2018年01月

712: 名無しさん@おーぷん 2014/06/13(金)17:16:41 ID:I6n2veFQL
元旦那から突然離婚届けを突きつけられた時だな。
夫婦仲も普通によかったし離婚になるような理由に心当たりがなかったから頭が真っ白。
元旦那に理由聞いたら呆れたよ。
子供が生まれてから身なりに気を使わなくなった。俺の奥さんではなく子供の母親になってしまった。だってさ。
美容院にも月一で行ってメイクも毎日ちゃんとしてオシャレもしてたんだけど、元旦那的にはネイルをしなくなった、毎月エステに行かなくなった、スカートをあまり履かなくなったっていうのがダメなんだって。
自分で言うのもあれだけど、生まれたばっかの双子を世話しながらにしてはちゃんと身なりに気を使ってたと思うんだけどな。
こいつアホなんじゃね?って思ったらもうどうでもよくなった。
離婚成立してから復縁要請が頻繁に来るのが私としては第二の修羅場かな?w

155: 名無しさん@おーぷん 2015/05/24(日)16:39:48 ID:Qjp
俺の武勇伝じゃなくて申し訳ないんだが、気持ちよかったので。

親会社がミスしたしわ寄せが子会社であるうちの会社にも来て、そのおかげで最近ずっと社員総出で休日出勤(今日が1ヶ月ぶりの休み)。
休日出勤自体はいい。
手当ても出てるし、ミスをフォローできるのがうちだけなんで、そこは担当者一丸となって、親も子も関係ないぜ!で頑張ってる。

が、親会社の副社長というのが空気読めない。
昨日、特に忙しい時間帯に、来年から親会社勤務予定とかいう息子を連れてきて「見学」させやがった。
息子は大人しくしてたんだが、副社長がいちいち誰かに「これは○○か?」「あれは××か?」とやけに質問してくる。
多分、かっこいいお父さんを見せたいんだろうな、そんな態度がもれもれ。

66: 名無しさん 2014/04/12(土)22:28:43 ID:4xaVIlX2h
すごく長くなってごめん。人によっては嫌な気持ちになるかも知れない内容です。

20年来の友人がいた。(A子とする)
彼女とは結婚したのが1ヶ月違いで互いの夫が偶然同い年だった。
でも全然タイプが違ってて、A子の旦那さんは典型的なマイホームパパ。
一人娘の入園式に始まり高校の卒業式まで全て夫婦で出席してた。
もちろん参観日や運動会にも平日なら必ず有休とって参加してたらしい。
とにかく家庭第一で、上司命令でも残業や休出は徹底して断っていたそうだ。
当然出世には興味がないそうで、家族を養っていける収入があればそれでOKだと。
A子も同じ考え方で、家庭を大事にしてくれる夫で幸せだといつも言ってた。
A子が幸せならそれでいいし、私には何も言うことはない。
だけど、時々そんなA子から私の夫をもしかして見下してるの?と感じることが時々あった。
私の夫は別に仕事人間ってわけではない。
家庭を大事にしてくれるし、仕事も一生懸命やる、ごく普通の夫だと思ってる。
だけど子供の入学式や卒業式に出席したことはない。
運動会には4度ほど一緒に行ったことあるけど、子供と一緒にお弁当を食べたあと
仕事に戻ったりして、最初から最後までいたことはない。
単純に仕事が忙しいからってことで、子供も父親の仕事はよく理解してくれているから
ちょっと顔を出してくれただけで大喜びしてて、我が家的には何の問題もないんだ。
なのにA子に言わせると「子供が可哀想」「家庭をなんだと思ってるのかしら」
「ああいう人(夫)は家庭を持つべきではない」ってことらしい。
それを言われる度に、否定し、私も子供も夫には感謝しかないし不満もないって言うんだけど
「本当の幸せを知らないからそう思ってるだけ」なんだって。
いくら長い付き合いとはいえ、私の愛する夫、私の大切な家庭をそんなふうに言われると腹が立つ。
それで5年ぐらい前から連絡を一切絶った。
で先日、A子と偶然再会したんだけど驚いたことに離婚してた。
旦那さん、鬱病になって会社も辞めたらしい。で色々あって離婚したって。
あんな明るい旦那さんだったのにってビックリしたら、
なんかうんと年下の上司に毎日頭下げなきゃいけなくなって年下にアゴで使われて
気が付いたら年収なんか同期に倍以上差をつけられて仕事が嫌になっちゃったらしい。
「なーんかガッカリしちゃったー」とか「結局楽したいだけの人だったのよねー」とか
「夫選びに失敗しちゃったのよね~私」とか言ってるの聞いて
なんだかゲンナリした。
マイホームパパ最高とか言ってたのに、そのパパを支える気はなかったのね。
ていうか、出世に興味のない旦那を肯定してたのもA子自身だし
仕事より家庭第一の夫最高って言ってたのもA子。
なんなの一体?

