浮気・不倫

459: 名無しさん@おーぷん 2015/12/29(火)19:59:19 ID:3Ki
昔、婚約者に捨てられた。
相手が2歳年上で大学生の時から付き合ってました。私が25歳の時に結婚について話し合ったのだけど、婚約者に
「仕事のことがあるし、俺が30歳になったら結婚しよう。」
と言われて、それに私もオーケーしました。
私も結婚までに頑張って貯金しようと、仕事を頑張ってたけど、約束から2年後に婚約者の浮気を知りました。
結婚の約束をする前から浮気相手と付き合っていたらしく、付き合い始めてからは4歳下の浮気相手が本命で、私はキープだったらしいです。
「28歳なんてオバサンだし結婚した時に新鮮味がないのが嫌。そんな奴養いたくないし、一緒に暮らしたくもない。」
「今思えば、あんまり好きでもなかった。」みたいな事を面と向かって感情的に言われた上、浮気相手からもさんざん罵倒されました。色々としたに見られていたことも分かって疲れてしまい、結局お金だけもらって別れました。
その後、少し病みかけたりもしたのですが、職場の人や友人が励ましてくれたのでなんとか持ち堪えてはいました。

296: 名無しさん@おーぷん 2015/12/23(水)04:50:36 ID:aYP
(長文になるので苦手な人はスルーしてください)

前に、何処かに書きこんだ事あるが、俺の父親はどうしようもない糞だった。
愛人作って母親を泣かしまくる屑だが、地元ではとにかく人望がある。
そんな父親に愛想を尽かして、母親は妹と出ていった。
残った俺は、大学進学と同時に母親の下へ引越。
ついでに戸籍も抜いていた。
大学を無事卒業して、就きたい職にも就けて、婚約者も出来た。

しかし婚約者が、俺の携帯に来ていた父親からのメールを見て、
結婚式に父親を呼ぼうとか言いだした。
理由は、俺が地元に帰って父親の仕事を継げば、自分が社長夫人になると唆されたから。
その時、義両親になる人も巻き込んで散々揉めた末、
結婚式はキャンセル料を婚約者持ちで延期、母親は引越、妹と義家族になる人達も携帯の番号を変えて貰う事になった。

その後、改めて結婚式をするか……という頃になって、婚約者がふさぎ込むようになった。
俺も仕事が忙しくてあまり構ってなかったし、婚約者もマリッジブルーで不安になっているのかな? と、呑気に思っていた。
そんな時、偶々婚約者のクレカの明細を見てしまった。
そこには妙に高いJRのチケットがあった。
俺と旅行に行った訳では無い。友達との旅行の話も聞いていない。出張(で電車代を立て替えた)とかそういう話も聞いていない。
そして、その金額には何となく見覚えがあった。
嫌な予感がした俺は、こっそり地元に探りを入れてみた。
そしたら最悪の予感が的中した。
婚約者、俺の父親と会っていた。
しかも、父親と産科にまで行っていた。
(この辺の情報は全て地元の親友から聞いた)
(地元では父親の新しい嫁はずいぶん若いと評判になっていたようだ)

そこから再び大揉めに揉めて、婚約は破棄。
婚約者は泣きながら、別れたくないと言っていたが、
俺の実の父親と関係をもった挙げ句、(父親との子供を)堕胎した婚約者との結婚は流石に無理と、
きっぱり断った。
そしてブチ切れた俺は、父親にも慰謝料を請求。
俺相手に慰謝料を払う気の無い父親はバックレようとした。
だから弁護士を雇って調停まで引っ張り出した。
その結果、息子の婚約者にまで手を出した外道という事が地元で知れ渡り、
父親の人望は一気に失墜。
客商売をしていたが、その件で地元の客も一気に足が遠退いて、
借金が加速度的に膨らんで自己破産をした。
家も店も全て売り払って、それでも返せない借金からバックレる為に失踪した。

その所為で一時期、俺や妹のところまで借金取りが来たが、
弁護士に依頼して全て追い返して貰った。

婚約者は、その後俺との復縁を望んでストーカーになって、
俺の周りにいる女性(主には会社の同僚)に『私は俺君の婚約者だ、俺君に近づくな』って手紙を出しまくった上、
会社にまで乗りこんできて(カバンには包丁が仕込んであった)大きな騒動になったから、
結局、俺が会社を辞める事になった。

251: 名無しさん@おーぷん 2015/12/20(日)18:36:42 ID:KmT
母同士が幼馴染みで、赤ちゃんの頃から兄弟のように育ち、
年頃になり互いを意識して付き合うようになった幼馴染みの彼。
その彼の祖父が事故で大怪我をし介護が必要になり、
私は彼と彼両親、彼祖父母のお願いもあり、介護に関わるようになった。
結局その事故の怪我が原因で彼祖父は5年もしない内に亡くなってしまった。
仕事を辞め、慣れない介護で腰を痛めてしまったが、
祖父母の居ない私には本当の孫のように可愛がってくれる人達で、
介護に関われたのは幸せだと思っていた。
介護の合間に彼祖父母から昔話を聞いたり、
秘伝の漬け物の作り方を教えてもらったりと楽しかった。
亡くなる前に孫達(私)の花嫁姿が見たいと言われ、
彼と二人で仮衣装を着て彼の家で一緒に写真撮影をした。
「○(彼祖母)さんが嫁に来てくれたとき、○(彼母)さんが息子の嫁にきたときを思い出すねえ」
と彼祖母に手を握られながら幸せそうに話す彼祖父に私号泣。
彼も「じーちゃん達みたいな夫婦になるから安心してよ」と言っていたのに。

