毒親

62: 名無しさん@おーぷん 2015/07/28(火)17:27:28 ID:EGv
夫が絶縁した私の親に私の情報を売ってた
道理で引っ越してもアドレス変えても手紙やメールが届くはずだよ
売ったというか情報リークしてただけだけど
そのせいで不眠や吐き気が止まらなかった
夫はずっとそばについてて慰めてくれたけど
同じく絶縁してたはずの姉がポロっとメールで漏らして分かった
謝ってくれたけど夫が毒親と同じ人種じゃないかと思えて仕方がない
いま別居(夫が前の家に戻ってる)してるけど細切れでこんなメール↓が来る

798: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/19(木) 04:29:14.78 ID:oKTEauER
正直うちの親は毒親だったと思う
子供の頃は殴られて育った
幼稚園の同じ組の子達とそのお母さん達で集まった時
飲み物をこぼしてしまったら鬼の形相で
「○△$♪×¥●&%#?!」と叫びながら思いっきりビンタ→私ギャン泣き
周りのお母さん達は「きゃあっ」とビックリしてたし、私の友達も泣いたり、目まん丸にしてフリーズしてたり

幼稚園の頃友達におもちゃを貸さなかったら、後ろから頭を蹴られベランダに放り出され鍵をかけられたり

幼稚園か小学校低学年くらいの頃、公園で遊んでたら、私の自転車の周りで小さな子どもがうろちょろしてたみたいで
それが倒れて小さな子どもに直撃
すると母は人目を気にせず首根っこ掴んで顔や頭にグーパン3連発
向こうの親も「私が見てなかったのが悪いんです!!」と必タヒにフォロー入れてた

小学生の頃弟が「ごはんおかわりー」と茶碗差し出してきて
私宿題あるから自分でやってよと言ったら
母に髪の毛引っ張りまわされて、四つん這いにされ背中の皮が剥けるまでほうきで叩かれた事もあった

たまに父と母両方に殴られたり蹴られたり
ちょっとした事で髪の毛掴んで引きずり回されて、冬の寒空の下放り出されたり

覚えてるだけでもこれだけ
あの頃は、頭たんこぶだらけ、顔や体にはよくアザを作ってた
母は常にイライラしてて
「チッチッチッチッチ」と連続舌打ちと
「バカッ!ブヮーーーーカ!!!」が口癖だった

366: 名無しさん@おーぷん 2015/02/22(日)03:37:40 ID:5mb
ちょっと長いけど、大丈夫かな。
この間までの私と友人の修羅場。
初めての書き込みなので不備があればすみません。

私と友人(どちらも女)は大学で知り合い、
20年ほどのつきあい。
時々二人で旅行に行ったりしてたんだが
旅行中異様に親の事を心配する。
真面目で頭も良かったし、親思いの良い子なんだなあと思っていた。

136: 名無しの心子知らず 2015/05/27(水)11:53:37 ID:Iuj
母が入院中で、家に自分(当時中1)しかいない時
納屋で父に首吊りされた時が修羅場。

父はサイマーな上、「妻子を苦しめるのが趣味」といつも言ってた変な人だったから
(だから私一人しか家にいないタイミングで吊ったのもわざと)
タヒんだのは悲しくなかったが、とにかく後始末が大変だった。
タヒ体が運ばれていったあと、納屋は中身全部入れ替えなきゃいけなかったし
近所の人や警察の対応もしなくちゃならなかったし
病院にも学校にも行かなきゃいけないのにーってパニックだった。
学校でもしばらくヒソヒソされたし。

父は私たちあての遺書をいちおー残してて
「借金も何もかも放り捨てて押し付けてタヒんでやる。ざまあみろ」みたいな内容だった。
でも母は連帯保証人等にはなってなかったから
弁護士入れていろいろ権利放棄して終わりだった。詰めが甘いよ父。

母が退院して、母の稼ぎで母子二人で暮らすようになったら
生活水準がグンとあがった。浪費する人いなくなったから。

1つ幸いだったのは、よく毒父持ちの人が
「父親に愛されなかった代償として、成長して父に似た人を選んで愛されようと共依存に…」
っていうのを聞くけど、うちの父があまりにあからさまなクズで
「お父さんに愛されたい」なんてカケラも思えないくらい嫌いだったから
成長して父に似た人を見ると即距離おく&逃げるようになれたこと。

なんでか嗅覚がはたらいて
「あっ!これは父タイプのやつだ!ピコーン」ってすぐわかる。
(ちなみにこの「父タイプ」は性別関係ない。女にも父タイプはいる)
あとヅラもすぐわかる。

