衝撃的

870: 名無しさん@HOME 2020/05/20(水) 01:13:15.59 0
義兄嫁がちょっと変わった人だった。

義兄嫁は私と歳は変わらないけど、すごくしっかりしてて上品だったから第一印象はよかった。
とくにびっくりしたのが子供のしつけ。結婚のあと本格的に会ったのが義実家の法事だったんだけど、
4歳と5歳の子が正座して参加してた。お焼香の作法も綺麗だし、会食でも騒がず残さず食べる。挨拶も完璧。
ところが姑だけが妙にこの三人を嫌がってて、のけものにしたがってた。それもなんか不気味がっていた。

505: 1/2 2012/07/15(日) 02:06:39.58 ID:8zFmviEf
まだキャラ弁の概念がなく、そもそもよそ様の弁当に因縁つけるモンペもいない、
「よそはよそ、うちはうち」がまかり通っていた時代
従姉のA子の園児時代の話

9: 名無しさん@HOME 2015/04/02(木) 20:09:53.53 0
結婚以来ずっと事ある毎に私に宗教Aに勧誘していたウトメ。
「Aは本当の宗教だよ!」「嫁なんだから黙って言う事きいてりゃいいんだ!」
断り続けていたら同じ宗教のコトメまで連れて来て、
「母ちゃん達は本当に嫁子の事を思って言ってあげてるのに(涙)」と私がまるで悪者。

962: 名無しさん@HOME 2015/08/07(金) 10:52:59.83 O
身バレ覚悟で書く。
もう、本当に頭きた。
うちは、腹が立つのはトメ妹。
トメは嫁に取ってはある意味最高な人で、息子に対しては「好きにやりなさい」と言うけど、しっかりと責任は持ち、手を貸さない代わりに金を出すタイプ。
トメ(×一)とトメ妹(未婚子無)は同居で、「家業を継がせたい」との強い希望で、旦那も私も仕事を辞めてまでそちらの実家に近い所に行ったものの、トメの離婚強行によりその家業は継げなくなり、いきなり旦那無職。
私達家族は去年年始に私実家近所(飛行機の距離)に戻ってきた。


153: 名無しさん@HOME 2015/04/23(木) 19:24:33.47 0
文才なくて上手く纏まらないけど…


トメは前々から香ばしい発言はあったものの、きっと考え過ぎだ…自分が家庭板脳すぎるだけだ…とスルーを決め込んで頑張ってニコニコしてた。
でもあるとき流産の報告に対して
「きっと障害者だったのよ!だから嫁子ちゃんは悪くないわ!気にしなくていいのよ!」
と言われたその一言で一気にこの人ダメだ…とやっと目が覚めた私

305: 名無しの心子知らず 2015/06/09(火)02:52:43 ID:MDh
フェイク有。
実家は自営業で私は夕方いい時間帯になると毎日外のフェンスを閉じる係。
その日は冬だったので5時ごろ閉めるはずが寒くて外に出たくなくてダラダラしてたら6時過ぎてしまった。
いつものように閉じて閂かけようとしたら必死の形相で全力疾走するランドセルしょった少年と目が合った。

601: 長いです1 2012/06/29(金) 15:27:08.13 ID:ITYQqIYS
数年前に友人がキチママ化した。
折角なので、キチママに変貌していった経緯を書いていこうと思います

幼なじみで、元々は普通。多少ダラで見栄っ張りかな。実家はちょい金持ち。
割と早く結婚して、出産。この頃も普通。ママ友できないよ~なんて言ってた。
やがて夫さんの仕事で飛行機の距離に引っ越し、私も結婚やら出産で、会えなくなった。
それでもメールでやり取りしていて、内容はほぼ全部子供の事。
彼女はずっと巨漢でおしゃれができなかったので、娘ちゃんは目一杯可愛くさせたい。
だから、つい服を買いすぎて夫に怒られる。自分の分は何も買わない。とか言ってて
偉いなあ~と思ってた。

868: 名無しの心子知らず 2011/09/29(木) 14:08:46.98 ID:/3s5rRUh
携帯から失礼。
数年前の話でちょっとオカかも?
友人の子供に、妊娠・出産時期・赤の性別を予言、的中率ほぼ100%というすごい子がいた。(以下おつげ君)
私もおつげ君の予言をありがたく頂き、無事男児出産。 

403: 名無しさん@HOME 2020/08/26(水) 11:04:22.21 0
うちの義弟嫁も医療職でちょっとヘン
食事は自然派で肉野菜は最小限
買うとしても胸肉1枚を家族4人で分け合うし
一枚の魚をみんなで分け合う食べ方をするらしい
あと、服は白・黒・茶しかダメなんだって

833: 1/2 2020/09/11(金) 10:52:48.40 0
うちも介護関連のお金のトラブルあったわ
もう解決したけど

義母が病気をして、後遺症が少しだけ残った
左側に少し麻痺が残り、腕があがりにくい等で
布団のあげおろしや洗濯物を干すのが困る、という程度ではあったんだけど
念のため、ということで介助することになった

このページのトップヘ