修羅場

385: 名無しさん@おーぷん 2017/07/12(水)09:16:10 ID:mJC
小学2年の時に危うくコロされかけたこと。
その日は祖母が急タヒしたので早引けさせてほしいと母から学校に連絡があって
お昼前に帰ることになった。
で、走って自宅に向かっていたら突然どこからか男の人が現れて抱えあげられた。
あまりに突然なことにビックリして大声を出すことも泣くことも忘れてて
誰!?放して!みたいなことを言いながらただジタバタしてた。
そしたら急に体が宙に浮いて、直後水に叩きつけられた。

781: 名無しさん@おーぷん 2014/10/25(土)20:24:30 ID:EhG8vul9q
母親に放置され衰弱していく弟を病院に連れていったときが修羅場だった

当時私は5歳、弟は2歳だった。
私の父の顔は知らないが、弟の父の顔は覚えてる。弟が生まれてすぐいなくなった。この時点で母は×2
母は3日に一度帰ってくるだけ。帰ってきた日に大量に米炊いて皿に盛ってまた出かけていく。
私は5歳だったけど幼稚園や保育園に行ってなかった。
入園式には出た記憶はあるような無いような。すごくあやふやになってしまっている。
私は大量に炊かれた米を食べ飢えをしのぎ、弟にもそれを与えてた。わたしがスプーンですくって口の中に入れる感じ。
弟は上手に咀嚼できなくてむせたりしてた。

791: 名無しさん@おーぷん 2017/08/29(火)17:30:04 ID:CDV
昭和の話です
幼稚園の頃、家の近所で妹と友達の3人で遊んでた
すると黄色い自転車が近くの電柱にすーっと止まって、おじさんが降りてきた
いくつと聞かれたのでそれぞれ元気に答えたら、
「おじちゃん一人でおしっこできないから、手伝ってくれない?」と言われた
大人なのに変だと言ったら「じゃあ見てるだけでもいいから」と本当にチャックを下ろし始めた
私達は爆笑して3人で手をつないで走って逃げた
親には特に言わなかった

たぶん同じ男に、小学校にあがった頃にもう一度会った
数名で木登りしてたら黄色いバイクが根元に止まって「すごく面白い本があるからおいで」と言われた
ワラワラと降りて見せてもらったら、エ〇本だった
「家に来たらもっとすごいの見せてあげる」と言われて「変態だ!変態だ!」と叫んで皆で木に登って逃げた
変な本を見ちゃったのが後ろめたくて、やっぱり親には言わなかった

そのまま数年が経って、宮崎勤の事件が起こった
被害者の子は同じくらいの年齢で、少し離れているけど知っている地名で、
テレビで犯人を見て「あの時のオジサンかもしれない!」と思ったときが修羅場だった

太目で無精髭があったことしか覚えてないから今も真相は分からない
でも、自分があのとき大人にちゃんと言えば、あの子達は生きていたかも知れないという後悔は小学生には本当に重たかった

231: 名無しさん@おーぷん 2017/02/24(金)11:51:56 ID:gst
里帰り出産中、中学時代の同級生(男)に粘着された。
中2の時同じクラスで、誰とも口をきかない友達のいない不思議な男子だった。
なぜかその時も粘着されて、髪にガムを付けられそうになったり
廊下の曲がり角で急にぶつかって来られたりした。
私の友達は気の強い子が多く、「キモい!」「寄ってくんな」と彼女たちが怒鳴ると
ニヤニヤして去るのだけど、ほとぼりが冷めるとまた同じように粘着された。
クラスが変わると同時にそれも止んだし
すっかり忘れていたのに、まさかアラサーになってまた付きまとわれるとは思わなかった。

付きまといと言っても大したことじゃなく
ニヤニヤしながら周囲を歩き回るとか、突然大声を出して驚かすとか
何かを投げるジェスチャーをしてくるとか。
気持ち悪いし、妊婦だから自分だけの体じゃないしで、親に相談して
交番に一緒に相談に行ってもらったりした。
旦那は心配して毎週末来てガードしてくれた。
旦那がべったりくついて離れないのを悟ってか、元同級生の粘着頻度は落ちて
無事出産できた。