39: 名無しさん 2014/04/09(水)13:38:13 ID:v5fC1Bzm8
昨日すっごく腹立つことあったのでもう縁切ることにした。
今もムカムカしてる。

相手はA子とします。
お互い22歳独身女で、結婚したら旦那さんとこんなことしたいとか、子どもにはこんな名前つけたいとか、妄想話をしていた。
ひとしきり話して、A子には付き合って4年になる彼氏がいるので、リアルに結婚どうなの?と聞いてみた。
A子は「まぁまだいいかな、貯金もそんなにないし」と言ったあと
「でも実際結婚しても子どもは作らないかなー」と。

その時点でちょっと意味不明だが、一応なんで?と聞くとその理由に更に引いた。

?外で奇声をあげたり走り回ったりして迷惑をかけてる子どもを見ると本当に腹が立つ
?それで子ども自体にもいいイメージないし、何よりそんな子どもに育て上げた親が余計に嫌
?かと言って自分は周りに迷惑をかけない躾の行き届いた子に育て上げられるかというと、100%そうだと言い切ることはできない
?自分が最も嫌っている存在であるそんな嫌な親になりたくないし、自分の子が周りに迷惑かけまくるような生活はきっと耐えられない、だから子どもは作らないと思う

だと言う。もう呆れ果ててびっくりした。
女たるもの無条件に子どもを欲しがるべきだし、そもそもそれが女性としての本能だし、
その本能を無視しているかと思えばその理由が「周りに迷惑かけたくない」という訳分からないもの。
逆に子ども作らないことの方が周りに迷惑かけることになるのになんでそれが分からないんだろう?
ただでさえ日本は少子化が進んで政府があの手この手で子どもを産んでもらえるようにしてるし、
A子の両親だって絶対孫を望んでるはずなのに、その気持ちも無視!!
女性としてというかその発想は人としてもありえない!!
と、ブチ切れてしまった。

A子はその間黙って聞いていたかと思えば、私が言い終わったら
「今の私は子どもを望んでない。自分の子どもを愛せる自信がちっともない。そんな状態で子ども作っても両親は喜ばないよ。」
と言ってその後話を変えようとしていた。
自分の子ども愛せる自信がないって言葉で更に人でなしだと思った。
こんなやつだとは思わなかった。もう連絡とらないと思うわ。あー腹立つ。

777: 名無しさん@おーぷん 2017/09/10(日)11:34:59 ID:LAi
うちは子沢山家系で、私も結婚後立て続けに長男・次男を出産し、
数年後には双子を出産した。
すると、コトメ夫婦とトメさんが、一人養子に欲しいと言い出した。
コトメ夫婦は義実家(資産家)に同居していて、コトメ夫も高収入。
コトメは専業主婦をしながら長年不妊治療をしていたが、中々実らず。
言い出された時は私も旦那も驚いたし、即座に断ったが、諦めてくれない。
ただ、コトメ夫婦の悲痛な子供願望や辛い不妊治療は私も見てきたし、
何と言っても裕福な家庭で子供を虐待するような人たちでもない。
今まで非常識な言動やいびりもないし、むしろ親切で友好的な人たち。
近所に住んでいるので、様子も逐一見に行けるし兄弟とも交流できる。
期待はしないで欲しいんだけど、話くらいは聞いてもいいかな…と、
ウト、トメ、コトメ夫婦と私夫婦で義実家に集まった。子供は私実家に。
そこで言われたことが衝撃だった。

