2018年03月

382: 名無しの心子知らず 2013/04/12(金) 15:56:53.09 ID:8gf9IvOf
大学時代の友達が、数年前から放射能ガー!添加物ガー!になった。
特に震災からこっちは子供を一切外で遊ばせない、幼稚園の外遊びの時間も
うちの子は室内で!とか強硬にやってて園と揉めてるらしい。
園を辞めるとか辞めないとかいう話を聞いてたんだけど、我が家が転勤に。
引越し先から転勤の挨拶状を出したら、
「そこの土地はガレキの埋め立てやってるでしょ!放射能がついてるかもしれないはがきを
子供が触ったら大変でしょう!軽はずみに送って来ないで!」
子供が小さくて大変だろうからって実家からの物資をわけてやったこととか、全く感謝されず、
この仕打ち。耐え切れずに「あんたみたいな親持って子供が可哀想」と
電話切って着信拒否した…。

713: 名無しさん@おーぷん 2017/06/10(土)20:02:41 ID:v3P
以前夜勤明けに少し遊びに行こうと思い、山近くにある運動公園の駐車場に車を停め
後部座席で仮眠取ろうとしていたら
オッサンが一人山の方から走ってきて、慌てた様子で辺りを見回していた
偶然オッサンと目が合ってしまった途端
オッサンは物凄い勢いでこちらに走ってきて、ドアノブをガチャガチャ窓をドンドン叩きながら
「開けろ!開けろ!早く!」と叫び始めた
いきなりそんな勢いでそんなこと言われてもなんか怖いし
乗ってたのはワゴン車で、後部座席は部屋みたいに改造して綺麗にしてたので
何やってたのかは知らんが小汚いオッサンを乗せたくなかったので
首を振って駄目だと伝えたが、オッサンは変わらずなぜか山の方をチラチラ見ながら開けろ開けろと騒ぎ続ける

379: 名無しさん@おーぷん 2016/12/22(木)19:11:12 ID:FTG
旦那に別れさせ屋を雇われていたこと
なんか最近モテるな~人生初のモテ期!?なんて思っていたら全部仕組まれてただけだった
私は旦那にぞっこんだったので全部失敗して回数?使いきって2回くらい追加料金払って続けてもらったけど全部失敗してお金なくなって諦めたらしい
件のモテ期から3年ぐらい経ってるけど最近になって旦那から打ち明けられてスレタイ

私から押しまくって付き合って結婚して幸せだったけどそれは私だけだったみたい
別れさせ屋雇っていた時期に旦那には人生で初めてといっていいぐらい本当に自分から好きになった女性がいてどうしても結婚したかったんだって
でも私が旦那のことを本当に好きなんだってわかったら可哀想になって別れたらしい
今は私のこと凄い好きになって反省してるんだって

旦那のこと好き過ぎて全然気付かなかった
自分が好きで好きで押して押して結婚したから私も旦那の気持ち全然考えてなかったんだなーってちょっと反省した

894: 名無しさん@おーぷん 2016/11/11(金)17:34:47 ID:sDQ
嫁に「あなたがお母さんばっかりかばって私にヒドイ態度なのは
お母さんへの反抗期は終わっているけど、私に対する反抗期が終わってないからよね」
って言われた時。
その時は「何ふざけたこと言ってんだブス」で終わらせたが
横でブフッと吹き出していた妹や無表情だった娘を思い出して
じわじわボディブローのように効いてきて
むしょうに恥ずかしくなった。
言われてみれば中学生の時母に「ババア!」「バカじゃねえの!」とやってたのと
同じ態度で嫁に接していたなと・・・


160: 名無しさん@おーぷん 2017/09/28(木)04:48:58 ID:SFH
彼女が猫飼ってて真っ白な長毛の猫だからてっきりペットショップとかで買った猫だと思ってた
俺も最近猫欲しいなと思ってて、彼女にいくらした? てきいてみた
そしたら「友達が拾ったのを恵んでもらえたからタダw」
て答え
そのわりには高いらしいメシと刺身しか食べさせないし
家出して怪我して帰って来た時はタクシー乗って病院に駆け込んで結構かかったって聞いてた
だから「タダのくせに金かかってんじゃん!」て冗談半分でつっこんだら
「うちの子にしたんだから当たり前でしょ」
て真顔で言ってきた
そこはノリツッコミして来いよ、とちょっとイラっとしたのもあって
野良猫に何万も金かける意味がわからん、て正直なところを言ったら
「あなたは猫飼ったらお金かかる事も考えてないの?」
てきかれた

879: 名無しの心子知らず 2013/05/20(月) 10:42:02.48 ID:Z6GRmq3C
離婚が成立しそう。経済的DVを受けた事になる?