後日、元同級生の親経由で「お祝いを渡したいのでお邪魔したい」と申し出があった。

798: 名無しさん@おーぷん 2017/08/31(木)02:51:36 ID:w4V
父親の信仰していた宗教が医学は悪!薬は毒!の考えなので、生まれてから一度も予防接種を受けたことがない
母親が何度言っても承諾書にサインしなかったので受けられないと小1のころ、ハンコ注射があるときに教えられた
その後母が病タヒ
そのまま医者にかかれない生活が続き、中学生の頃におたふく風邪にかかり
病院に連れて行って貰えないので一週間40度を超える熱が出て、父親にはその間放置されたので片耳が聞こえなくなった
そのときに内蔵がイカれたのかその後何を食べても吐くようになり、解熱した翌日無理やり学校に放り込まれ、そこで学校の給食を食べて猛烈に吐いたので救急車を呼ばれ
ひどい食物アレルギーを起こしていることと片耳の聴力が無くなってることと栄養失調であることと、他何か内臓がおかしいから(病名忘れた)三ヶ月入院しろといわれた

父親が無理やり連れ帰ろうとしてすんごい問題になって、警察も来てた
しんどくて意識朦朧で気づいたら母方の祖父母が私を引き取ってた
三ヶ月の入院後、退院したものの、体の抵抗力が弱りすぎてて、またすぐ入院して、二ヶ月くらい病院にいた
よくわからないままとりあえず勉強はしてたので、高校大学は進学できた

896: 名無しさん@おーぷん 2017/09/08(金)12:39:51 ID:YeH
以前勤めてた会社で、同僚同士で不倫した人たちがいて、男性側の奥さんが会社に興信所の調査書を持って凸してきた
社内の風紀を乱したという理由で2人を懲戒解雇するように言ってきたのでその場で顧問弁護士呼んで対応してもらった
興信所の調査を見る限り勤務時間外の不貞行為だったので、懲戒解雇の理由には弱いと顧問弁護士がばっさり
実際社内で2人が不倫してたことを知っていた人は誰もいなくて(知ってても黙ってただけだろうけど)
風紀を乱したという理由も弱く、会社から退職を推奨するのがよいと結論付けた
奥さんが納得してくれなくて大変だったけど、顧問弁護士が
「依願退職なら退職金が出るからそれを慰謝料として取ればいい、自分の知り合いの弁護士を紹介しますよ」
と言ったら引き下がってくれた

と思ったけどやっぱり納得してくれなくて、奥さんが会社の周囲や最寄り駅でビラを配り始めた
不倫した2人の顔写真と会社名をでかでかと印刷して
「○○社は不倫する人間を守るような会社です」
って書いてあってビビった
顧問弁護士から奥さんに警告してもらったけどやめてくれなくて、むしろ広範囲に貼り出したりしたから
しかたなく奥さんを名誉毀損で訴えることになった
それに便乗したのか、不倫した2人も名誉毀損で奥さんを訴えた
会社とは裁判が始まる前に条件付で示談が成立したけど、不倫した2名とはそのまま裁判になった
同時並行で奥さんと同僚が調停→裁判して離婚したと聞いた

2年くらいして奥さんがいきなり会社に凸してきて色々話していったんだけど
・裁判で離婚して財産分与のほかに慰謝料を取ったけど、子供なしで結婚生活半年だと雀の涙だった
・名誉毀損の裁判で負けてわずかだけど慰謝料を支払った
・しかし結局弁護士費用でマイナスになった
・やりすぎだと近所で冷たい目で見られて地元にいられない
・転居費用が捻出できないから会社の責任ということでなんとかしてくれないか

最初のうちはかわいそうだと思って聞いてたけど最後ははぁ?だった
社員のプライベートまで管理できないし、そこで不倫してたとしても会社としてはどうしようもない
2人とも別々の部署で勤務中に接点がまったくなく、会社の管理責任なんてないって話だし
というかすでに2年前に退職推奨したのを受けて2人とも自主退社してるし、そのときに2人には規程どおりの
退職金を支払ってるし・・・
3時間ほど延々と泣き続けられて、その後もたびたび凸されて、気の毒だけど対応するこちらも大変だった

