196: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/01(土) 23:36:26.85 ID:5spMZ9P1
胸糞&長文なんで無視してくれてもいい。
ニュースで「いじめによる自タヒ」という言葉を聞く度に思い出してしまう。
中学時代の3年間(実質2年くらい)いじめを受け続けてきたことが修羅場…というか、地獄だった。

 今週の人気記事

1位:ママ友3人を自宅に招き、手作りのカボチャ団子やバームクーヘン等を出すと…Cママ「せっかく来てあげたのに、この質素な食べ物何?ありえないんだけど」と怒り出し…
2位:【前編】私がガン治療で入院中、セコママが「夏の制服を貰う約束をしている」とウチに凸し高齢のトメが応対→その結果・・・
3位:娘の誕生日に家族3人でTDLへ行き、着いた直後から娘は大はしゃぎ。そんな中・・・夫「あーこんな人ごみじゃ疲れるなぁ・・・お前らは面倒くさいだろ?なぁ?」→そして・・・
4位:【前編】指輪がなくなり、ママ友たちにあぶり出しメールを送信。そして警察に行こうと家を出ると…Aママ「警察行っても、どうせ恥をかくのは貴方よ」→そして・・・
5位:我が家でパーティーをおこなった時、トイレに立ったはずのAさんが「何あれ!あんなの食べるの?バカじゃないの?!」と走りながら問い詰めてきた→その真相が!!!
6位:園ママ「私子ちゃん、毎回新品身につけて、余裕あるよね~」私「毎回新品なのは貰い物だから…買ってあげてるわけじゃないんだよね」→すると園ママの態度が急変し…
7位:児童館でよく一緒に遊ぶAさんは「オムツクレクレ」「帰りはそっちの車で送ってクレクレ」としつこかった。断り続けていると「友達なくすよ」と言われ、ある一言を返した結果・・・


       
196: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/01(土) 23:36:26.85 ID:5spMZ9P1
私がいじめられたきっかけは本当に些細なことだった。
新入生研修で、クラスのギャル系女子(仮にA子)が声をかけたのに無視したから、らしい。
(私は声をかけてくれたことなんて覚えていなかった)
それでAを筆頭に女子から…ではなく、当時Aが付き合ってた彼氏(仮にB、今でいうDQN)とその一派からいじめを受けた。
「何俺の女を無視してんだよ!」だって。訳が分からなくてポカーン。それが地獄の始まりだった。
私が日直になって前に立つとまずA子グループがクスクス笑い始める。で、B一派の男子(仮にCとD、こいつらもDQN)私に消しカスや紙くずを投げ付ける。
音読が私の番になると同様にA子グループがクスクス。CとDが物投げつけ。私の番になると必ず起こった。
始めのほうは担任や国語担当の先生も「止めなさい」と叱ってくれたけど、3,4回ほどでその注意もなくなった。

それからどんどんエスカレート。飛んでくるものが消しゴムの欠片→短くなった鉛筆→画鋲と変化。
その当時ニキビだらけだったのもあって「○○(私)に触られるとニキビがうつる」と言われるようになった。
ニキビがうつるが次第に○○菌に汚染されるに変わり、登校してくると開口一番に「○○病の○○菌に汚染されましたー!」と叫ばれる。
除菌と称して霧吹きで水を吹きかけられ直後に物を投げつけられ。
それが毎日続き、学校に行くのが嫌だった。休もうとしても、うちの教育方針が「遅刻してもいいから学校だけは絶対に休むな」だったので、
毎朝母や祖母に叩き出されてた。この時「家族は私を守ってくれない」と思い込む。

197: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/01(土) 23:37:18.47 ID:5spMZ9P1
そんなある日、小学校の時ずっと一緒に遊んでて、中学でクラスが端から端になったE子が手紙をくれた。
嬉しくて仕方がなかった。その上「悩み事があったら遠慮なく相談してね。」と書いてあり、思い切っていじめられてることを打ち明けた。
もう解ると思うけど、E子はA子のグループの一員だった。この時、E子とA子が同じバスケ部だったという事を思い出してればこうはならなかったと思う。
次の日、私が便箋3枚にも渡って書いた悩みが黒板のど真ん中に掲示されてた。呆然と立ち尽くす私を笑うE子含むA子グループとB一派。
帰りたい気持ちでいっぱいになったが、今帰ってしまうと母と祖母に怒られる&奴らにもさらに馬鹿にされると思って即座に手紙を千切って捨て、席に座る。
周りからの嘲笑や憐れみとか小馬鹿にしたような視線とかに耐えられなくて、机に突っ伏した。不思議と涙は出なかった。
その時「何他人にチクってんだよw」というBの声と共に背中に鈍い痛み。これが一番最初に受けた暴力だった。