話し合い自体は穏やかに進んだ。資料もきちんと用意されていた。しかし
コトメ「それで、どの子にするかなんだけど、しばらく観察させて欲しい。
私は女の子がいいから双子ちゃんのどちらかがいいんだけど、どちらが
優秀かまだ分からないし」
コトメ夫「僕は、すでに優秀さがわかっている次男くんがいいんですよ。
後継としてもやはり男子が良い。だから、次男くんと双子ちゃんの、
男女二人で引き取りたい。そこは今後こちらで決めさせて頂いて」
ウト「他人の子を養子にするのは抵抗がある、変な血かもしれないし。
確実に自分の遺伝子が入ってる孫が欲しかった」
トメ「私ちゃんのお家は代々子沢山でしょ、それを聞いて結婚賛成したの!
たくさん産んでもらって養子に貰おうって。だって、私ちゃんのお母様は
もうすでに10人以上お孫さんがいるでしょ?一人二人くらい良いよね」

ここでようやく私夫が「孫は、お母さんだって四人いるでしょ」と言ったら
トメ「内孫じゃないし、親権って母親が有利でしょ?離婚したら全部
私ちゃんのお家に持っていかれちゃうじゃない。やっぱりちゃんと、
コトメの子供としてこちらで育てたいわ。」
コトメ夫婦「里心がつかないように、そちらの家族とは会わせないで
育てようと思っています。実親でないことも知られたくない」
ウト「ついては、引っ越して欲しい。住宅費用はこちらが負担するから、
県外に出て欲しい」
トメ「その後は、夫婦生活を継続するも、別の道を歩むも、二人の自由よ」
コトメ夫「もしそちらが離婚ということになったら、私さんにはできる限りの
慰謝料を支払うから、安心して欲しい」
一同、ウンウンと頷く。

80: 名無しさん@おーぷん 2014/05/16(金)23:57:56 ID:wDEH9IgbX
つい先日おきて現在やや進行形な話

私は脳にとある障害があって、病院から定期的に薬(精神刺激剤)をもらってきて対処療法をしています。
本来ならそれだけの話ですが、仕事上の便宜のため上司にそれを打ち明けたことにより修羅場へ発展しました。

私の業務上の知り合いにAというものがいます。
その方はフリーランスで今案件にのみ我が社のプロジェクトに参加しておられる方です。
上司は私同様に業務上の便宜のため、良かれと思って私の障害をメンバーに話しました。
「~な障害があるので、私さんには◯◯のような仕事を割り振ってください」という風に。
私は物見高く扱われたくはなかったのですが、周囲の理解があればパフォーマンスも上がるので、上司の発言に感謝したりもしました。
しかしここからAの怒涛の攻撃がはじまります。
最初こそ「大変ですね!」といった労いだったんですが

A「◯◯(薬名)もらってますよね?いただけませんか?」
私「え?突然どうして...」
A「お願いします!ください!!!!」
私「!?」
A「お願いします!!!!」
私「いやぁ...」

話を聞けば、Aは鬱病(自称)らしくその薬を欲しいが、処方されないそう。
私が、お医者様に処方されて服用しているものなので気軽に渡せないと説明すると、
本当に必要なのは鬱病患者!そもそも私さんどう見ても健常者じゃない!詐称して服用してるのでは!??
その後も、休憩時間などに私の元へきては要求が続き、毎度ながらやんわり断りました。
しかしいよいよ要求が熱を増していき、
A「いい病院紹介します!私さんが代理で病院へ行って私の分を処方してもらってください!もちろん報酬はだします!!」
A「あたしの病状はカクカクシカジカ~。とてもつらいんです!見殺しにするんですか?」
A「地獄におちろ!私はいつも地獄にいる!一錠で救われるのだ!おまえは悪魔か!!(メールで)」
A「世の中は不公平。私さんが笑っていることが許せない(同僚に)」
など言い出す始末。
Aは私を無視するようになりました。
業務に支障がでたり、犯罪めいた匂いもあったので、上司にお願いしAのポートフォリオを見せてもらうことに。そこにブログtwitterなどあったので見てみました。

