばかりですみません)
で、そのうち音も声も聞こえなくなったので、音を立てないように気を付けながら
そっとトイレを出た。
そしたらリビングのソファで知らない男の人がスヤスヤ寝てた。
30代ぐらいに見えたけど、後で50代だと知った。
もう心臓が口から飛び出るぐらいビックリして
ガクガクブルブル震えながら音を立てないように外に出て、
まだ挨拶ぐらいしか付き合いのなかったお向かいさんの所に行って110番させてもらった。
それで警察が来て逮捕、男は同じ町内会の知的障碍者で70代の母親と二人暮らし。
これまでは道端で奇声を上げたり、子供のおもちゃを取り上げたり、
余所の庭に侵入したりってことはあったらしいが、家の中にまで侵入したのは初めてだったらしい。
その日は母親が風邪ひいて寝込んでて、ごはん作れなかったからお腹空かせて外に出て
寝ていた母親は気付かなかったそうだ。

388: 名無しさん@おーぷん 2016/10/01(土)11:05:47 ID:KwK
ついさっきの話なんだけど運転中電話がかかってきたため、車通りの少ない道に入ってから停止してハザードたいて通話。
終わってからよしと思って発進しようと思ってエンジンをかけようとしたら窓をコンコンと叩かれそちらをみるとスーツをきた男性2人。1人は茶髪の若い男の子でもう1人はおっさん。2人ともスーツを着てた。
なんとなく気味が悪くて窓半分開けたら「警察なんですけど」って。
後ろにはよくTVで見る覆面パトカーとかである白い車。
駐停車禁止の場所じゃないしおかしいなとは思いつつも話を聞くと
ここらへんで強盗があった。犯人は捕まってない。車の中を見せてくださいとのこと。

337: 名無しさん@おーぷん 2016/12/20(火)11:49:39 ID:aD5
幼馴染(俺もそいつも男ね)が関東へ進学し2年くらい経った頃
そいつの母親に「うちの子がどうも大学へ行ってないらしい。連絡してこなくなったし、
遊びに行くついでに様子を見てきてもらえないか」と頼まれた。
以前も幼馴染のアパートへ遊びに行ったことはあったし、暇なので快諾。
新幹線乗って幼馴染のアパートをピンポンした。
出てきたのは知らない中年男だった。
アパートの表札は幼馴染の名前なので部屋間違いではない。
「シュウ(仮名)くんいますか?」と聞くと中年男は「今いないよ」と言う。
しかし部屋の中から幼馴染の声がした。ような気がした。
俺はこの時幼馴染に名前を呼ばれたと思ったんだが、あとで聞いたところによると
本人曰く「ああ」とか「うう」みたいな音を発しただけだったらしい。
中年男が弱そうなガリチビだったせいもあって
俺は強気にいますよねー?とドアを無理やり開けた。

このページのトップヘ