196: 名無しさん@おーぷん 2017/02/20(月)14:42:47 ID:xNJ
自由になった記念に投下

長年付き合ってた彼女とそろそろ結婚を、と考えていた頃に私に厄介な病気が発覚。
死んだり感染したりする病気ではないが完治はしない類のやつ。
仕事も続けられない状態だったので、経営していた会社を畳み彼女ともお別れするつもりだった。
その事を彼女に話すと「専業主夫になってくれればいいから結婚したい」と言われて、嬉しさプラス心細さもあってあっさり結婚(病気についてはしっかり説明済み)。

その後、半年ほどまじめに主夫をやっていたが病状が悪化して入院。
しばらくして見舞いにきた彼女からいきなり離婚を切り出される。
訳を聞いても私や私の家族を中傷する様な事ばかり言って核心部分を話さない。
結局入院中に住んでいたアパートを出て行ってしまい、音信不通に。


長いので切ります

292: 名無しの心子知らず 2015/06/08(月)15:45:38 ID:Xqq
夏が来て脱毛のCM見ると思い出す修羅場

新卒で入社した会社で同じ部署のA子、B子と仲良くなった。入社して3年ほどした頃、私に同じ社内に彼氏ができた。
するとA子が「私も彼氏ほしい。彼氏さんの友達紹介して」ともちかけてきて何度か合コンをした。
アドレス交換などしているけど、なかなか上手くいかないな~なんて思っていたらB子が
「私ちゃんは彼氏と上手くいってるの?」と聞いてきた。
私だけが知らなかったみたいで、彼とA子がラブホから出てくるのを目撃されていて噂になっていた。
彼とA子を呼んで話し合いをしたら
「私ちゃんが羨ましかった。彼女の友達でもいいから親しくなりたかったの」
「私ちゃんに悪いと思ったけど、待ち伏せして悩みを聞いてもらう口実で食事を何度かしてたらもう気持ちが抑えきれなくなって
一度でいいから彼女にしてください!って今夜だけでいいからっておねがいじだんでずぅ~」
他のお客さんもいるファミレスで号泣された。
「彼は悪くないの!私(A子)が悪いの!」「好きって気持ちを隠せなかったのおおお!」
って、ずっとA子の酔いしれ言い訳で時が流れ、彼はうなだれてるかと思ったら
「A子ちゃんだけが悪い訳じゃない。俺が卑怯なんだ…」お前も酔いしれかよ。ってばかばかしくなって
「二人、お似合いじゃん。じゃあね」ってさっさと席を立ったんだけど、どっちも私を引き止めず
外に出て窓際席にいる奴らをチラっと見たら、並んですわって彼がA子の肩を抱いてて、もう最高に惨めだった。

806: 名無しさん@おーぷん 2017/12/11(月)12:27:02 ID:3Pw
うちの夫の兄は15年くらい前に妻子と別居して、それからすぐに病気で急タヒした
葬式と財産の整理が済んですぐに義兄嫁が姻族関係終了届を出して実家へ戻った
義両親は孫を気にして時々連絡をしたけど、あちらに拒絶されて諦めたらしい
もともと義兄の不倫が原因で離婚寸前だったらしいから、それもしかたないということだった

夫は兄と少し年齢が離れていて、私と結婚したのは4年前
2年前に、義父母が事故でそろって亡くなった
相続の段になり、親戚や知人をつたって元義兄嫁に連絡を取ることができた
代襲相続で義兄子にも権利があるし、それ以外にも孫のために義両親が蓄えていたお金を渡したいと伝えた
あちらから「義両親には申し訳ないが、あの人(義兄)に少しでも関わるお金を娘に使いたくない」と
きっぱり言われたので、相続放棄の書類にハンコを押してもらった
少しだけ夫が義兄子の近況を聞いたら、大学進学を控えているが学費は義兄の残した保険金で
なんとかなっているし、元義兄嫁も手に職があるから心配しないでとのことだった

