修羅場

97: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)11:13:09 ID:BOe
昔々の話で当時はTVにも取り上げられ結構騒がれた。
その事件当時私は大学生だったんだけど、中学生の頃A,Bていうやつらに
ものすごくひどいいじめに遭ってたんだよね。
でも当時いじめ事件といえば、被害者だけが有名になりどんないじめを受けていたのかを、
事細かに面白おかしく書かれたり公表されるだけで、今みたいにネットで加害者や先生関係者が特定されてさらされたり、
なんてことはなく、まあPCもDOSだなんだといってる時代だから仕方がないんだけどね。
そしてある夏の日に元同級生(いじめられ仲間)だった奴から電話がかかってきた。
電話の向こうでは何人かの話し声と、誰かが泣いて謝ってるような声がうっすら聞こえてた。
いじめられ仲間だった奴に「なあ、A,B今ここでしばきまわしてんだけど、お前も2,3発殴っとく?」
て言われたんだけど、なんか電話の向こうでうっすら聞こえる声が怖かったので、俺は返事ができなかった。
しばらくすると、「やっぱ気にせんで。電話なかったことにしてくれや。」と言われて切れた。
中学の時は虫も殺せないようなおとなしい奴だったのに、不良になっちゃったんかなあ。
とか考えてもうそのこと自体忘れてたら、ある日警察から電話があった。
A,Bがずいぶんとひどい暴行を受けてコロされて、犯人の自供の確認を取っているということだった。
俺は一瞬俺が疑われてるのかと思ったんだけど、そうではなくて動機の解明ってやつで、
俺たちがされてたいじめがどんなにひどいものだったのかを確認に来ただけだった。
俺は正直にどれだけひどいいじめだったかを伝えた。
警察はいじめの話を聞くと、ため息をついて帰って行った。
結果、元同級生は集団でA,Bのリンチサツ人の主犯として捕まった。
残虐な犯行だということでタヒ刑を求刑された。
執行されたという話は聞かないので、まだ塀の中にいるのかなと思う。
元同級生の家族はどこかに引っ越していってしまったからもうよくわからない。
でも、TVなんかでは不良同士の対立という事だったけど、誰だってあんなひどいいじめを受けたら
あんな風になってしまうと思う。
実行はできなくてもタヒぬまで恨んで忘れられないと思う。
だって俺は今でもあのときたまたまいかなかっただけで迷ってたんだから。
たまにいじめられてた時の夢やいろいろごちゃごちゃした夢を見ると思いだす。
警察の人が来た時も修羅場だったけど、いまだに整理しきれないことがたくさんあって修羅場が続いてる気がする。

12: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)11:17:26 ID:nU8
息子が結婚しておかしくなった話。
俺、嫁(50代)息子(30代)息子嫁(20代)

娘が独り立ちし、息子が結婚し嫁とまったりしていたある休日の夜、嫁のケータイが鳴った。
息子嫁さんからだった。嫁が顔色を変えて「何か事故らしい。行ってくる」と言うため車で送った。
息子宅にて、布団に寝たまま動けなくなっている息子嫁を発見した。
高熱で3~4日前から寝付いていたと言う。
夜になって腰が抜けたように起きあがれなくなったが、時間が時間で救急車を呼ぶと近所迷惑になるかと案じ
嫁に助けてもらおうと電話したのだという事だった。
寝付いてから口に入れたのはスポーツドリンク1本と水のみ。固形食物はなし。脱水症状を起こしていた。
息子に電話したが、電源を切っているようで捕まらなかった。
息子と連絡が付いたのは翌日だった。

高熱の嫁さんを放ってどこへ行っていたと問い詰めると、
「自分がいると落ち着いて眠れないかと思い、ネットカフェにいた」と言う。
最初の1、2日は帰宅したが、息子がいると息子嫁が動かなくてはならない(家事等)と文句を言われ
気を利かせたつもりでネットカフェに避難したのだと言う。
息子嫁さんの食事については「うちは共働きで完全折半制。嫁の口に入れる物は嫁が買う」
「働かざる者食うべからず」と真顔で述べた。
わが嫁が息子を大説教し、息子は反省したようだった。

