206: 名無しさん@おーぷん 2016/06/24(金)10:58:07 ID:aRC
元彼がもっと色っぽい服装して、それに似合う派手な靴履いてって言うんだけど、
足が悪くて不安定な靴が履けない事は説明していた。
なのに誕生日のプレゼントが爪先の尖ったエナメルの真っ赤なピンヒールだった。
一応笑顔で受け取ってありがとう、履けないけど大事にするねと言ったら
なんで履けないの、頑張れば履けるでしょ、それに似合う服買いに行こうと言われて、
この靴に似合うような服は私の好みじゃないし、似合わないと思うと言ったら
そこを似合うように努力するのが彼女ってものでしょと言われてちょと冷めた。
足に痛みが出ると腰にまで影響が出て、そうなると病院通いで私もつらいし
仕事にも支障がでるから無理なんだと説明したら
ピックアップ記事



       
206: 名無しさん@おーぷん 2016/06/24(金)10:58:07 ID:aRC
腰が痛いとかババくせぇwwww
それでも彼氏の為に努力するのが愛ってもんだろと言われて完全に冷めた。
その場で靴置いて帰ってきた。
なかなか別れに納得してもらえなくて揉めたんだけど、
その時分かったのが元彼はピンヒールやボディコン的な服がものすごく好きと言う訳ではなく、
私に痛みを堪えて努力させたかったのだと言う事だった。
彼女が自分の為に苦労していると愛されてると実感できるんだって。
私の前にも彼女がいたのは知ってたけど、別れた原因も同じだった。
だけどさ、同じ理由で何度も別れてたら普通は自分おかしい?って思うじゃん?
元彼まったくそんなこと感じてなかった。
女って我が儘だな、男に尽くす事を喜びだって思えるようになれよ、
そうすりゃ男だって満足するんだからよ~という一方的な説教を聞いて、
冷めるを通り越して怖かった。
今は無事絶縁できたけど、今でもきっとどこかで
苦痛を与える事で自分への愛を確認できる恋人を探していると思う。
ちなみにピンヒールはプレゼントだったけど、
それに似合う服は自腹で私が買うって元彼が勝手に決めてたし、
病院通いする事になったら治療費も自腹で払えだったよ。

207: 名無しさん@おーぷん 2016/06/24(金)11:03:02 ID:JBJ
>>206
元彼、サディストみたい
マゾヒストな女とならって思ったけど、
喜んで尽くされるとつまらんとか言いそう
そのまま断絶して欲しい種だ

208: 名無しさん@おーぷん 2016/06/24(金)11:11:35 ID:fy2
>>206
本物のsは痛めつけた後のケアまでするもんだと思ってた
用意はお前がしろ(この場合は服)
体を痛めた時も自分でなんとかしろ(病院通い)じゃなあ

引用元: http://2chspa.com/thread/kankon/1464173695

       


こちらの記事も読まれています

他サイトの人気記事