結論を言いますと、Aはただのヤク中でした。
調べてみると、私が飲む薬は、健常者が加工して飲めばドーパミンがドバドバでて精神が高揚する薬になるそう。(脳の刺激剤なので当たり前ですね)
以前は違法に取引されていたそうですが、Aのような人が乱用するため規制。処方にはかなり厳しい制限があるそうです。
そこでAが目をつけたのが私。私に複数の病院を廻らせ、薬を入手しキめちまおうという魂胆だったらしい。
ぞっとしました。

当然本件を上司に報告。なぜだか惨めな気持ちになり私は落涙。
上司の対応は迅速でAは即日注意勧告をされ、おとなしくなりました。フリーランスの弱い所ですね。
その日のAのブログに、日本医療業界を陰謀めいた視点で盛大にdisる投稿があり笑えました。
とはいえ、今案件が終わるまではAとは業務連絡を取り合っているので、非常にやり辛い。
理不尽なる僻みを耐え忍びながらという意味で現在進行形の修羅場かな、といった感じです。

202: 名無しさん@おーぷん 2015/02/17(火)01:58:14 ID:5eX
新卒で働いてた会社のお局にプッツンして蹴りを入れたこと。
大した話じゃないけど人間性を疑われそうで誰にも言えない。
社内の皆が恐れるヒステリックババアで、そのババアの仕事を補佐する為の人員として採用されたから逃げられないしイビられるしでとにかく地獄だった。
それでもなんとかやり過ごしてたんだけど、入って2年目かな。ババアが体調不良かなんかでいつも以上にイライラしてて、二人で倉庫の書類を整理してたらすれ違いざまに「邪魔!」って肩どつかれたんだよね。
それで今までの溜まった物が爆発して、無言でババアの向こうずねに全力キック。
固まったババアに「○すぞ」って言って、持ってたファイル投げつけてそのまま休憩行った。
その日からしばらく足引きずってたから、結構痛かったと思う。
休憩終わってからは普通に仕事してたらババアもなにも言わなかったから、何事もなかったように過ごした。私へのイビりはなくなった。
1年くらい経った頃にババアは親の介護とかいって辞めた。
私もその後寿退社してそれっきり。
課長くらいはもしかしたら知ってたのかな~。ババア言ってたかも。

134: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)13:42:59 ID:zyh
旦那は元同僚。他部署の社員だった。
旦那の中では、私が旦那に一目ぼれ、お節介な上司が仲を取り持ち、
交際から結婚にという話になってる。
大筋では間違ってないのだが、本当は私が一目ぼれした相手は旦那ではなかった。

ある社内会合で司会をしてた人に一目ぼれして、上司にその人の名前を尋ねて、
お節介してくれて忘年会のパーテイーで紹介されたが、会ったら違う人だった。
恋に落ちてて全く気づかなかったのだが、檀上に司会者は二人いたらしい。

「私が一目ぼれした」という情報ももう相手に伝わってるらしく、なんだかモジモジとされ、
正直「うあああああああ」という感じだったのだが、「人違いです」とも言えず、
とりあえずちょっと付き合ったらイメージ違いましたのていでお断りしようと思って、一度
デートしたら大変気が合って、そのまま付き合い、結婚した。

人違いだったと何度か話そうと思ったのだが、旦那は私と付き合うまで喪で、一目ぼれされて
結婚したというのをどうも心の大事な柱にしているらしく、「君と結婚出来て良かった、神は僕のことを
忘れてなかったんだ」と度々感謝されていて、なんとなく言い出せずにいる。

元の一目ぼれの相手はもうどうしてるのかわからない。気になるといえばなるけど、まあその程度。

旦那が今日ちゃんと傘持って行ったかの方が気になる。

113: 名無しさん@おーぷん 2015/09/07(月)09:29:57 ID:qUL
娘が中三のときに、旦那と進学する高校でかなり揉めた。
娘の学力的に最適なのが、公立A高校。本人もそこに行きたいと言っていた。
担任からは公立A高校に入れる学力はあるが、倍率が物凄く高く、心配ならランクを落として公立B高校も考えて見ては?と言われた。
それと同時受験で私立C高校も受ける。
そこでグチグチと文句を言ってきたのが旦那。お前ならもっと上を目指せる!とかでは無くて、A高校は修学旅行がフランスだから辞めろという理由。
確かに積立金とかやっていかなくてはならないが、私の稼ぎがかなりあるため正直金銭面は問題ない。
何よりも娘が将来なりたい職業に就くために通う大学に進学するために、ぜひとも通わせたい高校だった。A高校は割りと有名な進学校。
娘の心は動かず、必タヒに反対する旦那にくってかかった。
旦那の言い分は、未成年の女の子が外国?危ない!という感じ。