205: 名無しさん@おーぷん 2015/12/18(金)20:09:38 ID:THx
もう何もかもが嫌になった
旦那と結婚して5年、共働きだったけど激務の夫は家事をする暇が無いので、全部家事は私。
頑張ってる旦那の為にと苦手な料理を義母や料理教室で学んで、毎日毎日リクエストされた具材の弁当を作り、
旦那が社内虐めを受けて退職し、休職したときはダブルワークで頑張った。
労わった努力が実って、旦那に笑顔が戻った。
ありがとう。愛してるよ。また頑張るね!と言われたときは本当に嬉しかった。

旦那の転職先のぽっと出の若い女の子に奪われたよ。
若くて子供も産める女の子との方が将来性を見い出せるんだって。
私が捨てられた理由は「不妊」
確かに結婚関係を築いていく上で不妊は致命的だよね。
選択小梨なら問題ないと思うけど、私達夫婦はなかなか子供ができなかった。

524: 名無しさん@おーぷん 2017/03/20(月)09:58:28 ID:9rX
結婚前の修羅場だけど。
取引先との食事会があって、そこで知り合ったひとつ年上の男性と意気投合。
食事会の後で知ったが、取引先の部長さんと私の上司が個人的にも仲が良く
「お互いに決まった人がいないなら似合いじゃないか」とふたりがこっそり画策した見合いだったらしい。
正式な見合いじゃなかったし、たまに「その後どう?」とか「順調?」とか聞かれる程度だったが
互いに上司が絡んでいるだけに、その年の暮れにはそろそろキチンとしようかって話になったが
年が明けたら3月一杯までは忙しいし、年度末決算が終わったらってことになっていた。
その話をした同じ日に、彼を親友A子に紹介した。
前から紹介しろって煩く言われてて、たまたまその日にお互いの都合が合い3人で食事した。
A子はかなり高評価してくれて私も嬉しかった。
が、翌年に入って繁忙期を終えかけた頃、彼の様子に今までと違う何かを感じた。
何がどう・・・って上手く言えないけど、強いて言うなら女の勘としか。
その違和感の原因は割とあっさり判明。
私の姉がA子と彼が手を繋いで歩いているところを目撃。
A子に直球で聞いたらあっさり認めた。
「彼とはもう他人じゃないから」と漫画みたいな臭いセリフが飛び出した。
紹介した時に一目惚れだったんだって。
声を掛けてみて乗って来なかったら諦める、乗ってきたら全力で奪いに行くと決めて
会社帰りを待ち伏せしたそうだ。
奪われたことより、その行動力への驚きの方が大きかった。
A子、性格は明るいけど男性に関しては奥手で、
これまで男性と1対1で付き合ったことがないと聞いていた。
婚活パーティに2度行ったことがあるらしいが、全く成果が無かったとも聞いてるし。
だから彼を紹介することへの不安とかは考えたことなかったの。
後で後悔しても遅かったけど。


815: 名無しさん@おーぷん 2016/07/12(火)09:49:02 ID:u08
修羅場ってわけじゃないかもしれないけれど。もう何年も前の話。

私が中学生の頃に父が浮気した。
浮気バレの発端はポストに入ってた手紙。幼児~小学生低学年ぐらいの絵で3人の人が描いてあって、それぞれに「○○(うちの名字)さん」「××(浮気相手の子供の名前)」「お母さん」と書いてあった。
その時は疑問に思いつつも母や私達兄弟もさほど気にしてはいなかった。私が知らなかっただけで父には話してたのかもしれないけれど。

本格的にバレたのはそれから数ヵ月後。その頃は祖母(父の実母)が死んで一年経つか経たないかだったからか、父が祖母の実家に泊りがけで掃除したり管理したりが多かった。
私は部活で帰りが夕方というのもあり、何故本格的にバレたのかはわからないのだけれど、ある日、兄(当時大学生)や弟(当時小学校低学年)ではなく、私だけ唐突に母から呼び出された。

居間に向かってみると父が床に正座、母仁王立ち。そして開口一番「お父さん浮気してたんだよ!」
どうやら祖母の家に行くと言いながら浮気相手とランデブーしてたらしい。
その後何事かと部屋を出てきた兄にも説明し、黙り込む父とふじこふじこしながら家を飛び出す母。泣き出す弟と私、呆然とする兄を置いて母の後を追いかける父。