132: 名無しさん@おーぷん 2015/10/21(水)16:39:42 ID:m1i
男性は実子の命日を忘れるものなのでしょうか。
数年前に愛息子がタヒにました。昨年までは命日を覚えていたのですが、今年になって「すっかり忘れてた。上司と飲みにいく約束をしてしまった」と言われて呆然。
旦那の兄も十年以上前に亡くなっていて、義母は毎年何かしら行動していますが、義父はすぽーんと忘れていて義母に怒られています。
ちなみに旦那も旦那兄の命日を忘れます。旦那と旦那兄は年が離れていて、幼かった旦那は旦那兄の記憶がほとんど無いため、あまりピンと来ていないのかもと思っていました。
しかし愛息子の命日(土曜日)を忘れるのは許せなく、直帰するように伝えましたが(仕事は午前終了、墓参りに行きたかった)、飲み会を優先されました。
この飲み会は別に仕事絡みの大切なものではなく、気の合う上司と語り合う遊び感覚だと旦那本人から聞いています。
義母もかなり憤慨し、何故こんなところが父ちゃん(義父)に似たのかと旦那を電話越しで説教。
タヒんでまだ数年、生きていたら小学生になる年齢。旦那は来年小学生だったよな、ランドセルを買おうかと私の顔色を見て頓珍漢な事を言い出す始末。
息子は来年では無く今年小学生になる年齢だと言い返したら何も言わずに就寝。
数日後には記入済みの離婚届を渡された。いつまでも未練たらしくしていたら息子も浮かばれない、次を作ろうよ!でも君がグチグチ言うなら支えきれないと言われました。

203: 名無しの心子知らず 2014/03/31(月) 02:49:30.80 ID:0gsP1dJ0
私の妹が出産してキチに進化した。


妹はお互いバツ1の再婚で、九州の実家の近所に家を買って現在2歳半の娘と旦那と3人で暮らしている。
妹旦那はすきもので、妹が妊娠中に風俗に通っていたこともあり、それがバレ、
夫婦仲は最悪。ほぼ毎日喧嘩しているようだった。


一昨年の秋頃、関東に住む我が家(旦那と娘二人の4人暮らし)に
母と妹と妹子の3人で遊びに来てくれた。
その際、毎日のように妹旦那の悪口を聞かされた。
妹は妹旦那の名前は呼ばず、ゴミと呼んでいたくらい嫌っていた。
私としては妹旦那はもともと生理的に受け付けない顔の上に、
風俗通いしてたと聞いてますます気持ち悪いと思ってしまった。
それに妹夫婦は金銭的にも苦労しているようで、母によく援助もしてもらっているが、
それを妹旦那はラッキー♪くらいにしか思わない人なのでそういう所も嫌い。

ここまでが前提。

965: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)13:27:32 ID:n5u
自分は男二人兄弟の弟のほう。兄貴は俺の半年後に結婚した。
嫁と兄嫁は親族になるまでは面識のない他人だったが、今は親友のように仲がいい。
嫁が先に妊娠し、兄嫁は1ヶ月遅れて妊娠。うちは女の子で兄貴のところは男の子だった。
年始に実家に集まったときに、両親がいないところで妊娠中の夜の生活の話になった。
兄貴も俺も妊婦を労わって性交は我慢している。触ったり抜いてもらったりはしているが。そんなときに嫁と兄嫁が、
男の人の性欲はわからないが、妊娠しているあいだ、性生活がないのはかわいそう。
期間限定で風俗にいってもOKだよ~心がこっちにあればそれでいい!みたいな発言をした。
俺は本当に風俗を利用してしまったよ。嫁からOKが出たんだし。
でも兄貴は風俗に行かず、ひたすら抜きだけで我慢していた。
兄貴からはあのときの嫁達の発言は空気の読めない俺でも冗談だってわかったと言われ、
嫁からは常識で考えればわかること泣かれた。
風俗に言った件は悪かったと思ったが、嫁も嫁で風俗OKなんていう冗談を言うなんて最低だと思わないか?
両親・儀両親・兄貴夫婦全員が嫁擁護。そこまではわかるが、嫁の非は一切無いと言い張ってるから意味不明。
相応の金払って離婚するつもりだが、すごく腹が立つ。