夫は手取り70万前後で私は気晴らしにパート。
マンションは夫名義、公共料金や必要な支払い手続き、保険は夫管理です。
子供は園児二人、この子達の食事や身の回りの世話は親友がやってる。

私は月に5万円。洋服代や美容院、遊ぶ金がない。
離婚の際、私が親権取れないのは理解してる。だけど慰謝料貰えなきゃ生きていけない。

親友に夫クレクレ&子供クレクレで困ってる。
実家には帰れないし切羽詰まっていて助けてほしい。

意味不明なとこは指摘して

544: ◆pN9GDsCj66 2015/12/24(木) 14:50:15.02 0
件名
今日なんの日か知ってる?

本文
バカな○○(私の名前)は忘れてるかもしれない
それとも知らんぷりかな

クリスマス・イヴ?
それだけじゃない

そう、俺と君が付き合い始めた日だよ
すれ違ってしまったのは俺たちの運命じゃないはずだ
今からやり直そう
夜9時に××(ファミレスw)で待ってる

そのあとはあの時みたいに俺の家で…(笑)
White Christmasにしてあげるね





大学のサークル仲間だった男から
俺の家でってあんたの家行ったことないんですけど
そもそも付き合ってすらいなかったんですけど
同名の誰かと間違えてることを祈る

86: 名無しの心子知らず 2015/12/30(水) 18:44:02.85 ID:pKnmXWe0
某100円ショップで働いてるんだけど、5歳くらいの子がローラーシューズで店内を滑っていた。
直接注意はトラブルになるからという上の指示があるから放送でそれとなく注意するように決まってて、私は当然放送した。
それでもその子はやめる気配もなく、母は放置。色々なお客さんにぶつかりそうになってた。
そして遂に1人のお客さんにぶつかった。そのお客さんの買い物カゴにはガラス食器類。
割れはしなかったし、お客さんに怪我はなかったけど、子供も親も一言も謝らなかった。
私が頭を下げ続けたら「あなたが悪いんじゃないからいいのよ。大丈夫」と言ってくださったけど…。

そして私が商品を並べているとガッシャーン。

542: 名無しの心子知らず 2015/07/07(火) 18:31:15.67 ID:u0XaXC2V
まとめ読んでて思い出した。某寿司屋でキチママに出会った話。
先日、久しぶりに家族で寿司屋いったのよ。とある100円寿司のチェーン店だけど
小さい子も居るから、スシ以外にもデザートとかある店って助かるんだ
で、そのチェーンが出してるスマホ用のアプリ(新商品の情報とか教えてくれるやつ)が
あって、そのアプリ使うと時間予約が出来るんだよ
そのチェーン店、同系統の店は自分が住んでる場所の近くには一軒しかないから、いつも
土日は大混雑してる。だから、そのアプリ事前にダウンロードして前日に予約しといた

当日、やっぱり予想通り大行列が出来ててさ。最長1時間待ちとか出てるんだけど
ウチは事前に予約してるから予約時間少し前に店に入って、2~3分くらいで通されたんだ
そしたらいきなり後ろから、子連れのオバサンみたいなのが髪の毛つかんできて怒鳴られた。
「順番があるでしょ!ちゃんと守りなさいよっ!」って。そのまま無理矢理席に座らされた。
最初はワケがわからなかったし、もしかしたら店員が読み上げた番号間違えたかな?と思って
店員さんに「~(ウチの予約番号)番なんだけど、さっき呼んだ?」って聞いたら「ええ、呼びました」
オバサンにも店員にも画面を見せて、これこれこういう事情で予約してたんで先に入ります、って
ちゃんと説明したんだけど…そのオバサンは喚くだけで全然聞きやしない。

・うちの方が先に並んでたのに後から入るなんておかしい!
・予約より並んでる人間が優先されて当然!それがルール!
・私達は子連れ(うちもですが)なんだから、先に入るなら私達
・予約アプリなんて知らなかった!だから、そんなもの無効だ!

と、こっちが何言っても聞きやしない。店員(多分バイト)もおろおろしてるだけで何もしてくれない。

247: 名無しさん@おーぷん 2017/02/25(土)06:37:48 ID:VFx

兄の行いが原因で仕事を辞める羽目になったのが修羅場だった

私の兄は小学校高学年ぐらいから徐々にグレ始め、中二になる頃には完全に不良やヤンキーと呼ばれる人間になっていた
学校の内外でケンカは日常茶飯事だったし、家では喫煙は当たり前、外でもカツアゲや万引きチャリパクなど色んな悪さをしていたらしい

でも私や弟には少し怖い所はあっても、よくお菓子やゲームを買ってくれたり、ファミレスなんかに連れてってくれたり、
共働きで放置気味の両親に代わって私達の面倒をよく見てくれた優しい兄だった

また、兄の友達もよくウチに遊びに来て、タバコなんかをプカプカ更かしたり夜まで騒いだりしていたが、
私や弟が兄の部屋に遊びに行くと、私達が知らない事を色々と教えてくれたり、一緒にゲームをしたり
ビデオで映画を観たり、時には深夜に一緒に外に遊びに出かけたりしてくれて、皆優しく面倒を見てくれて、
年上の友達、若しくはお兄さんお姉さんみたいな人達だった

このページのトップヘ