それからずっと女子特有の陰湿ないじめ(物を隠される、陰口、描きかけの絵を捨てられる等)と
男子特有の直接的ないじめ(すれ違うたびに蹴られる・殴られる、彫刻刀とかを投げつけられる等)のが毎日続いた。
小学校の時私が好きだった男子もからかわれ、いじめられた。よく話していたクラスメイトは全員私から離れていった。
それどころか、放課後にA子グループと一緒になって「○○に触れられた人間を清める儀式」というものをやっているのを発見した。
小学校の卒業アルバム(多分E子のもの)から私の写真を切り取って、皆で「○○をこの世から消し去り給えー」と言いながら踏みつける。
そのあとプリントの裏紙にありったけの私の悪口を「○○タヒね」と言いながら皆で書きなぐって私の机に投下。
一部始終を見てしまった私は、多分この時から人間不信。その時のクラスメイト達の楽しそうな顔と、私と目が合った時の気まずそうな顔が忘れられない。

198: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/01(土) 23:37:52.07 ID:5spMZ9P1
担任も教師も最初こそ注意はするが、あとは見て見ぬふりだった。家にも学校にも、どこにも私の味方なんていなかった。
こうなったのも全部自分のせいだと思った。無視したことは知らなかったけど、小学校の時の私はガチのKY。思ったことをすぐ言ってしまう人間だった。
こんな自分だから今いじめられてるんだ。私が悪いんだから、耐えなければならないと思いこんでた。不思議と泣けなかった。
そして、自分は絶対に人に嫌な思いをさせないよう、と心に誓った。

そんな状態が続き、2年へ進級。この1年間が私の人生で一番最悪の、地獄の底だった。
AグループやB一派と同じクラスにならないように、と心から願ったのも虚しく、あろうことか主犯のABカップルと同じクラスに。
それだけじゃない。この時に担任になった糞野郎(仮名も付けたくない)のせいで、いじめはピークに達した。
糞野郎はBの部活の顧問。エースで頭もいいBが糞野郎の一番のお気に入りだった。
そしてそのBがいじめてる私=敵という謎思考により、1年間徹底的にいじめられた。もはや教育虐待と言ってもいいくらい。
糞野郎の授業では毎回当てられ、答えると不服そうな顔をし、答えられないと嬉々とした表情で「お前は本当にダメだな」と言い放つ。
そしてABグループに爆笑される。クラスメイトも釣られて笑う。笑わなかったのはたった一人。
そんな地獄の授業が毎週続き、私はついに自タヒについて考え始めた。
当時の私の写真をアルバムで見ると、目がタヒんでるというレベルではない。全身からタヒ相が出てる状態。自タヒについて考え始めたのも必然だったのかもしれない。
この糞野郎は授業では毎回こんな態度を取り続け、進路指導の個別面談では進路も聞かず延々と私がいかにダメで屑な人間かを時間いっぱい言い続ける。
それなのに三者面談で親が来た時は「○○さんは我慢強くてとても優しいのですが、我慢しすぎることが心配です」と外面全開で媚を売る。
中学生ながらこいつが人間の屑であることを痛感し、そしてそんな屑野郎に何も言えない自分なんてタヒねばいいと思った。

199: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/01(土) 23:39:12.34 ID:5spMZ9P1
そして11月の半ば頃、事件は起きた。
その日は日直。ABグループの妨害と糞野郎の余計な押し付けもあり、日直の仕事が終わったのはもう日も落ちかけ。
帰ろうと教室を出た時にABグループに囲まれた。「お前さあ、なんでタヒなないの? 生きてる価値ないくせに」と開口一番に言われる。
それから罵倒と暴力の嵐。髪を掴まれて振り回されたり、殴られたり蹴られたり。それでも決して泣かなかった私に腹が立ったのか、Bが言った。
「俺の女をいじめた罪は重いぜw」と。それからB一派に押さえつけられ、Aグループに制服の上を脱がされる。
上半身裸のまま廊下に押さえつけられ、ライターで髪を炙られた。「○○菌の腐った匂い、オエーッwww」と上から降ってくる笑い声。
この時に頭の中で何かがプツーンと切れた。そこまでで記憶は途切れて、気が付いたら保健室のベッドに寝かされてた。
全身あちこちが痛いし、何が何だかわからない。話を聞くと、階段の踊り場で上半身裸で倒れてたところを当直の先生が見つけて保健室まで運んでくれた。
話を聞いた瞬間、あの時の出来事がフラッシュバックし、ガタガタと震えが止まらなくなった。そして盛大にリバースした。
「頭を打ってるかもしれない」と救急車で運ばれ、検査のため1日入院。
検査結果は特に異常はなし。念のため3日安静にするよう言われ、あの時ライターの火で出来ただろう10cmほどの火傷の治療だけで帰された。
初めて学校を休んだ。