918: 名無しさん@おーぷん 2016/01/10(日)16:40:51 ID:qWn
私が弟の縁談と就職を潰してしまった事。
弟と私は10以上離れていて、その原因の一端として私が小さい頃に大病をした事がある。
今は働くのに問題ない体ではあるけど、不妊なので独身。
最初に就職した会社はサビ残が毎日3時間以上という状況だったため退職後、非正規労働者として食い繋いでいるが実家は出ているし、もちろん仕送りしてもらったりはない。
というか思春期に不妊発覚して以来父親及び父方の親戚と険悪過ぎて実家にもほとんど寄り付かなかった。
弟の大学の卒業間近の時期に、婚約者を連れて実家に行くから、と私も実家に呼び出された。
そこで弟が婚約者の会社に入ること、そのために我が家にしてもらう事がある、と婚約者に言われ、プレゼン資料のようなものを出された。

760: 名無しさん@おーぷん 2016/01/07(木)13:09:00 ID:V2X
では私が20年ちょい前の修羅場でも語りますか。
といっても、修羅場だったと知ったのはこの年末なんですが。

まず20年前の話↓
うちの中学はとんでもなく荒れてて、いじめ、暴力、カツアゲは日常。
その中でひたすら習い事に打ち込むために酒もたばこもせず
髪も真っ黒な私はかなり浮いた存在。
ある日の帰り道、小学校では同じクラスだけど
中学では別のクラスになった女子にコンビニ前で
「○○(何かは忘れた)を買いたいけどお金が足りないから貸して」
と言われ翌日返す約束で貸した。
しかし翌日に彼女に返してもらおうとすると「今日は持ってない」
じゃあ翌日、さらに翌日。となって一週間。
その間に夜の帰り道に集団痴漢に遭って撃退したりしてた。
数日後、いい加減約束破られるのも腹立つし、
いつなら返せるのかと聞いたら一週間後だというので
ちょうどテレビで見たドラマでやってたのを真似て
借用書を作って署名させなぜか彼女が持ってたのではんこも押させた。

で、一週間目に行くとやっぱりない、と言うので
借用書の通りに親に電話して
(小学校の卒アルに各家の電話番号が載ってた時代)
放課後に学校の側まで来てもらったら、借用書を見たとたん血相変えて
額面通りに返してもらえた。その時には借用書もちゃんとあちらに渡した。

ここからが昨年の年末の話↓
そんなこともすっかり忘れてた私に小学校の同窓会の案内が届き、参加した
借金の彼女も来てて、同じ卓で話ししてたらあの後頑張って勉強し
中堅クラスの公立高校から私大、一般職のOLになって、今では専業主婦してるという
それだけならへーそーかよかったねーふーんだったんだが、
その後、彼女があのころDQNになりかけてたのを更正できたのは私のおかげだと言われた

続く

620: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)19:11:16 ID:t3C
嫁にキレられました。
嫁の実弟が最近病気で盲目になった。その事に関してコメントしたのだが、そのコメントが嫁にとって不愉快だったらしく、
最低限の家事はしてくれてはいるが、基本無視。
「俺だったら、目が見えなくなったら周りに迷惑をかけるので命を断つ」と言いました。
嫁はそれに対して、
「確かに盲目だと周りの助けが必要。それが『周りに迷惑をかける』と思う人もいると思う。
でも弟の周りの人は善意で助けてるし、迷惑だなんて思ってない。
あんたのその意見、人によっては正解なのかもしれないけど、当事者の身内に話す内容ではない。非常識」
「盲目者はさっさとしねと言っているように聞こえる」
と言ってきました。