兄になだめられながら一、二時間ほど。半泣きの母を連れて父帰宅。とりあえず2人に触れないように兄弟そろって部屋に戻り、適当に風呂を済ませてその日は終了。
結局離婚って話には成らなかったから良かったんだけど暫く母の家飛び出しグセがつくようになった。大抵その日のうちに帰ってきてたんだけどね。あと今では落ち着いてます

698: 名無しさん@おーぷん 2016/02/17(水)13:24:52 ID:vjE
これから頑張るという決意表明。長いから嫌な人はスルーしてね。
夫が不倫した。私が双子妊娠して、経過が悪くて初期から入院が多く、さらに難産め、そして産後もヘロヘロだったことで、寂しかったからが理由。
うちの子が産まれる少し前に相手の女性も妊娠していて、ただし一人で経過は順調、ギリギリまで普通に残業も出張もしながら働いて産休に入って、するっと産まれたらしい。産後も床上げ後からすぐに家事も完璧にこなしたらしい。
それを見ていた元夫は、いつも疲れきってご飯も魚や肉焼いただけと味噌汁サラダで暗い顔している私より、いつも元気で明るくご飯も毎日違うメニューでおいしい不倫相手と生きていくことを決めたらしい。
で、離婚。もうもめる力も無くて、とにかく子供たちに不利にならないように金銭面だけは頑張った。
そしたら、うちの両親が略奪婚だったことを知った。

474: 名無しさん@おーぷん 2016/02/08(月)20:21:35 ID:uEB
デモデモダッテ状態が急にすっとひいて完全に目が覚めたときの行動力が、我ながら凄かった。
元旦那は義実家を巻き込んだ旅行が大好きで、そのプランや予約は決して自分からはやり始めない。
「やり始めない」と言うのは、まず最初に私に丸投げして後から全て元旦那案になるということ。
家を出る時間から帰宅時間に至るまで、私に計画をたてさせて何度も何度もやり直しをさせられ、それを1週間繰り返して、次こそは大丈夫かなと思った矢先で
ぽっと出の元旦那案で決まる。たまに元コトメ案。
2年間その繰り返し。最終的に元旦那案になるなら何故最初に私に丸投げするのだろう。
ちなみにその旅行に私は参加できない。周りからは散々離婚を勧められていたにも関わらず、究極のデモデモダッテ状態に陥っていて2年も奴隷状態。

229: 名無しさん@おーぷん 2015/10/09(金)10:20:38 ID:2Ne
旦那がリストラされてから離婚をするまでずっと修羅場だった。

私も働いているから生活には困らないけど、
旦那はリストラされたことを愚痴りつつネトゲにはまった。
就職どころか短時間のパートさえしない。

カウンセリングに連れていこうとしたら「人をキチガイ扱いすんな」とキレる。
義両親に相談しようとすると「俺のプライドを考えてくれ」と泣きついてくる。
しばらく仕事を休んでていいもいいけど、最低限の家事はしてほしいと頼んだが一切やらない。
ネトゲしかやらない。

働いて帰ってきて、二人ぶんの料理作って、
二人ぶんの洗濯して、二人ぶんの掃除して、仕事の準備してたら深夜過ぎる。
朝は早くから朝食と昼食二人ぶん作り、掃除洗濯を済ませて出勤。
夜を求められても疲れすぎて無理。

291: 名無しさん@おーぷん 2017/07/27(木)17:12:51 ID:px6
よくある話っちゃそうなんだけど、新入社員の頃に付き合ってた男が既婚者だった
彼といちゃついてるところに嫁さんと子供に家に乗り込まれて発覚
彼とは街コンで知り合ったんだけど、実は単身赴任中だったというオチ
すぐには信じられなくて、どういうこと?って繰り返してたのを見た奥さんが冷静になって
「あんたもだまされたのね」とかえって同情してくれたくらい
「あなたにはこれから未来がある。これから結婚もする。そのときのために必要になるから」
って奥さんのほうから言ってくれて、弁護士入れて文書作って少しだけど慰謝料もとった
お子さんのためにと奥さんにお金を渡そうとしたら丁寧にお断りされて
「これからはお互いに悪い男に捕まらないように注意しましょうね」
って言われて2人でちょっと泣いた

それから2年後に上司の紹介で親会社の男と付き合った
今度は身元もしっかりした男だから大丈夫!と思って親にも紹介したのに浮気された
しかも相手は既婚者らしいって情報があったので弁護士連れてその人の家に行ったらあのときの奥さんだった
2人ともびっくりしたし、弁護士もびっくりしてた
↑弁護士のツテがなかったから前の男のときの弁護士を頼ったのでw
元奥さんのほうが既婚者と知らずに付き合ってしまったとか
「せっかくバツイチ子連れでも再婚できると思ったのに。私たちはとことん男運がないらしい」
ってすごく泣いてて気の毒だった

それからお互い独身のままで暮らしてるけどもう結婚できる気がしないなーって思ってたら
元奥さんから再婚するって連絡が来た
今度は興信所で身元を調べて独身だって確信してるし浮気をするタイプでもないらしい
「あなたも諦めないで!」ってお茶せっけんのCMみたいに言われてちょっと笑ったら元気出たw

このページのトップヘ