浮気・不倫

815: 名無しさん@おーぷん 2016/07/12(火)09:49:02 ID:u08
修羅場ってわけじゃないかもしれないけれど。もう何年も前の話。

私が中学生の頃に父が浮気した。
浮気バレの発端はポストに入ってた手紙。幼児~小学生低学年ぐらいの絵で3人の人が描いてあって、それぞれに「○○(うちの名字)さん」「××(浮気相手の子供の名前)」「お母さん」と書いてあった。
その時は疑問に思いつつも母や私達兄弟もさほど気にしてはいなかった。私が知らなかっただけで父には話してたのかもしれないけれど。

本格的にバレたのはそれから数ヵ月後。その頃は祖母(父の実母)が死んで一年経つか経たないかだったからか、父が祖母の実家に泊りがけで掃除したり管理したりが多かった。
私は部活で帰りが夕方というのもあり、何故本格的にバレたのかはわからないのだけれど、ある日、兄(当時大学生)や弟(当時小学校低学年)ではなく、私だけ唐突に母から呼び出された。

居間に向かってみると父が床に正座、母仁王立ち。そして開口一番「お父さん浮気してたんだよ!」
どうやら祖母の家に行くと言いながら浮気相手とランデブーしてたらしい。
その後何事かと部屋を出てきた兄にも説明し、黙り込む父とふじこふじこしながら家を飛び出す母。泣き出す弟と私、呆然とする兄を置いて母の後を追いかける父。

兄になだめられながら一、二時間ほど。半泣きの母を連れて父帰宅。とりあえず2人に触れないように兄弟そろって部屋に戻り、適当に風呂を済ませてその日は終了。
結局離婚って話には成らなかったから良かったんだけど暫く母の家飛び出しグセがつくようになった。大抵その日のうちに帰ってきてたんだけどね。あと今では落ち着いてます

205: 名無しさん@おーぷん 2015/12/18(金)20:09:38 ID:THx
もう何もかもが嫌になった
旦那と結婚して5年、共働きだったけど激務の夫は家事をする暇が無いので、全部家事は私。
頑張ってる旦那の為にと苦手な料理を義母や料理教室で学んで、毎日毎日リクエストされた具材の弁当を作り、
旦那が社内虐めを受けて退職し、休職したときはダブルワークで頑張った。
労わった努力が実って、旦那に笑顔が戻った。
ありがとう。愛してるよ。また頑張るね!と言われたときは本当に嬉しかった。

旦那の転職先のぽっと出の若い女の子に奪われたよ。
若くて子供も産める女の子との方が将来性を見い出せるんだって。
私が捨てられた理由は「不妊」
確かに結婚関係を築いていく上で不妊は致命的だよね。
選択小梨なら問題ないと思うけど、私達夫婦はなかなか子供ができなかった。

555: 名無しさん@おーぷん 2015/08/11(火)12:29:55 ID:may
父親が不倫相手を家に連れてきたときが修羅場。
激務の父が久々に夕飯どきに帰れるってことで部活休んでケーキまで焼いて、
父の好きな料理ばかり並べて、馬鹿みたいだった。

連れてきたのは姉と歳が4歳しかかわらない柔らかい雰囲気の綺麗なお姉さん。
父と同じ会社の新入社員で、始終泣きそうな顔してうつむきぎみ。
涙かけらも出てないのに。
子供の私から見ても演技くさいし、何を被害者ぶってんだよと感じたけど、
父は彼女を守る正義のナイト気取りでなんか偉そう。
二人とも加害者のくせに。

父と不倫女は離婚前提の話しかしなかったんだけど、母は当時専業主婦。
「俺は激務だから家のことは手伝えない、養うから専業主婦で頼む」
と頼まれて、私達が生まれる前に仕事を辞めたらしく、
再就職も厳しいし、しても私達を養えないと思ったのか、離婚をためらっていた。

父は高圧的に離婚の話を、母は「子供の前でやめてください」とおろおろ。

沈黙が続いたときに不倫相手が姉へちらっと目線を送ってからケーキを見て、
「可愛らしいケーキですね」と気遣うような優しい口調で呟いた。
その瞬間姉激怒。
「お前のためにつくったんじゃねーよ!帰れ!」と叫んだ。
それを聞いて「なんだその態度は!謝りなさい!」と激怒する父。
「私は大丈夫だから…ごめんなさい」と泣きそうな顔で姉に謝る不倫相手。

殺しにかかりそうな姉を全力で止めてたら、冷静になった母が、
双方の親を呼び出して日を改めようと話をしめた。
父は私達をひとにらみしたあと、記入ずみの離婚届をバンッとテーブルにおき、
不倫相手の肩を優しく抱きしめて車で送っていった。
不倫相手は振り返って姉をちら見したあと頭を軽く下げていた。

あんな挑発の仕方があることに、
姉を羽交い締めにしながら衝撃を受けた。

鬼みたいな顔した姉と片付けをしていたら、警察から電話。
父がラブホ街で交通事故を起こした。

その事故のせいで父は障害者になった。
肩と手を縫う程度の怪我の不倫相手は即日会社を辞め、一度も父の見舞いに来ず、行方不明に。
しかも父が貯金(数千万円)を全て不倫相手にあげてしまっていた。
父は不倫相手のために色々やらかしてたらしく、会社を解雇された。