去年、知らない携帯番号から我が家に電話があり、取ってみたら義兄子からだった
夫が話を聞いてみたら、大学進学で上京してきたところアイドル養成所にスカウトされたが
入会金だか何だかがかさんでしまうし、学業がおろそかになるからと元義兄嫁に反対されたとのこと
要は「おじいちゃんが残してくれたお金あるんだよね?それ使わせて」という電話だった
お金は使わずに取ってあるけどそうはいっても義兄子はまだ未成年だし、親である元義兄嫁の許可なく
大金を渡すわけにはいかない
しかたなく元義兄嫁に連絡を取ったら「近くにいくから自分から挨拶をしたいということだったので
電話番号を教えたが、そういうつもりだったとは知らなかった」と勝手に番号を教えたことを
平謝りされ、義兄子のことは相手にしなくていいと言われた

それで電話が来ても無視していたら、ある日、義兄子が直接うちに来た
相続のときに書類をやりとりしたのでそこからうちの住所を知っていたらしい
あとから知ったが、うちは義兄子の下宿先から電車で1時間弱のところにあったらしい
暗がりに知らない女の子が体操座りしてて心臓止まるかと思ったw
雨が降っていたのでうちにあげてお茶をあげたら例の養成所の話を出されて
「お母さんを説得してください」とわんわん泣かれた
申し訳ないけどそれはできない、家まで送るから帰ろうと説得したが、風呂に篭城されてしまった
元義兄嫁に電話して状況を伝えたら、明日すぐに向かうから今日だけ泊めてやってくれと頼まれた
説得して風呂から出して話を聞いてやったが、本人はアイドルになれる!と思い込んでいる状態だった
翌日始発の飛行機で元義兄嫁が来て、義兄子を引きずるようにして帰っていった

ということがあり、それ以来元義兄嫁&子とは連絡を取っていなかったんだけど
先日夫が繁華街を通ったら、義兄子がコスプレ服を着てビラを配っているのに遭遇したらしい
「関わりたくないからスルーしたけど絶対に本人だった」とのこと
(義兄子は特徴的な声&目立つところにほくろがあるので多分間違いない)
ちなみに配っていたビラのお店をググったらヤバそうな感じのところだった
夫が一切関わらなくていいというからそのままにしてるけど、元義兄嫁は知ってるのか気になる・・・

495: 名無しさん@おーぷん 2017/11/10(金)11:11:04 ID:E6R
人によっては胸糞かもしれないですが。

父方の祖母を亡くしたときに、なにか自分の中で激変した話。
昔はおばあちゃん子だったのだけれど、祖母が脳梗塞で寝たきりになったり、そのタイミングが運悪く私の思春期と重なったりしたために、いつしか嫌いになっていた。
祖母の部屋があったのだが、部屋には簡易トイレがあって臭かったし、時たま部屋に呼ばれたので行けば「鼻をかんだティッシュを捨ててきてくれ」とか「学校は楽しかった?」とか。ティッシュだって汚いって思ってたし、部屋は臭いから長居したくないし。
そんなこんなで、いつしか私は祖母の部屋から聞こえる私を呼ぶ声を無視するようになっていった。
私が「ただいま」と言って帰ってくると、聞こえる呼ぶ声が嫌で、急いで自分の部屋に駆け込む。
さらには「ただいま」すら言わずに、気配を消して帰ってくるようになった。

高校生になると祖母は施設に入り、身の回りの世話をしてもらっているおかげで、身なりも少し綺麗になったし、体に染み付いていたおしっこの匂いもなくなった。
だから、少しだけ「汚い」って思う気持ちが減った。

父が「おばあちゃんに会いに行こう」と言って、週に一回休みになると施設に通った。
お昼の時間になると、私は必ずご飯を食べさせた。
ニコニコしながら「ありがとう、良い子だね」と褒めてくれる祖母に対しては嫌いとも好きとも思わなくて、ただ中学生のときの罪滅ぼしだと思ってお世話していた。

そうして、私が大学生になってすぐにそんな祖母が亡くなった。

このページのトップヘ