2018年05月

239: 名無しさん@おーぷん 2015/12/20(日)12:51:15 ID:ht8
非常にクダらない面倒に巻き込まれた。
俺の高校時代の後輩が結婚して、同じ町内に引っ越してきた。たまたま道で会い、おお久しぶりと挨拶。
数分立ち話をしてその場で別れた。
それが2年前。

休日、家でまったりしてたら固定電話が鳴った。嫁が電話を切り「間違い電話みたい」とハテナ顔で戻って来た。
スーパーからの電話で、怪我したお子さんがウチに迎えに来てくれと言ってるとの事。
しかしうちに子供はいない。子供の苗字も聞き覚えのない苗字だったから「間違いです」と言って嫁は切った。
予想つくだろうが、その子供というのが後輩のとこの子だった。

904: 1/2 2011/10/01(土) 17:15:46.93 ID:ipzNQ6Ut
モヤモヤが収まらないのでカキコ
仕事帰りにスーパーで買い物した。財布を出す時にバッグから一緒にUSBが出て床に落ちた。
拾い上げて会計済まして、サッカー台で袋につめてたら、綺麗目の子連れ奥様に声かけられた。
「すみません、そのキーホルダーが買いたいんですけど…」
USBにつけてたノベルティのキーホルダーが欲しかったらしい。
どこで買えるか知りたいのかな?と思って

874: 1/3 2011/09/30(金) 18:27:54.77 ID:PJVMPG55
流れ読まず今日あった出来事投下。

今日1歳半の息子を連れて耳鼻科へ行った。
耳鼻科は私の外耳炎治療の為で治療中退屈なのでいつも虎じろうのパペット持って行く。
パペットは新しくてまだ綺麗。息子は虎じろうが大好きで寝る時も横に添い寝させてるほど。

耳鼻科での治療が終わって待合にいると3歳くらいの女の子が金髪の母親と一緒にいた。
母親は子供そっちのけで携帯カチカチやってる。
そしてその子も虎じろう持ってたんだ。もうボロボロの古いタイプのパペットでよれよれ。

その時うちの虎じろうはバッグにしまってたんだけど、息子がその女児の虎じろうに興味深々で近付いていった。
その母親はじろっと睨んで、女児に「ほら!ちっちゃい子が欲しがるっしょ!取られたらやだからしまっときな!」と言った。
何か不穏な空気に息子を連れに行こうとした時、息子がその虎じろうに手をそっと伸ばした。
その瞬間女児がうちの子を突き飛ばした。
派手にひっくり返ってギャン泣きしたので、息子を抱きかかえてなだめ。

384: 名無しの心子知らず 2011/09/19(月) 02:13:53.81 ID:e/1zV86A
旦那が急な呼び出しで、朝飯持たせて送り出したら目がさえてしまったので、投下。
先月の帰省で親に聞いた話です。又聞きの話なので、ちょっとわかりにくいかも。

まずは私が体験したエピソード。
私がまだ実家にいたころ、近所のスーパーにセルフレジが設置された。
「小さいお子様には操作させないで」みたいなことが書いてあった。
混雑時に子供にやられると更に混むからだと思う。
そこで並んでいると、「見たことあるな-」程度の近所の子連れ女性が後ろに並んだ。
子供は小学校1年生くらいの男の子でカートに乗ってる。
まず「俺がやる(セルフレジを)」と言いだし、女性が「今日はお母さんがやるから」と言うと
「っっざけんじゃねーぞババァ!」と絶叫。小さな子供の突然の暴言に時間が止まった。
「黙ってやらせりゃいいんだババァ!」と母親をバッチーん!と殴る少年。
更に周囲が固まる。私は「え?ナニコレ?この年で家庭内暴力?それとも男の子ってこんなもん?」
とプチパニック。更に「タヒね!タヒね!」とカートに乗ったまま母親を蹴りまくる少年。
でも母親は「蹴ったら痛いよ」「卵割れちゃうでしょ」とか言うだけ。
その騒ぎに横を通った子供が立ち止まったんだが、その子が手に子供が好きそうな食玩を持っていた。
それを見た暴力男児は「あれもってこい!」と母親に命令。
「買わないよ」と母親が言うと、卵を手にとって床にグシャ!
「こんなくっだらねーもん買う金あるんだろがあああ!」と絶叫絶叫。語尾が全部絶叫。
「卵がなかったらオムライス作れないよ」「うっせええええええ」
「ババアのメシくっせーんだよ!いらねええ!」「コロすぞババア!生きたまま燃やすぞ!」