110: 名無しさん@おーぷん 2015/09/07(月)08:00:16 ID:kPS
結婚式にお呼ばれした時の終始もやもやとする話

遠方にすむ大学時代の後輩の結婚式だったのだが、まず招待の仕方がもやもや。
別の共通の友人の結婚式で結婚するということは聞いていて、おめでとうと話していたのが式の数ヶ月前。
元々すごく親しいわけでもなかったからその後連絡など取っていなかったのだが、突然「招待状送りたいので住所教えて下さい」と連絡が来た。
まず結婚するのは知っていたがいつするかも知らないし、そもそも式に招待されるなど聞いてもいないのに突然住所教えて下さいはないだろと思った。
しかも式はいつなのか聞くと一ヶ月半後のGWど真ん中。
たまたま空いていたからいいけれどこの誘い方はないだろともやもやしつつも当時はまだ若く結婚式経験もそこまでなかった為断るという概念がなく出席した。
遠方とはいっても頑張れば鈍行で行ける距離で、お金の節約もあり行きは始発で鈍行で向かった。
私たちは披露宴からの参加で(式の招待は人数が多くチャペルに入りきらないからとのことでされなかった)、駅から専用のバスが何時に出るからそれに乗ってきてくださいと案内の紙が入っていてそれに合わせて待ち合わせした。
しかしいくら待てど全くバスが来ない。
ただでさえヒールにドレスで始発で何時間も電車に乗った上に炎天下のビル街で椅子もない中待つのは本当に辛かった。
式場にも何度も電話したが渋滞で遅れてる待っててほしいと言われ渋々ずっと待っていた。
しかし一時間以上待っても来なくて流石に遅れそうだしタクシーで行こう、式場には電話しておけばいいよねと言っていたら別の方の同式場のバスが来て乗せてくれギリギリ式場に着いたのだけど、なんとバスなど元々用意されていなかったと言われた。
式場の方は謝ってくれたけど、何度もした電話での遅れてます発言は何だったのかわからないし、そもそも招待状の中の案内の紙はなんなんだとこの時点でへとへとともやもやが凄かった。
この事は新郎新婦からは謝られていない。
あえて言うのもなんだからと思って伝えなかったから知らないのかもしれないけれど。

もうこの時点で一緒にいた友人たちと疲れ果てていて二次会は出るのを辞めようかと話したくらいだが、参加すると伝えてしまった手前参加。
その二次会も新婦の兄妹やら幹事やらが商品をかっさらってた。
仕組んでないと言っていたが、そもそもくじに入れるなよと思う。
がめつい考えだけど高い参加費出してる私たちが景品もゲームも参加できず、カメラマンとして来てる兄妹や幹事はきっと参加費など払っていないし、そんな人達が景品かっさらってくのは流石に白けた。
そこまで終始もやもやで疲れた結婚式だったから友人と帰りは新幹線で帰ろうとチケットを買った。
御車代を頂いていたのだが、ここで最後のもやもや。
一緒に帰った友人とは30分くらいしか電車で離れていない距離なのだが、私と御車代が倍以上違ってた。
私は鈍行片道分で友人は新幹線片道分。
県はぎりぎり違うからなのかもしれないが、それにしてもなと最後までもやもやした結婚式でした。
御車代は正直貰えただけで嬉しいのだが、ここまでもやもやした結婚式での事で損した気分になっていたからこそ感じてしまったもやもやだったと思う。
もう何年も前のことでその後何度も結婚式にお呼ばれしたがここまでもやもやする結婚式はなかった。
あんなに当時は相談に乗ったりと目をかけてきたつもりだっただけに残念で仕方なかったです。

このページのトップヘ