200: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/01(土) 23:39:47.34 ID:5spMZ9P1
3日後、母に叩き出され、痛みをこらえながら学校に行くと、すれ違う同級生全員から妙な目で見られた。
正直もう慣れっこだったので意に介さずクラスに行くと、私の席に花が飾られていた。ABグループ大爆笑。ドン引きのクラスメイト。
「うわーwww変態○○の幽霊が出たーwww」「キャーwww」と叫ぶABグループ。
(後から聞いた話によると、糞野郎は私がその日休んだことについて「ストレスで裸になって踊ってたら足を踏み外して転げ落ちた」と説明したらしい)
我慢し無ければと思った。でも、出来なかった。
タヒのう。そう思って一目散に屋上まで駆け上がった。そこから飛び降りてタヒんでやろう、と思った。
でも当時飛び降り自タヒが問題になってたこともあって、屋上は封鎖されてた。それでも鍵を壊してやろうとドアノブを蹴ったり叩いたり。
そうしているうちに妙に頭が冷静になってきて、ふと思った。ここで私がタヒんでも、あいつらは絶対何も思わない、と。
むしろ一人の人間をいじめ抜いて殺したことを武勇伝のように語るかもしくは笑いのネタにするんじゃないか、と。
生きてることも、タヒぬことも無意味。そう思うと、もう自分が何なのかすらわからなくなって、その場にうずくまって、初めて泣いた。
その泣き声を聞きつけて来てくれたのがあの事件の時、私を保健室まで運んでくれた当直のF先生(仮)だった。
生徒指導部だったF先生は私を生徒指導室まで連れていき、座らせて、「とりあえず落ち着け」とマッチ(ジュースの)をくれた。
ようやく落ち着いた頃、F先生はまず私に頭を下げた。「あの時、帰ってすまなかった」と。
F先生は私を発見した時、いじめに遭っていることにピンと来たらしい。話を聞いてやればよかった、と後悔していたらしい。
今からでも遅くないなら、何があったか話してくれ、と。でも、私の中には1年の時のE子の一件と教師に対する不信感が強く、口を開くことが出来なかった。
「話せないか?」というF先生の問いに頷くと「分かった。でも今日は一日保健室にいたほうがいい」と言って保健室に連れて行ってくれた。

201: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/01(土) 23:40:23.79 ID:5spMZ9P1
次の日も叩き出されて学校に行くと、一瞬変な顔をされたものの特に何か言われることはなかった。B一派の奴らすらも。ABカップルは揃って休んでた。
教室にいて笑われたり、物が飛んでこなかったのは初めてで落ち着かなかった。慣れって怖い。そして、何事もなかったかのような空気のこの教室にある意味恐怖を感じた。
そんな中、一人の女子が私のところに来て「今までごめん」と謝ってきた。その子こそ前に書いた「笑わなかったたった一人」。
幼稚園の時からずっと一緒で、さほど仲はよくなかった子。そんな子から突然謝られて困惑。
その子も私ほどではないが糞野郎に嫌がらせをされていたらしい。理由はその子のお兄さんを糞野郎が嫌っていたから。
それからその子はずっと私と一緒に行動してくれた。驚くほど趣味や話が合って、瞬く間に仲良くなった。
その後ABグループはすれ違いざまに「ブス」「ゴミ」と言ってくる程度でそれ以上のことはしてこなくなり、特にBは3年になると受験があってほとんど何もしてこなくなった。
3年になってからも、専願を受けるという事で余裕をかましていたAグループとB一派の残党が時折私に嫌がらせをしてくる程度。
こっちも受験勉強で忙しかったため構っている余裕なんてなく、次第にいじめは自然消滅。
私が滑り止めで志願した高校をA子とE子が専願で受けるという事を知り、タヒに物狂いで勉強した結果、第一志望に合格できた。