471: 名無しの心子知らず 2017/09/07(木)19:55:15 ID:aiP
もうアラサーになる私だけど、高校時代からの付き合いになる友達が3人いる
結婚や出産で環境が変わっても何やかんやで連絡は取りあっていて、
去年くらいからみんなでスイーツバイキングに行くようになった
叩かれる前に言っておくと、子どもは幼稚園に行ってる時間で
全員在宅で仕事をしてるので専業主婦ではない

先日また恒例のスイーツバイキングがあったんだけど、
お店に着いて席に座ってからAが「私最近糖質制限始めたから」と言い出した
だから今回はお茶しか飲まない、スイーツも全く食べないと
正直それだけで「えぇ…」となったんだけど、
「だから私(A)の分のバイキング料金は払わない」「そもそもいい歳してこういうところに来るのがイタい」
「スイーツに含まれてる糖類は太る原因に云々」と語り始めて一気にスイーツが不味くなった
仕方ないのでその日は早めに切り上げ(もちろんAの分の料金もしっかり払わせた)、
後日A以外のメンバーでもう一度集まってスイーツバイキングを堪能した

そろそろ来月の日程を決める頃なんだけど、Aに話をするべきか悩んでいる
話をしたらまた「いい歳して」って言われそうだけど、
言わなきゃ言わないで「除け者にされた!」って言い出しそうでそれもまためんどくさい
これが縁の寿命ってやつなんだろうな
糖質制限自体は良いとも悪いとも思わないけど、今まで散々楽しんでたくせに手のひら返してdisったり
自分の都合で食べないのに「だからバイキング料金は払わない」って言えちゃうAがスレタイ

610: 名無しの心子知らず 2013/10/16(水) 15:11:44.71 ID:w927CV1E
数十年前の母の話です。

父の叔父の葬式に出かけた両親、当時は自宅での葬儀だった。
告別式のあと、母を含む女性4~5人は喪服(着物)からすばやく着替えて、
台所の手伝いしていた。
脱いだ着物はそれぞれハンガーにかけ、納戸の鴨居につるしておいたそうだ。
やがて食事がすんで、遠方の親戚や薄い親戚から「では、お先に」と帰っていき、
家が近い上、お手伝いの中でも若かった母は最後まで残った。

最後に母が帰ろうと、一枚だけ残っていた喪服を手に取ると、
自分のではない明らかに粗悪な生地の喪服だった。
その家の嫁さんAに、誰かが間違えて帰ったので電話で確認して欲しいと頼んだ。

503: 名無しの心子知らず 2013/01/16(水) 13:50:37.13 ID:IC1d5P5j
年も明けたので書き捨て。
ママじゃなくてジジイだけど。

年末に子供会で餅つきをしたときのこと。
子供会主催だが、子供会役員だけでは大変なので自治会役員も手伝いをする。
わたしは自治会側の役員。
自治会費からも補助が出ていて、
子供会は参加費(子供も大人も一人100円)を払い、自治会役員は手伝うかわりに無料で、どちらもお餅食べ放題。

朝8時から役員が集まって、薪割り火おこし、テントはって椅子とテーブル設営。
餅米ふかしてるあいだに、きなことかあんことか大根おろしとかの準備。
餅つきをしたい子供は10時半ごろから参加。
食べやすいように餅をちぎったりなんかして、食べるときに、お椀と引き替えに100円徴収。
で、好き勝手にお代わりしておなかいっぱい食べて、余った餅を手のひらサイズの丸餅につくって、役員で二つずつ分けて解散、となったところで、小学校低学年くらいの子供がよってきて
「ください」と手を出した。