631: 名無しさん@おーぷん 2017/10/19(木)20:17:11 ID:wMh
うちは両親離婚してて、母親のみ。経済状況が良くなかったので、毎月7万仕送りをしていた。
母親実家は裕福だったようで、祖父母が亡くなった時に母親はうん千万の遺産を相続したらしい。
死ぬまでこのお金で生きていくため、少しでも減らしたくないと言うので仕送り継続、なのにほんの数年で全部使い切りやがった。

問い詰めれば、私は若い時に結婚して苦労した。だから幸せになる権利があるとのこと。
今は私に寄生して、死ぬまで面倒みてねとか言ってる。

毎日ストレス、こっちが早死にしそうだ。

484: 名無しさん@おーぷん 2015/08/08(土)11:19:06 ID:5d0
中学生くらいから母親には家でトイレを禁止されていた。
遊ぶ友達も母のお気に入りの人だけ。
お前を生んだ覚えはない発言。
部活も土日に遊びに行くのも禁止。おしゃれすれば色気づきやがってと暴れる。
私が楽しそうなのが許せないらしかった。原因は不明だった。4年前まで。

父は私に無関心で父の日、バレンタイン、誕生日をやっても無視されていた。
母の事も相談しても「あいつは頭がおかしいんだ」と言って助けてくれなかった。
父は飲み屋に愛人を作り、大金をつぎ込んでいたのを4年前に知った。
母がおかしくなった要因の一つがそれ。ついに母は倒れ、入院。
そこでも病院の看護師に手を出した父。愛人、愛人の仲間(外人パブの)、ナースに大盤振る舞いしてた。
私の通帳を盗もうとしたり、お金がないのは私が無駄使いするからと周囲に漏らす父。
親族に浮気ばれしたら「お前が生まれなきゃ離婚できたのに生まれやがって」大泣き。
その時私は23歳だったが「行き遅れの女が、結婚もしねえで」と言われ呆れた。

4: おさかなくわえた名無しさん 2017/10/24(火) 22:07:37.90 ID:9q1AnkfH
うちの親は特殊で、子供である私にとにかく大量の食事を食べさせる人だった
物心ついた頃には常人の三倍~五倍は当たり前で、どんなに苦しくても残すことは許されなかった
隠れてトイレに吐いているところを見つかったときにはトイレの水ごと吐瀉物を食べ直させられたし(それがトラウマで吐けなくなった)
胃が破裂しかけて二回入院したけどそれでも変わらなかった
拒絶すれば顔が腫れるくらい殴られたし口の中が切れても変わらぬ量を強制されたのでそのうち抵抗をやめた

お陰で中学の頭には100キロを超え、高校で130キロを記録
中学高校と運動する部活に入ってたけど当然減量できるわけもない
当たり前のように男子からいじめられたけど醜いことを自覚していたので静かにしていたし
大人に注意されたり心配されても曖昧に笑って誤魔化していた
誰も親の所業を知らなかったし、何故か私も知られてはならないと思い込んでいた
親の洗脳かもしれないし自粛かもしれないが、とにかく殆ど怯えるように隠し通していた

続きます

227: 名無しさん@おーぷん 2015/02/12(木)23:12:10 ID:yW4
書き捨てる。

姉妹2人、親には虐待されて育った。何を決めるにも
「自分で判断すると失敗する、母親の言う通りにしないと失敗する」
という呪いをかけられた。
従わないとき、失敗をしたときは暴力制裁だった。
竹定規、椅子、蝿叩き等を掴み、それが壊れるまで私を叩いた。
避けたり悲鳴をあげたりすると余計ひどくなるので
じっとして声を殺して時間が過ぎるのを待った。
朝でも夜でも無関係で、母親の機嫌が悪い時は
眠っていても叩き起こされて理由をつけて殴られた。
父親はずっと空気だった。

私は次第に母親の傾向と対策を学び
出来る限り母親の気に入る服装、髪型、態度、表情、言動、成績を
キープするようにした。
「洗脳完了」「ごますり」と言えばその通りなんだけれど
何より私は殴られない生活が欲しかった。夜に安心して眠りたかった。
すると少しずつ母親の私への暴力が減り、会話が通じるようになった。
やっと家で安心して過ごせる、と嬉しかった。