202: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/01(土) 23:40:48.66 ID:5spMZ9P1
私の人間不信は高校生になってもしばらく続いたけれど、3年の時の担任がF先生だったことで、ずいぶん緩和された。
F先生は生徒指導部を辞退して、私のクラスの担任になることを校長先生に志願してくれたらしい。3者面談の時にそう言われた。
「○○は今までよく頑張りました。必タヒに耐えてきました。だからせめて3年次の1年だけでも楽しい思いをしてもらいたくて、志願しました」
それが嘘だろうが本当だろうが、その言葉だけで救われた気持ちになった。その場で号泣してしまった。
F先生は私を特別扱いするわけでもなく、クラスの一人として平等に接してくれた。
おかげで、半年後くらいには先生にあの時のいじめの内容を話せるようになった。
その時「○○。タヒぬ価値なんてものを持ってる人間はいない。生きてる価値なら少なくとも俺にはある。
お前があの時タヒぬのを思いとどまってくれて本当によかった。」と泣いてくれたあの時のことを一生忘れない。

高校では友達にも先生にも恵まれ、中学時代が地獄だったこともあって本当に楽しかった。
それでもふとした瞬間にあの時のいじめがフラッシュバックして、今でも震えが来る時がある。
その時はF先生の言葉と、親友が側にいてくれたことを思い出すと自然とおさまる。
F先生は卒業と同時にぱったりと交流が無くなってしまったけど、親友は今でも一緒に遊びに行く。
このたびその子が彼氏にプロポーズされたとのこと。彼女の幸せを願わずにはいられない。
というか、彼女が幸せになるんだったらガチで何でもする。

203: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/01(土) 23:41:24.59 ID:5spMZ9P1
以上です。長々とすみませんでした。
いじめの被害者の気持ちがわかる分、昨今のいじめ自タヒのニュースは自分の事のように思ってしまう。
信じてもらえないかもしれないけど、全部事実です。人間って、嫌な思いほど記憶に残るというのは本当のこと。
中学時代の出来事はあれから10年経った今でも鮮明に覚えてる。それくらい、いじめっていうのは人間にトラウマを与えるんだ。
自タヒを選んでしまった子たちは私以上の辛い思いをして、あの頃の私のように我慢に我慢を重ねて、
ついに越えてはならない一歩を超えてしまったんだと思う。
その一歩を踏みとどまらせてくれる存在が彼らにはいなかったんだと思うと、他人事なのに涙が出てくる。
いじめ自タヒをする子が一歩を思いとどまってくれるよう、願いを込めてカキコ。

205: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/02(日) 00:10:25.78 ID:NW4j142c
>>203
今そこまで立ち直ったことを、F先生を探しだして報告すべきだと思う。

206: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/02(日) 00:24:21.44 ID:KTOi6j2S
>>196
被害側は幸せになる事、幸せを積み上げてゆく事で過去の忌まわしい思い出を踏み越えてゆく事が出来る。
加害側は、実のところ他害と同時に自分の人間性も害して行くので、加害をやめる頃には立派な外道に成り下がり、そこから這い上がる事は出来ない。
意外とこれが現実なんだよ。
結局ね、人としてのまっとうな感覚を養うべき10代の初めに道踏み外すと、そこからまともな人間に育つのは殆ど不可能みたいなんだな。
人生って意外と長いからね、若いうちはそれなりに成功しているように見えても、晩年につけが回ってきたりとね、結局長い目で見ると自分のやった事は自分に返ってくるんだな。

今の貴方は少なくともそこから立ち直ってまっとうな人として歩んでいる事が解る。
ならば、過去の体験は変わらなくても、これから先、そこを踏み越えてきた自分を愛し、そしてうんと幸せになる機会はいくらでもあるよ。
これからうんと幸せになってね。

207: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/02(日) 00:39:47.16 ID:JnxLgQej
>>196-203
乙!ほんま乙!いい先生に巡り会えて良かったな!
お前にも今まで辛かった事がすっ飛んじまう程の超どんでん返しな幸せが来るといいな!

209: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/02(日) 00:44:00.64 ID:5X1rDUSA
>>203
乙でした
嫌な記憶やつらい思い出は言葉にして吐き出すことで浄化されるという部分もあるから
これからはもっと楽しい経験をたくさん増やしていくことを願うよ
彼女もあなたも幸せになってください

引用元: http://2chspa.com/thread/kankon/1437011324

       


こちらの記事も読まれています

他サイトの人気記事

Comment

 コメント一覧 (1)

    • 1. 名無し速報
    • 2020年08月15日 23:34
    • 五年前か…
      今頃可愛いお子さんと最愛のご主人と素晴らしい友人に囲まれて世界一幸せに暮らしてること間違いなしだな、うん
      外道供とクソ実家連中が地獄に落ちてることも確実
    • 0

 Comment

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット