衝撃的

472: 名無しの心子知らず 2013/06/04(火) 12:20:22.74 ID:BviXnGky
思わぬ場所で初めてクレクレママ&ダニに出会ったよ
週末に某展覧会に行ったんだけど、中々の大盛況だった
受付でお金払って音声ガイドを借りて回っていたら、
ずーっと私の真横にぴたっと顔をくっつけてくる子連れママ。
気持ち悪いなあと移動しても付いてくる。軽く睨んだら、
ニヤニヤして「やだ気付かれちゃった」だって。
無視して移動したら付いてきて、
「それ、もっと音大きくなりません?
で、ちょっと耳からずらして貰えると聞き易いんですけど」
ねえ、○○ちゃん」「うん、聞きたい聞きたいー」
「うちの子芸術関係好きなもんですから…」
とか小声でニヤニヤヘラヘラしながら言ってくるので、
「受付で数百円で借りられますよ」と言ったら
「いやいや、ちょっと聞かせてくれたらそれで良いですから!
私達は黙ってついていきますから気にしなくていいですよ。
なのでボリュームをあげて、耳から浮かす感じで…」
無視して、顔をくっつけられないようにポジション取りを
しながら展示を見て回っていた。
そしたらキチママ、私が首にかけていた音声ガイドを
横からぎゅーっと引っ張った。私は派手に転けた。
そしてダニの上に乗っかってしまった。
私の重い鞄が思いっきりダニぶつかった。ダニ泣く。
キチママ、「ちょっとあなた、さっきからなんなの!?」
と私にキレる。係の人が飛んできて、抱き起こしてもらった。
キチママは、この人が謝らないと気がすまない!と喚いたけど
周りの人が「さっきから見ていたけどこのママさんが酷かった」
と証言してくれた。
音声を盗み聞きしようとして紐を引っ張った、ってところで
警備員さんが呼ばれて、数人に囲まれた。

478: 名無しの心子知らず 2015/07/12(日)11:05:55 ID:X1I
金曜の夜、中3の娘宛に代引きで荷物が届いた。
通販は許可していない&買いたい時は申告する決まりなのに、何を買ったのか報告がないのでどうしようと夫婦で相談。
とりあえず1日は待ってみようという結論になり、その翌日の夕食時。

娘「・・・お父さん、今日誕生日じゃん」
夫「覚えててくれたんだ」
娘「ケーキあるし・・・」
夫「まあそうだなw」
娘「・・・これ」←代引きで届いたダンボール箱をそのまま出してきた
夫「おお!ありがとうなー!開けていい?」

箱から出てきたのは、

662: 名無しの心子知らず 2014/12/04(木)15:04:05 ID:Hje
ちょっとカチムカな話
下品な表現が一部あるので、ご了承願います

登場人物

私子=28歳主婦OL 新婚で子なし 
A子とB子=職場の同僚で同い年 現在彼氏なし

私の双子の弟が仕事で私の職場の近くに来るので、
2人でごはんに行こうという話になっていた

長くなるので経緯は省くけど、弟の友達とその友達とその同僚と
・・・と人数が増えて、男女10人くらいに増えてしまった
既婚者も彼氏持ち女子もいるのでがっついてる合コンではないけど
独身フリーの人に出会いがあったらお好きにってスタンスの男女混合飲み会になった
私の同僚A子とB子に声をかけたら来たいと言うので、最終的に13人になった
ここまでが前提

352: 名無しの心子知らず 2013/05/30(木) 15:43:49.41 ID:8ha1YlPT
修羅場スレが見つからないので
学生ですが怖い体験をしたのでこちらにお邪魔します。

