セコママ・泥ママ

547: 名無しの心子知らず 2012/03/14(水) 00:03:09.52 ID:bQJ+4OmM
私は昼間は布おむつを使ってる。子のオムツカバーが小さくなったから、
誰か欲しい人がいれば、お古でよければあげるという話をママ友Aにした。
数日後、ママ友Aのママ友Bの妹というまったく知らない人(以下セコ)が現れた。
ママ友の紹介もなくイキナリ!?と思ったが、オムツカバーをあげた。

さらに数日後、セコ夫婦が不良品のおむつ渡しやがって!と怒鳴り込んできた。
紙おむつしか使ったことないセコは、布おむつ=オムツカバーと思い、
カバーをそのままあてれば、使えると思ってたんだとか。
何度でも使えるって聞いたしタダだと思ったのに騙された!とかなんとか。

布おむつの使い方を説明したら、そんなのわかんないわよ!とセコ逆ギレ。

72: 名無しの心子知らず 2017/03/03(金) 18:27:17.36 ID:te+rXSdp
ちょい長いけど吐き出させて。

手芸が苦手で手作りしないといけない幼稚園グッズに困っていた私。
幼稚園からは業者に頼んでもいいと説明あったから最初は業者に頼もうとは思ってたんだけど、
周りのママたちが我が子のために自分で作ると盛り上がっていて、私もその雰囲気に流され
業者ではなく自分で作ることを決意。
そして入園が決まって作ったよ。頑張ったよ。少し旦那にも手伝わせたけど。
入園前なのに、子供も喜んでくれて公園行くときとかにレッスンバッグを持ち歩いてた。
汚れてももう作らないよと何度言ってもいうこと聞かないけど、喜んでいるので私も嬉しくて
大目に見ていた。
プレとか児童館とかで仲良くなっていたママにも子供が見せていたんだけど、
普段あいさつ程度しかしたことないママから話しかけられた。
要約すると「素敵ね、上手ね、うちの子にも欲しいわん」

84: 名無しの心子知らず 2013/04/04(木) 18:37:33.76 ID:SyrZ9bzU
キチママ関連だからここであってるかな。

隣に居た親子客(子供4人連れの旦那らしき人不在)のマナーが本当に酷かった。
店の中を全力疾走したり、客の席に行ってちょっかいかけたりやりたい放題。
パフェを頼んだ客のところに行ってちょうだい!ちょうだい!と駄々こねて叫ぶように大泣きしたりしてるのに親は無視してずーっとスマホ。
何が怖いかっていうと変声期迎えてる小学校高学年くらいの男の子が駄々こねてたってとこ。

それを見ていたうちの息子もマネして食事中なのに立って走り回りたいとベソかき始めたので「恥ずかしい人のマネしないで静かに食べなさい!」と叱り付けました。
隣のバカママさんに「こんな所で怒鳴りつけたりしてるアンタのが恥ずかしいよpgr」と言われカチンと来たので
「(あなた達の子供みたいに)恥知らずになって欲しくないから叱ってるだけですうー」と反撃した。

私達が食べ終わって一息ついてた頃に、パフェを取られた客が「パフェ代はそっちで支払ってくださいね」とバカ親子席に伝票を差し出した。
パフェ3つ全部奪って食べたので合計2250円。(1つ750円)
なんでうちが!アンタ達が頼んだんでしょ!?と吠え出したが
「まだ手もつけてないパフェをお宅のお子さん達が全部強奪して食べちゃったんですから当然でしょう」と言いそそくさと去っていきましたww
その後なんかグチグチ言ってて怒りの矛先が私に向けられ始めたが対して気にならなかったのでその後すぐ会計を済ませて帰りました。

680: 名無しの心子知らず 2012/04/04(水) 21:33:58.15 ID:9M0mcjB5
ウチの子は既に小学校に入ってそれなり年数が経ってるんだが…
保育園の卒園アルバムが無い
正確には保育園側で用意してくれたヤツは有るんだが、父母会で
作ると言っていた卒園アルバムが無い
ある母親(A)が「私の知り合いにカメラマンが居るから卒園式の写真をお願いする」
と言って一人2000円集めて、その写真が仕上がり次第アルバムにして
配るみたいな話だったんだけど、いつまで待っても何の連絡も無かった

その保育園からは主に2つの小学校に分かれて進学してるけど、卒園を機に
遠くに引っ越した子や離れた学校に行った子も居るのになぁ、と思いつつ
ウチの子はAの子と同じ小学校なんで、会う機会が無い訳でも無いし
機会が有ったら渡そうと思ってるのかな、なんて思ってるウチに数年が経過

571: 名無しの心子知らず 2012/03/14(水) 12:33:51.17 ID:A4BN8cM6
近所のお宅に娘さんが小さいころに使っていた自転車がある。
うちには幼児がおり、ちょうど良い大きさ。
そのお宅はもう使わないのでうちで使わせてもらえないかと尋ねたら二つ返事でOK。