36: 名無しさん@おーぷん 2017/05/24(水)18:38:39 ID:qWe
御両親に紹介したいと言われ、初めて彼の実家へ行ったのが二年前。
優しいご両親に歓迎され、うまくいきそうとホっとした。
その後も連休などに何度かお邪魔し、結婚の話も出た。
今年のGWも一泊でお邪魔した。和気藹々とお話しし、さて帰ろうと車に荷物を積んでいると
私一人の時を見計らってご近所さんが声をかけてきた。
「あなたこのおうちのこと知ってるの?」
「は?」彼氏が出てきたのでご近所さんはアタフタいなくなった。

727: 名無しさん@おーぷん 2016/01/06(水)21:33:28 ID:rOy
グロ注意かも?読みにくいと思います。ごめんなさい。

ちょうど6年前に2つ年下の彼氏がいました。猛アプローチを受けて付き合い始めたのですが、純朴で可愛くて子犬みたいで、何より優しくて誠実で大好きでした。
ある時、デートをしていたのですが、その帰り道、街灯こそあるものの夜で暗かったためかそこで事故に会いました。
覚えてるのは、とっさに彼を突き飛ばしたこと。少なくとも私には痛いっていう感覚はありませんでした。
気がつくと半月くらい経っていて、右足膝下がなくなっていました。彼からは何度も
私の両親を通じて、
「そっちに行ってもいい?」
と聞かれていたのですが、とりあえず
「来ないで」
と伝えていました。
ああ、捨てられるんだろうな。私だって無理だし。仕事もどうしよう。親に迷惑かけるな。親がタヒんだらどうしよう。
と色々と考えていました。
結局、事故から一ヶ月経った時に彼に来てもらって、どういう要件だったのかを聞こうと思いました。
彼にその場で土下座されて、庇って助けてくれたことの感謝と謝罪をされて、
「良ければ一生一緒にいたいです。支えさせてください。」
とプロポーズされました。
彼の両親は反対こそしませんでしたが、私の両親も大反対したそうです。
しかし、彼が私の両親に土下座して頼み込んで、私の両親も
「もうこの先私は結婚は無理だろうから」
と結局許したそうです。
彼は次男だったので、私の家にお婿に来るという形で結婚しました。しかし、そこから旦那は相当に辛かったと思います。
父が気を遣うだろうと、家の近くの土地に夫婦2人で住むには困らないくらいの仮住まいのようなものを建ててくれたのですが、それまでは母屋で暮らしていました。
しかし、特に父や妹とは当初、上手くいかなかったようです。
(事故のことが原因で)私の妹からとてつもなく敵視されていましたし、私の見ていない所でひどい嫌がらせまでしていたようです(両親は見つける度に強く怒っていたようですが…)。
また、父も普段は優しく接して(事故の前には既に紹介していて気に入られてはいました)いました。しかし、食事などで長く同じ空間にいると、週に1度くらいの頻度で、突然「ガァッ!」と声を上げて、旦那を殴る蹴るということがしばしばありました。
母や私の力ではもちろん止められませんし、妹はもちろん静観。旦那も反撃しないので、血だらけになっていることもありました。
そんな生活だったので、旦那は家では何重もの理由と要因が重なり、借りてきたネコのように怯えて暮らしていましたし、自分から何か声を発すると言うことはほぼありませんでした。常に旦那の味方をしていたのは母くらいだったと思います。
私も2人の時に、
「ごめんね。大好きだよ。」
と毎日のように謝っていました。しかしいつもそういう訳でもなく、義足に慣れるまでは、片方の脚がなくなったことで不自由を感じて耐えられなくなった時には、旦那に獣のように感情的になりながら当たり散らしていました。
でも、旦那は
「ごめんなさい。ごめんなさい。」
と言いながら抱きしめてくれました。
夜も、旦那が布団の中で泣いているということが多々ありました。
仮住まいは出来たものの、私1人では不自由する事も多く、私が義足に慣れるまでの二年近くはこのような生活が続きました。

このページのトップヘ