373: 名無しの心子知らず 2013/01/06(日) 15:55:47.68 ID:Da9JIKkq
10戸程の新興住宅地に初めての正月が来た。
お手頃物件に手を出した私達小梨夫婦も悪いんだけど
皆さん子供がいて、住宅ローンの為に奥様はパート。
もちろん夕方は子供達が暗くなるまで道路を占拠・・・。

この住宅内で回す回覧板に子沢山一家の名前で
「私達○○(←住宅街の名)の仲を深めるために
住民の子にお年玉を♪元旦の日に受け取りに行きます☆」
みたいな事を書いてあった。

おいおいと思ったらその子沢山ママの名前の下に、
賛同の印の苗字が7~8人。

元旦に帰省して逃げようかなと夫と話していた所
唯一交流がある一人娘さんがいる御一家が
お年玉の件で相談に来ました。

911: 名無しの心子知らず 2013/10/17(木) 16:23:22.85 ID:FhLqhrJ0
今さっき遭遇したキチ。
スーパーでレジに並んでたら、2人前の女がもたもたしていた。
どうやら小銭を出したいが数円足りなかったみたいで、財布を何度も探して、バッグの中も探して、ポケットも探して、また財布を探して…のエンドレス。
激安スーパーだからレジはめちゃ混みで、他の列が5人ほど会計終わらせてるのに私の列は止まったまま。隣に並ぼうと思っても、そこもまた10人は並んでる。
その女の隣には5歳くらいの女の子がいて早くお菓子を食べたかったのか中国語で叫びながら母親を急かしていた。
それを見ていた私の前に並んでいたおじさん(要するにその女の次の人)が、痺れを切らして「さっさとしろよ!」と怒鳴ったら、女がキレた。

続きます。

576: 名無しの心子知らず 2017/09/11(月)13:31:54 ID:5mM
金関連で親友を無くした
親友が自転車で走行中にバイクと事故を起こした
相手のスピードが100キロ超えてて、両足骨折、利き手の鎖骨と前腕骨折した
親友は片親で毒親だったから親の連絡先を保存して無くて、私を家族だと言ったみたいで、私に連絡が来た
お互い26歳の頃だった
親友を受け入れてくれた転院が、看護師がおんぶに抱っこしてくれるようなところとは違い
自分のことは自分で、無理な部分は家族に支えてもらって行うという方針の病院だったため
週3回見舞いに行って、必要なものは全部買って、洗濯物もして、手続きも何もかも私がやった
やることが多くて相当しんどかった
17時間の手術にも医者に言われて私が待機して、症状が安定してからの転院の手続きも私がやった
弁護士も探して相談した
お金は後で請求できるといわれたから、これまで買ったもののレシートも全て保管しておいた
請求は親友の名前でしなければならないから、それも私がかわってバイク運転手の保険会社とやり取りして行った
親友が事故して直後は手続きに追われて有給10日も使って会社から釘刺されたこともあった

忙しすぎて親友の事故後一年の記憶は曖昧なんだけど、リハビリ2年も支え、介護保険やらの手続きも、弁護士との話し合いもほとんどやりきった

細かいこと書いてると長くなるから省略
最終的に弁護士から、これまで購入したものの費用、私がたて替えてた介護タクシー等の利用料、私が有給をとって休んだ分のお給料分も相手に請求できるといわれた
すべて証拠があったので、弁護士が費用をまとめてくれた
私に戻ってくるお金は7桁に至っていた
相手の保険会社がゴネた分も有るから、認められた分だけなんだけど、それでも7桁
請求はやはり親友の名前で、親友の通帳に振り込まれる

それらのお金は示談金や慰謝料とかとは別に先に請求して先に支払われたんだけど
親友はこれまで見たことのないまとまったお金に目の色が変わった
弁護士の前で、これは私のお金だから誰にも渡さないと言い始めた
弁護士が説得しても一円たりとも渡さなかった

このページのトップヘ