母は実父母と義父母に経緯を話し、離婚届を出した。
慰謝料がわりにもらった家を売り飛ばして、私達は母方の実家に引っ越した。

父は無職の障害者になり、実の両親からも疎まれながらリハビリしている。
父方の祖父母は父を介護(デブだしな)するのが辛いらしく、
「最初の頃は不倫相手の名前ばかり(寝言で)呼んでたけど、最近はあんたらの名前を言うのよ」
とわけわからんフォローいれて私達と父の仲を取り持とうとする。

524: 名無しさん@おーぷん 2017/03/20(月)09:58:28 ID:9rX
結婚前の修羅場だけど。
取引先との食事会があって、そこで知り合ったひとつ年上の男性と意気投合。
食事会の後で知ったが、取引先の部長さんと私の上司が個人的にも仲が良く
「お互いに決まった人がいないなら似合いじゃないか」とふたりがこっそり画策した見合いだったらしい。
正式な見合いじゃなかったし、たまに「その後どう?」とか「順調?」とか聞かれる程度だったが
互いに上司が絡んでいるだけに、その年の暮れにはそろそろキチンとしようかって話になったが
年が明けたら3月一杯までは忙しいし、年度末決算が終わったらってことになっていた。
その話をした同じ日に、彼を親友A子に紹介した。
前から紹介しろって煩く言われてて、たまたまその日にお互いの都合が合い3人で食事した。
A子はかなり高評価してくれて私も嬉しかった。
が、翌年に入って繁忙期を終えかけた頃、彼の様子に今までと違う何かを感じた。
何がどう・・・って上手く言えないけど、強いて言うなら女の勘としか。
その違和感の原因は割とあっさり判明。
私の姉がA子と彼が手を繋いで歩いているところを目撃。
A子に直球で聞いたらあっさり認めた。
「彼とはもう他人じゃないから」と漫画みたいな臭いセリフが飛び出した。
紹介した時に一目惚れだったんだって。
声を掛けてみて乗って来なかったら諦める、乗ってきたら全力で奪いに行くと決めて
会社帰りを待ち伏せしたそうだ。
奪われたことより、その行動力への驚きの方が大きかった。
A子、性格は明るいけど男性に関しては奥手で、
これまで男性と1対1で付き合ったことがないと聞いていた。
婚活パーティに2度行ったことがあるらしいが、全く成果が無かったとも聞いてるし。
だから彼を紹介することへの不安とかは考えたことなかったの。
後で後悔しても遅かったけど。


150: 名無しさん@おーぷん 2016/09/15(木)12:04:34 ID:LLD
一時期元夫の現嫁がしつこく連絡してきた。アドを変えても番号変えてもして来た。
元夫とは、向こうの浮気+不倫相手の妊娠で離婚した。現嫁はその不倫相手。
でも彼女が期待したほど結婚生活はバラ色じゃなかったようで
義父母は彼女にも彼女の子にも会おうとしない、
近所には略奪婚なのがすでに知れ渡ってる、
引っ越したいけど慰謝料で貯金は空っぽ、
夫は結婚した途端冷たくなり子育ても手伝ってくれない…と
愚痴った挙句「だから、元夫さんとヨリ戻して!ガッポリ養育費払ってね!」との主張。
やなこった。

問題は新しいアドレスや番号を誰がこの現嫁に洩らしているかだった。

133: 名無しさん@おーぷん 2015/10/03(土)22:47:17 ID:JJu
あらかじめお断りしますが、詳細な事情説明はできませんのでお許し下さい。
共に30代前半。
結婚生活2年半。
子供無し。
去年の夏に夫の浮気相手が我が家に押しかけてきた。発端で夫の不倫が発覚。
まったく気づかなかった自分が情けないけど、結局、夫の不倫相手は未婚2人と既婚1人だったことが発覚。
私が実家に帰った直後に来た夫からのメールです。
本日ようやく離婚協議がまとまったので、厄払いに晒して鬱憤晴らしさせてもらいます。
では晒します。

896: 名無しさん@おーぷん 2017/09/08(金)12:39:51 ID:YeH
以前勤めてた会社で、同僚同士で不倫した人たちがいて、男性側の奥さんが会社に興信所の調査書を持って凸してきた
社内の風紀を乱したという理由で2人を懲戒解雇するように言ってきたのでその場で顧問弁護士呼んで対応してもらった
興信所の調査を見る限り勤務時間外の不貞行為だったので、懲戒解雇の理由には弱いと顧問弁護士がばっさり
実際社内で2人が不倫してたことを知っていた人は誰もいなくて(知ってても黙ってただけだろうけど)
風紀を乱したという理由も弱く、会社から退職を推奨するのがよいと結論付けた
奥さんが納得してくれなくて大変だったけど、顧問弁護士が
「依願退職なら退職金が出るからそれを慰謝料として取ればいい、自分の知り合いの弁護士を紹介しますよ」
と言ったら引き下がってくれた

