2018年03月

579: 名無しさん@おーぷん 2017/11/30(木)10:30:24 ID:zey
義母が亡くなり、長かった介護生活が終わった。
そしたら旦那が目に涙を浮かべながら、
「本当にありがとう。お前達には長らく苦労をかけた。お礼に家を建てるよ。
お前ずっと家建てたいって言ってたもんな。お前の好きなようにしよう。」だって。
子供達と思いっきり笑っちゃった。

970: 名無しさん@おーぷん 2017/05/09(火)20:06:07 ID:Ftx
GWは心の修羅場だった。
私は夫を亡くして一人暮らししてるんだけど、そこに29日から新婚の一人息子が夫婦で帰省してきてた。
その息子夫婦帰省の翌日のこと。
私が玄関にいることに気付かずにスマホで友達か誰かと話していた嫁の言葉を聞いてしまってものすごくショック。
「結構貯めこんでるみたいだからどうやって引き出そうか作戦中」だとか、
「この家、売れば結構になるみたい、坪単価いいし」とか、もうビックリ。
何よりショックだったのは「あんなばーさん、チョロイチョロイ」だって。
(ちなみに別の人の話をしていたのを勘違いしたとかじゃないですよ。はっきり私のことでした)
頭が真っ白になって、そろりと一旦外にでて、今帰ってきたふりして玄関に入ったら
「おかえりなさーい」ってニコニコ迎えられたわw

76: 名無しさん 2014/04/16(水)22:26:23 ID:CEUOSL2IO
5年ぐらい前になるかな・・・うちのトイプーが子犬を2匹産んだんだ。
最初の予定ではうちと♂の飼い主さんと1匹ずつ育てる約束だったのが
♂の飼い主さんの方が家庭の事情で飼えなくなったんで2匹ともうちでってことになった。
それで、うちに遊びにくると嬉しそうに遊んでくれてる犬好きの友人Aに
こういう事情になったんだけど、良かったら飼ってみる?って声を掛けた。
そしたら旦那さんがアレルギー持ちなので残念だけどって言いつつ
妹が犬を飼いたいって言ってるって言うので紹介してくれて
会ってみたらとても感じのいい妹さんだったし、多少なりとも縁のある人だしってことで
安心して里子に出した。
それから半月ほど経って、Aと、共通の友人Bとの3人でお茶したとき
子犬の話になって、事情を知らないBにいきさつを話したんだ。
そしたら何故自分には声を掛けてくれなかったのかと怒り出した。

382: 名無しの心子知らず 2013/04/12(金) 15:56:53.09 ID:8gf9IvOf
大学時代の友達が、数年前から放射能ガー!添加物ガー!になった。
特に震災からこっちは子供を一切外で遊ばせない、幼稚園の外遊びの時間も
うちの子は室内で!とか強硬にやってて園と揉めてるらしい。
園を辞めるとか辞めないとかいう話を聞いてたんだけど、我が家が転勤に。
引越し先から転勤の挨拶状を出したら、
「そこの土地はガレキの埋め立てやってるでしょ!放射能がついてるかもしれないはがきを
子供が触ったら大変でしょう!軽はずみに送って来ないで!」
子供が小さくて大変だろうからって実家からの物資をわけてやったこととか、全く感謝されず、
この仕打ち。耐え切れずに「あんたみたいな親持って子供が可哀想」と
電話切って着信拒否した…。

559: 名無しさん@おーぷん 2015/05/10(日)07:19:09 ID:gWH
初めての書き込みなので、不具合があったら申し訳ありません。
吐き出させてください(フェイク有り・長文です)。

一昔程前の事です。
私は着物が好きでブログをしていました。
やがて、同じように着物好きな人達とブログ内での交流が生まれました。
その中にAさんがいました。
何故かAさんは私に対しては、非常に『嫌な人』でした。

私がBさんの着物コーディネートに
可愛いですね、とコメントすれば、
「語彙が乏しいならコメントしない方がいいですよ。」
Cさんの着付けを誉めれば、
「着付け下手を自覚しているなら、ブログをやる前に練習すればいいのに、pgr」
等々毎回嫌味だらけのメッセージをして来ました。

最初の内は(私もバカだったので)律儀に
「ご指摘ありがとうございます」とか
「頑張ります」等返信していましたが、
数ヵ月してメッセージ受信箱にAさんの名前を見るだけで胃がキリキリするようになり、
都度都度削除していました。

他の人達のブログには、とても為になるコメントをしている人でしたから、
当時はまだ着物初心者の私が何を書いても、誰にも信用してもらえなさそうで、ひたすら我慢していました。


そんなある日の事、夕食代わりに居酒屋で一人晩酌をしていました。
すると隣にとても良い仕立てのスーツのおじさまが来ました。
お一人ですか?という月並みな会話から、お喋りが始まりました。

ほどほどに飲み食いして、(ああ楽しかった、明日も頑張ろう)と思えた頃にそのおじさまが
「お店に入った時に、怖い顔で携帯を見ていたけど、何かあったのかい?
それが気になって隣に座らせてもらったんだよ」と言いました。

その時は、Aさんからのチクチクとした嫌味満載のメッセージを読んでいて、
料理が来たので携帯を閉じた所へおじさまが来たのです。

「ちょっとネットで嫌な事があって…」と話し始める内にいつの間にか私は泣いていました。
リアルでもネットの中でも誰にも言えなかったのが、箍が外れたのだと思います。

私の話を聞き終えたおじさまは
「Aさんがどうなったらいいな、と思う?」
と聞くので
「私は…申し訳ないけど、よくわからない内に苦しんでタヒんで欲しい。」
と素直に答えました。
「あのブログ関係では私だけがターゲットだと思うけれど、現実でも誰かをいじめてる気がするから。」
とも言いました。