先日、ペット可のショッピングセンター内のペットショップに飼い犬の爪切りに行った。
そのショッピングセンター内はだっこかカートに乗せればペット可。
カートは三種類くらいあって、うちの犬は中型犬だけど一番大きいのに乗せてる。
理由は犬の顔までカート内に入り、急に触られたりしないから。
あと知人の犬が他人を噛んでしまった話も聞いてて怖いから
大人しい犬だけどペットショップの個室に入るまでは布の口輪もしてる。
その日は予約してたにも関わらず、前の犬に時間がかかっていて
すぐに個室に入れなかった。
だからペットショップの隅っこの商品も何もないところでカート置いて隣で立って待ってた。
近くで赤ちゃん連れの女性がこちらをチラチラ見てて気まずかった。
たまに触らせてと頼まれることがあり、小さい子供相手は断るから
頼まれたら嫌だなーって思って。
女性がこちらに向かってきて、やっぱり…と思ったら何も言わずに子供をカートの中に落とした。

876: 名無しの心子知らず 2014/12/15(月)15:38:35 ID:hVW
先々週にあった修羅場

俺は一人暮らしだけど、三年ほど付き合ってる彼女に合鍵を渡してあり、半同棲未満のいったりきたりをしていた
その日、たまたま仕事が早く終わり、いつもよりだいぶ早い時間に家に帰れた
すると、玄関に彼女の靴と俺のじゃない男物の靴がある
この時点でちょっとパニックだったんだけど、寝室から明らかにヤってる声がする
頭に血が上った俺は、寝室のドアをものすごい勢いでバーンして入る

970: 名無しさん@おーぷん 2016/03/02(水)17:19:03 ID:O0X
まとめを読んでいたら、卒業式シーズンなので、卒業にまつわる話が載っていて思い出した。
他にもいるんだなぁと思って読んでいたわけだけど、うちの娘も卒業式で、
ハンデのある子たちのお世話係をさせられる事になった。
しかも数人いるのに、それ全部。
理由は、数人中の数人が幼稚園から一緒で、うちの娘は取り扱いが上手かったから。
それ以前も、運動会や遠足、キャンプ、就学旅行、と、必ず一人二人は一緒のグループ
でもグループには他の子もいたし、娘がそれほど負担に思っていなかったから黙っていた。
娘ともう一人いつも一緒に付き添い役をする男の子がいたんだけど
その男子の親御さんからお断りされて、うちの娘一人にそれをさせる事にしたらしい。
私はそんな事全然知らなくて、お隣の家の子のママ(そこの家の子がヤンチャでヤンチャの扱いを覚えた)
から、なんか娘ちゃん大変な事になってるらしいよ、と教えられた。
帰宅した娘に聞いたら、「もう、すごいイヤ。○○くん(幼稚園から一緒の子の一人)
一人なら全然平気だけど、何人も無理」と泣きそう。
仲のいい女の子たちと先生に訴えたけど聞いてもらえなくて、
それぞれ親に相談する事にしようと話し合って帰ってきたところだった。
先生はお世話を娘に丸投げで、娘がまさに引率している状態で
娘の出席番号は一ケタなのに、その子たちの世話をするために最後尾にいるという。
もうビックリして、すぐ学校に電話した。

537: 名無しの心子知らず 2015/07/24(金)14:02:25 ID:HHf
遠方の大学に進学、実家を離れた。
夏休みに帰省すると、なんと母が体調を崩して寝込んでいる。
父も母も少し妙な雰囲気で
「これはまさか、なにか重大な病気で、心配させないようにと隠しているのでは」
と不安になった。
「お母さん、何か大変な病気なの?」(私おそるおそる聞く)
「いや違う、大丈夫だから!」「何でもないから!」(超焦ってる父と母)
「信じられないよ、ほんとのこと言っでよぉぉぉうぇぇぇぇん」(私不安のあまり号泣)
で、覚悟を決めた両親が明かした真相が

900: 名無しの心子知らず 2016/08/28(日)18:58:32 ID:qLO
昔話だけど、お金絡みで露骨に態度を変える人を初めて見た時が衝撃だった。
めちゃくちゃ長くなってしまったけど吐き出させてください。

父方の実家は、祖父の代から事業を営んでいて小金持ちだった。
と言っても大きな商売ではなくて、地元では少し裕福なほうに入るかな、くらいの規模。
(ちなみに今は畳んでしまっているので全然裕福でもない)
私たち家族はその祖父が事業をやっているのと同じ地域に、
近距離別居という形で住んでいた(ちなみに家は祖父のものではなく父が買ったもの)。