と思ったけどやっぱり納得してくれなくて、奥さんが会社の周囲や最寄り駅でビラを配り始めた
不倫した2人の顔写真と会社名をでかでかと印刷して
「○○社は不倫する人間を守るような会社です」
って書いてあってビビった
顧問弁護士から奥さんに警告してもらったけどやめてくれなくて、むしろ広範囲に貼り出したりしたから
しかたなく奥さんを名誉毀損で訴えることになった
それに便乗したのか、不倫した2人も名誉毀損で奥さんを訴えた
会社とは裁判が始まる前に条件付で示談が成立したけど、不倫した2名とはそのまま裁判になった
同時並行で奥さんと同僚が調停→裁判して離婚したと聞いた

2年くらいして奥さんがいきなり会社に凸してきて色々話していったんだけど
・裁判で離婚して財産分与のほかに慰謝料を取ったけど、子供なしで結婚生活半年だと雀の涙だった
・名誉毀損の裁判で負けてわずかだけど慰謝料を支払った
・しかし結局弁護士費用でマイナスになった
・やりすぎだと近所で冷たい目で見られて地元にいられない
・転居費用が捻出できないから会社の責任ということでなんとかしてくれないか

最初のうちはかわいそうだと思って聞いてたけど最後ははぁ?だった
社員のプライベートまで管理できないし、そこで不倫してたとしても会社としてはどうしようもない
2人とも別々の部署で勤務中に接点がまったくなく、会社の管理責任なんてないって話だし
というかすでに2年前に退職推奨したのを受けて2人とも自主退社してるし、そのときに2人には規程どおりの
退職金を支払ってるし・・・
3時間ほど延々と泣き続けられて、その後もたびたび凸されて、気の毒だけど対応するこちらも大変だった

292: 名無しの心子知らず 2015/06/08(月)15:45:38 ID:Xqq
夏が来て脱毛のCM見ると思い出す修羅場

新卒で入社した会社で同じ部署のA子、B子と仲良くなった。入社して3年ほどした頃、私に同じ社内に彼氏ができた。
するとA子が「私も彼氏ほしい。彼氏さんの友達紹介して」ともちかけてきて何度か合コンをした。
アドレス交換などしているけど、なかなか上手くいかないな~なんて思っていたらB子が
「私ちゃんは彼氏と上手くいってるの?」と聞いてきた。
私だけが知らなかったみたいで、彼とA子がラブホから出てくるのを目撃されていて噂になっていた。
彼とA子を呼んで話し合いをしたら
「私ちゃんが羨ましかった。彼女の友達でもいいから親しくなりたかったの」
「私ちゃんに悪いと思ったけど、待ち伏せして悩みを聞いてもらう口実で食事を何度かしてたらもう気持ちが抑えきれなくなって
一度でいいから彼女にしてください!って今夜だけでいいからっておねがいじだんでずぅ~」
他のお客さんもいるファミレスで号泣された。
「彼は悪くないの!私(A子)が悪いの!」「好きって気持ちを隠せなかったのおおお!」
って、ずっとA子の酔いしれ言い訳で時が流れ、彼はうなだれてるかと思ったら
「A子ちゃんだけが悪い訳じゃない。俺が卑怯なんだ…」お前も酔いしれかよ。ってばかばかしくなって
「二人、お似合いじゃん。じゃあね」ってさっさと席を立ったんだけど、どっちも私を引き止めず
外に出て窓際席にいる奴らをチラっと見たら、並んですわって彼がA子の肩を抱いてて、もう最高に惨めだった。


【元夫視点】
←今読んでるのはこちら
【妻視点】



2: 絶望のサレ 2014/05/17 09:59:41 iNJOxWenR
恐らく長くなるけど勝手に書き始める。

4年前に妻と離婚した。理由は相手の浮気。
それまで倦怠期と言うものもなく、仲良くやって来たつもりだった。
発覚は奇妙にも「勘」だった。俺の。友人にも相談した。やはり思い違いだと言う人ばかりだった。

しかし、一人だけ高校以来の友人だけが「調べてみたら?」と。
自分は何か心理面での問題じゃ無いのかなと感じていたし、5年目でも夕食を作り家で待っていてくれ、朝も帰りも出迎えてくれた、そんな嫁がそんな筈は無いと言った。
ただ彼の目が据わっていたので、じゃあと、興信所を使った。黒だった。

295: 名無しさん@おーぷん 2016/02/20(土)20:26:12 ID:9AI
私の元夫は自宅に相手を連れ込んでの浮気をした。
当時、元夫は転職に失敗して事実上無職状態。
(就職はしていたけど仕事は一切ない状態)
生活費の他にローンだの元夫母の病院代だのがあり
私はシャカリキになって働いていた。
その出張中に連れ込んだ。
正直言って私ももう愛情は冷めていた。
だから元夫完全なる有責で離婚できるのは朗報だった。

なんで連れ込みがバレたかというと、
現場を見たのではなく相手が痕跡を残しまくったから。
元夫が私の悪口を言いまくったせいもあり、
私にマウンティングするつもりでやったんだろうけど
それが、その痕跡がね、超きったないw

このページのトップヘ