170: 名無しさん@おーぷん 2014/08/02(土)01:57:13 ID:lEKRRIwVC
昔の話

新入社員時代のこと
ちょっと好きだなと思っていた数年上の男性先輩が、ある日真っ青な顔で出社してきた
皆心配して色々聞くけど先輩は答えない。早退まで促されていたがそのまま仕事をしていた
んで昼休憩の時、給湯室で吐いている姿を私が発見。さすがに声をかけて、どうしたのかと聞くと、震える声で
実家の事業が失敗して借金が出来た、自分も連帯保証人で返済義務がある、と
いくらなのか聞いたら5千万だった。その日は金曜だったので、明日実家に帰って親と今後を話し合うんだと言い、誰にも言わないでと頼まれた
勿論です言いませんと答え、私はその日の午後、体調不良を訴えてとっとと早退、その足で銀行を回った。

713: 名無しさん@おーぷん 2017/06/10(土)20:02:41 ID:v3P
以前夜勤明けに少し遊びに行こうと思い、山近くにある運動公園の駐車場に車を停め
後部座席で仮眠取ろうとしていたら
オッサンが一人山の方から走ってきて、慌てた様子で辺りを見回していた
偶然オッサンと目が合ってしまった途端
オッサンは物凄い勢いでこちらに走ってきて、ドアノブをガチャガチャ窓をドンドン叩きながら
「開けろ!開けろ!早く!」と叫び始めた
いきなりそんな勢いでそんなこと言われてもなんか怖いし
乗ってたのはワゴン車で、後部座席は部屋みたいに改造して綺麗にしてたので
何やってたのかは知らんが小汚いオッサンを乗せたくなかったので
首を振って駄目だと伝えたが、オッサンは変わらずなぜか山の方をチラチラ見ながら開けろ開けろと騒ぎ続ける

379: 名無しさん@おーぷん 2016/12/22(木)19:11:12 ID:FTG
旦那に別れさせ屋を雇われていたこと
なんか最近モテるな~人生初のモテ期!?なんて思っていたら全部仕組まれてただけだった
私は旦那にぞっこんだったので全部失敗して回数?使いきって2回くらい追加料金払って続けてもらったけど全部失敗してお金なくなって諦めたらしい
件のモテ期から3年ぐらい経ってるけど最近になって旦那から打ち明けられてスレタイ

私から押しまくって付き合って結婚して幸せだったけどそれは私だけだったみたい
別れさせ屋雇っていた時期に旦那には人生で初めてといっていいぐらい本当に自分から好きになった女性がいてどうしても結婚したかったんだって
でも私が旦那のことを本当に好きなんだってわかったら可哀想になって別れたらしい
今は私のこと凄い好きになって反省してるんだって

旦那のこと好き過ぎて全然気付かなかった
自分が好きで好きで押して押して結婚したから私も旦那の気持ち全然考えてなかったんだなーってちょっと反省した

30: 名無しの心子知らず 2016/12/21(水) 17:14:34.03 ID:XVO0ISYx
普段ROMなので読みにくいかもしれません

幼稚園に娘をお迎えに行ったらちょっとだけ元気がない
水を向けたらしょんぼりした様子で「ママ、私かわいくない?」と聞かれた
とりあえず「お母さんは娘が世界で1番大好きだしかわいいと思ってるよ」と伝えたら元気になって
「私もママ大好きだしかわいい!」って言ってくれた
自分は正直全く美人じゃないけど(*´д`)って気分になってるんるんの娘と手をつないで帰ってたら後頭部に衝撃が
後ろにたまに見かけるママさんがいて鬼の形相でこっちを見てる
ギャン泣きの娘に「うちの子の方が!」「ふざけんなブスが!」「こんなもんで色気づいて!」と言って
娘の髪につけてたシュシュを取られたんだけどその瞬間に反応する事ができて何とか取り返せた
ママさんはそのままお子さんを自転車に乗せて逃げて行ったんだけど何だったんだろうか…

泣き疲れて眠った娘から事情はまだ聞き出せてないけど最初にしょんぼりしてたのもママさん原因の気がする
それに娘がシュシュ見て「これ着けちゃ駄目なの?」て言い出したのがすごく悲しい
せっかく家族3人でアクセサリー屋さんに行ってお揃いにしたのにお母さんのは飾り取れちゃったし守れなくてごめん

764: 名無しさん@おーぷん 2017/01/21(土)18:55:28 ID:EQq
今年の正月、旦那の実家でのこと。
正月も3日目になって正月料理以外のものを食べたくなった
うちの旦那の妹であるコトメちゃん21歳がポテトフライを作ってた。
私たち家族と舅&姑はリビングでお茶とお菓子でテレビ見てたら突然台所から
ボッゴーンという音とバチバチ激しい音とコトメちゃんの「ギャー!!」で全員飛び上がった。
台所見たら白い水蒸気のような煙と天ぷら鍋をコンロに放り投げてるコトメちゃん。
何事かと聞いたら、茹で上がった麺類のようにポテトフライをシンクに置いたざるに出したとのこと。
もう、舅&姑激おこ。コトメちゃんは「知らなかったんだもん!」って逆切れ。
腕は長袖を捲らずに調理してて、シンクに運ぶときに鍋つかみを使っていたからやけどは免れたのが不幸中の幸い。
舅さんは排水管が壊れるって怒るし、姑さんは料理教室に入れる前に常識教えなきゃってしょんぼり。
悪い子じゃないんだけど、熱した揚げ油を流す子がいたことが衝撃だったわ。
なんか、シンクも変な風に盛り上がってて戻らなくなってた。

このページのトップヘ