しかし2歳離れた姉は違った。
母親が筋の通らない理由で怒鳴り散らしている時は必ず反論した。
そして余計に母親を怒らせ、もっとひどく殴られていた。
妹と違って自分の思い通りにならない姉に、母は常に苛ついていた。
姉は折檻されながら、泣きながらでも
自分が正しいと思うことを主張していた。

正直、当時の私はそんな姉にイライラすることもあった。
私にとって重要なのは「母親が怒るか怒らないか」だった。
なぜ姉がそんなに些細なことにこだわるのか、
勝ち目のない争いを続けようとするのか理解できなかった。
母の機嫌が悪くなると私まで殴られるから
お願いだから母の機嫌を損ねないでくれ、と姉に訴えたこともあったが
姉は変わらず母を怒らせる態度を取り続けた。

それでも私なりに母の機嫌を損ねない表現で姉のフォローをしたり
姉を許してくれるよう母に頼んだりもした。
お互いの失敗が母にばれない様に隠し合ったり、
母が不在の時は姉と愚痴を言い合ったりして、
私にとっては姉は戦友みたいな感覚だった。

決して姉を殴る母に加勢などしたことはなかった。
母を刺激しないように母の側に立ちながらも
母の興味を別のもので引いたり注意をそらしたりして
なるべく姉を守れるように立ち回っていた。
そういうつもりだった。自分の中では。

574: 1/2 2017/10/16(月)10:39:07 ID:TZz
うちの母親と祖母の神経がわからん。
うちは、3人姉弟。私真ん中。母親いわくずっと男の子がほしくて頑張ってたらしく、5個下に待望の男の子。
待望の男の子だけあって、両親も祖母も小さい頃からまあ、弟を可愛がる可愛がる。
軽く例をあげると
・幼少期私や姉が勝手に家にあるお菓子を食べたら「泥棒」ってビンタして怒ってたのに弟にたいしては「お腹減ってたんだもんねぇ~自分で取れて偉いねぇ~(猫なで声)」
・私や姉は、中学校に入ってからのお弁当前日のごはんの残り物なんかを自分で詰めて行って、帰ってきたら自分で洗ってた。
弟は全部朝早くから母親が手作りして詰めて鞄にいれてあげて、帰ってきたら鞄から祖母が鞄からお弁当箱出して洗ってあげてた。
・学校の時間割も親か祖母が全部準備してあげていた。時間割をメモしていないときには、親が同級生の家に電話をして必要なものを聞いて準備してあげていた。
etc.etc.他にもやるべきことは全部親が代わりにやってあげて、嫌なことはしなくていい。
悪いことしてもたーちゃん(弟の両親と祖母からの呼び名)は悪くない!でめちゃくちゃモンペになってた(特にモンペ度合いが酷かったのが父)
勉強しないでテストで赤点とっても、「頑張ったたーちゃんにこんな点数つけるなんて!」って学校にクレームの電話とか入れる恥ずかしいバカ親になってた。
続きます

36: 名無しさん@おーぷん 2017/09/28(木)00:40:13 ID:HRr
学校の先生は性格がおかしい人が多いと言われるが、自分の母を見ていると真実だと思う。

今は退職して何十年も経ったが、昔、母は小学校教師だった。母は私や兄に「教師は女の仕事としては最高の仕事だ」といつも言っていた。
その「最高の仕事をしている自分」にものすごいプライドを持っていた。ある時、その最高話にウンザリした兄が「女性のお医者さんや
弁護士や大学教授もいるよ」と言ったら、母は「それは例外でそんな人はあまり居ない、普通の仕事では最高なんだ」と怒鳴った。
兄が「普通は普通で、最高とは違う物だ」と言った瞬間、兄は母に殴られていた。目が吊り上がって顔が真っ赤な母に「お前もそう思うか?」と
聞かれた私は兄を裏切るわけもいかないけれど、殴られたくないのでどうしてよいか分からず即答できなかった。再度「お前はどう思うんだ!」と
怒鳴られ、パニックになった私は「普通は最高だと思う」と答えてしまい「馬鹿」と言われ、母に殴られそうになった。その瞬間、兄が「今の事を
赤の他人に言って聞かせてもいい?」「最高話を人に言いふらすよ」と言ってくれたので母に殴られずに済んだ。母は「お前たちは世の中の事を
分かっていない」などとブツブツ言いながら部屋を出て行った。家に父親は居たが、全くの空気だった。何を言っても相談しても「母さんの言う
通りにしなさい」「母さんを怒らせたら駄目だよ」と言うだけだった。

このページのトップヘ