約束して引き取りに行って驚いた。
何の手入れもしていない。
タイヤはパンクしているし、車輪もさびが。
サドルは何箇所か破けているしベルもないしスタンドもついてない。

う~~ん??
普通乗れるようにしておくよね?
仕方ないので持って帰ったけどビックリした。
粗大ごみが無くなってやった!って感じなのかね。

370: 名無しの心子知らず 2012/03/26(月) 22:41:11.29 ID:LZ0dgnmK
初めて書き込みます
誤字脱字があったらすみません

私は一人暮らしの毒です
最近TVでも見掛けるようになった
「ロリータファッション」と言われている
フリフリした服を売っているショップで働いています

今日、久しぶりに大掃除をしてクローゼットを整理しました
窓を開けてクローゼットから全部の服を出し
置き場が無かったのでカーテンレールに洋服を何点かかけて
拭き掃除しているとドアをドンドン叩く音がする
「ちょっと!開けて!」という声がするけど聞き覚えが無い
そっと覗き穴から覗くと見知らぬおばさんが立っている
ドアを開けずに「なんでしょうか?
セールスはお断りですが」というと
「レースが沢山ついた服が外から見えた
今度結婚式に行く、うちの姫に着せたいからくれ」
というような事を早口で話してました

219: 名無しの心子知らず 2012/03/23(金) 10:38:47.34 ID:oRqPc0hQ
行き着けの美容室は、大人がカットしてもらえば、同伴の小学生以下の子ども一人無料。
キッズスペースも充実していて、親子で通いやすいから親子連れが多い。
昨日、3歳娘を連れて美容室に行ったら、一組の親子に声をかけられた。
「その子も切るの?」と、聞かれたので「はい」と答えたら
「そんな小さい子なら、ママカットで十分じゃない?かわりにこの子を一緒にカットしてもらってよ。
その間、子守してあげるから」と。
「いやですよ。来月入園式なんで、ちゃんと切ってもらいたいんです」と反論したら
「うちの娘は来月入学式なの!幼稚園の入園式より、小学校の入学式の方が重要でしょ!」
「入学式が重要なら、親御さんがちゃんとお金払って切ってもらうべきでしょ」
と、反論していたところで、店内から店員さんが出てきて

571: 名無しの心子知らず 2012/04/02(月) 22:27:04.21 ID:UIqYbygt
息子が先月幼稚園卒園したんだけどさ、
制服のお下がりくださいって言ってきた年少ママA。
もう他のお宅にお下がり行き先決まってるからごめんなさいね。って断ったの。
その時はすんなり分かってもらえた感じだったのに
数日後から「Aさんがお下がりもらえないか聞いてみてだってー」って複数人から言われる。
これが制服クレクレか。
直接断っただろうが。人を使うなばかたれ。
公園とかで顔合わせると私に直接言ってこないで、偶然居合わせたママに耳打ち?して言わせてくる。

261: 名無しの心子知らず 2012/03/24(土) 17:26:42.16 ID:JjgeIBnj
遠距離住みの姪の誕生日に、ネット通販でアイス詰め合わせを送った
しかし、うっかり後払いの振り込み用紙の送付先を送り先と同じにしてしまったらしく義姉から電話がかかってきた
「あなたって昔から浅ましいことするわね、お金ないなら送ってこないで」と
即姪宅の近所住みの母にアイスごと振り込み用紙を引き取りに行って貰った
義姉はアイスは置いてけと喚いたらしい
姪にメールで伝えたら謝られつつ、実家で好きなアイスが沢山食べられたことを喜んでた
毎年義姉が送ったアイスの大半を姪を押し退けるようにバクバク食ってたらしい
今後姪宛の贈り物は実家に送ろうと思う

817: 名無しの心子知らず 2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:xgJtPDOv
流れ読まずに申し訳ないけどキチママに出会ってしまった。
若干フェイク入れてる。

先週、友達と前から計画してたBBQをやった。
女ばかりなんだけどこれでもかってくらい肉もお菓子も用意した。
それと私のアパートがBBQの場所のすぐ近くで、アイスや肉なんかもそこで冷やしてた。
そしてやっぱり夏休みなので家族連れが多くて、予約した場所のすぐ隣でも小学生くらいの子供を連れたママたちがBBQの用意をしてた。

こっちはアウトドア系サークルの子がいて設営もさくっと終わったんだけど、少し先についたらしいママたちはなんだかものすごく手間取ってた。
それを見かねて何人かで「お手伝いしましょうかー?」って声を掛けた。
物は揃ってたから準備はすぐ終わったんだけどママたちはなんだかやたらと注文を付けてくる(鉄板と網はこう並べてくれとか)
それに少しもやっとしながらも自分らが言いだしたことだしとそれなりにリクエストには答えつつ準備を終わらせた。
そうこうしてるうちに残ってた子が肉を焼いててくれて、戻った時にはちょうど食べごろだった。
そこに「あのー」っと一人のママが近づいてきた。

このページのトップヘ