その事業の経理面でのアドバイザー的な仕事についていたAというおばさんがいたのだけど、
強い者に媚び、弱き者に強く出るという、絵に描いたような小物キャラの人だった。

私の父は長男で、まぁ順当にいけば父が事業の跡を継ぐような流れだったので、
Aは我が家にものすごい媚びまくっていた。
Aは自分の仕事の跡を娘に継がせたかったらしく、
事業の跡取りになる人に媚びを売りたかったみたい。
私に対しても会うたびに何かプレゼントを持ってきたり、べた褒めしてきたりしていた。
ただその媚び方があまりにも露骨というか、まだ子供だった私から見ても下心が丸見えないやらしいものだったので、
正直我が家ではあまり好かれてはいなかった。

ただ祖母がおとなしい人で、強いことを言ってくれる人に安心するらしく、
典型的なおばちゃんでガーガー言うAを信頼していたため、
Aは増長して、事業のみならずこちらのプライベートにも口を出すようになっていた。

525: 名無しの心子知らず 2015/07/06(月) 00:13:45.89 ID:qQweMdka
初めて&携帯からなので変だったらごめんなさい。

この前近所のうどん屋さんで食事してさぁ帰ろうかと車に乗り込んだら、
運転手側の窓が叩かれて、暗かったから少しだけ窓開けて対応した。
なんか気味悪い笑顔?ってかニヤニヤしてる30代くらいの女で、3歳くらいの女の子連れてた。
なんか笑ってるんだけどアハハハって笑い方じゃなくて、アハ、アハ、アハ、ア、アハハハハってちびまる子ちゃんの山田みたいな笑い方で、
しかも舌を突き出すようにペチャペチャしゃべってて本当に気持ち悪い。
「すみませぇん、失礼なんですけどぉ、今からお帰りですかぁ?A方面に行くんですかぁ?」って
音全部に濁点付いたようなダミ声で聞かれ、
思わず正直に「B方面(A方面とは正反対)ですけど」って答えてしまった。
するとダミママ、「ちょうどよかったぁ、乗せてもらおうかなぁ、A方面の△地区の○団地なんでぇ」って後部座席ガチャガチャしだした。

341: 名無しの心子知らず 2014/11/16(日)22:10:27 ID:ilDfsbeqF
夫実家では老犬を飼っている。
2年ぐらい前に、義母から「申し訳ないけどお留守番に来て貰えまいか」と電話が。
夫実家には義父母と義姉が住んでいるんだが、
その日はどうしても全員外せない用事があって家を空けるので
老犬の様子を見ていてほしいと。
その犬は私も大好きだし、お安い御用だと思って引き受けた。
当日、私が到着すると丁度義母が出ていく所だった。(義父は仕事)
リビングに入ると2階から楽しそうな義姉の声が。
誰かと電話で話してるみたいだったから、ああ義姉はまだ出掛けないんだなと思ってた。
10分ぐらい経った頃に「キャー!」って声が聞こえてドスンドスンと暴れる音が。
どうしたんだろうと思って階段の下から義姉の様子を伺おうとしたら
ドドドドドドドド・・・!!!と階段を駆け下りて来たんだけど、
その階段の途中で足を踏み外して、物凄い勢いで落ちて来た。
・・・・・・そして下敷きになった私。
義姉は「急ぐからゴメンっ!帰ってきたら謝るっ!!」と叫びながら出て行った。
(ちなみにこの時の義姉、約束の時間を忘れて別の友達と携帯でしゃべってて
気が付いたら約束の時間を過ぎてて慌てて出て行ったと言う事だった)
私は痛みで返事もできず・・・ってか、息も出来なかった。
玄関ドアが閉まる音と、だんだん小さくなっていく足音を聞きながら
(まっ・・・まってえええええ・・・お願い・・・戻ってきてえええええ)と
必タヒで声にならない声で叫んでた。
しばらく動けなくてジッとしていたら少し痛みが引いたので
立ち上がろうと、仰向けの身体を横向きにしようとしたら
激痛のあまり悲鳴が出た。

このページのトップヘ