646: 名無しさん@おーぷん 2016/11/23(水)11:45:50 ID:Tdw
現在進行形。
彼女と結婚考えるようになって、うちの親に会わせた。
なんとなくポロっと「そういえば式に(姉の名前)さん呼んだ方がいいのかね?」と俺は言った。
俺の両親はヤベっという顔をし、彼女は「(姉)さんて?」と俺に聞いてきた。
俺は一人っ子長男なんだが、三つくらい上の姉もいて、
この人は施設に行ったから家で育っていない。
それを説明しようとしたら、親が「まあまあいいじゃない」って感じで止めて、
その場では話さなかった。
でも結局あとで聞かれて、「施設に行った姉がいるんだ」と話した。
うちは俺が生まれた頃経済的余裕がなく、二人育てるのは無理だった。
だから姉が施設に行った。
でも母はたまに会いに行ってたみたいだ。俺も二回くらい会ったことがある。
別に隠してたわけじゃないよ、と俺は彼女に言った。
ただ一緒に育ってないから家族みたいな気がしなくてぶっちゃけさっき思い出したからと正直に言った。
彼女はなんで姉の方が施設に行かされたのか気になるみたいで
なんで?と聞いてきた。
親からは、男は跡取りになるからお前を残したと言われていると、これも正直に話した。
その日はそれで別れた。
後日、彼女から「結婚を迷っている」と言われた。
「私の前でポロっと言ったことからしてあなたに悪気はないんだろうけど、その悪気のなさが
かえって怖い。結婚するまで隠しとおす気だったあなたの親の態度はもっと怖い」
「ご両親の職業って××だよね?二人育てるのがそんなに大変だったと思えない。
三歳まで育てたのに男ができたから女はイラネってすぐ施設送りできる感覚がよくわからない。
大体そんな簡単に施設に入れられるの?」
が彼女の言い分。
「簡単に施設に入れられるのかどうか俺は知らない」と答えると
「不思議に思ったことがないの」と聞かれ、「そういえば、ない」と答えた。
彼女は「やっぱり無理な気がする」と言った。
俺がおかしいのか、彼女が考えすぎなのか、よくわからない。
なんとなくリア友に相談できなくて吐き捨て。

269: 名無しさん@おーぷん 2016/10/03(月)02:06:38 ID:VOL
昔、伯父が死んだときに遺産を残された
伯父は芸術家というか工芸家というかそんな感じの人で、俺も同じ道を進んでたことで
親戚一同とくに揉めることもなく受け継いだ
ところが、従姉旦那が納得いかず「俺らの取り分が減るじゃねぇか」と大反対
反対されたところで公式な遺書があるんでどうもならないんだが、吠える吠える

特に伯父が住んでいたアトリエを取り壊して家を建てて両親を呼んで同居計画をたてていたのに
俺がアトリエを継ぐのが我慢ならなかったらしい
だが、このアトリエ元々が俺と伯父の共有資産で俺のほうが出資額も権利も多いのを名義を全部俺にしただけ
遺書がなくたって元々自分達の物にはならなかったと説明されても
「俺達の物にはなるはずだったのに奪われた!」とか言うのよね

しかも伯父の作品を売り飛ばす約束をあちこちと勝手にしてて手に入らないと知って暴れる暴れる
作品の寄付先や販売先はほとんど決まってて、さらに幾つかが従姉に遺されて残りは俺にとなってた
これは、どちらかというと実験作や習作、未完成品を人に渡さないための処置だけど理解されなかった

728: 名無しさん@おーぷん 2016/11/30(水)21:39:52 ID:KTu
最近高齢者の事故が多く報道されてるけど、田舎在住の自分には「当たり前」の事のように感じる・・・

自分が19歳の頃、バイト代やお年玉、不意なお小遣いなんかを貯めてた貯金から車を買ったんよ
当時凄く好きだったホンダのシビックという車で、結構状態のいいものを知り合いの車屋さんに紹介してもらった
休みの日は毎回色々なところへ出かけた
友達や家族を連れてコスモス見に行ったりおいしいもの食べに行ったり

ある日、ちょっと大きな道路で信号待ちをしている時、左前方の駐車場から物凄い勢いでバックしながらセルシオが飛び出してきた
一切ブレーキをかけることもなく、そのままの勢いで自分の車のフロントに突っ込んで停車
その後もなぜかガツンガツンとバックを繰り返し、既にグチャグチャになった左フロントが更にゆがんでいった
2~3分そんなことを繰り返し、急に助手席のドアが開いておばあさんが恐る恐るといった感じで出てきた
セルシオはそのまま出てきた駐車場に入っていったけど、自分の車は自走が難しく道路を空けて広めの路肩に移動するので精一杯だった
降りて携帯片手に相手の車の方に歩いていくと、運転席から80くらいのジイサンが出てきて俺の車を見ながら「当たったか?」と言う
ボケてんのかコイツと思って「当たりましたよ。見たら分かるでしょう」と言うと自分の車の後ろを見て「けどこっちにはあんまり傷ないから」と
埒が明かないと思って警察と保険屋に電話したらものの数分でパトカーが到着、目撃者の若い学生が名乗り出てくれて彼と一緒に警察に事情を説明する
警官は2人のパトカーが一台、3人のパトカーが1台きていた

結局ジイサンは自分の非を認めず、相手側が突っ込んできたんだろと言い張る
おばあさんは「はぁ・・」としか答えず話にならない
周りのお店の人も「ジイサンがいきなりバックして道路に飛び出した」と証言してくれて明らかにオレに非はないという結論になった
警官が申し訳なさそうに「こちらの書類に、まぁなんて書いていいか分からんと思いますが、その、あなたが気をつけるべきだったと思うことを書いて頂けますか?」と調書を出してきた
一応「危険な老人がいないか周りに気をつける」と書いて出したら苦笑いされた

423: 名無しさん@おーぷん 2016/10/17(月)23:32:51 ID:PSr
修羅場に片足突っ込んだ話。
長文で携帯からだから嫌な人はスルーして欲しい。


大学生の集団暴行で思い出した。フェイク有り。
辻褄合わなかったら申し訳無い。

私20代後半(女)、高校の同級生(以降A子)の結婚式に招待された。
A子は地方出身、A子夫は仕事の関係で転勤を何度か繰り返し
招待したい人々が各地バラバラだった為東京にて結婚式を挙げた。
A子夫30代後半で優しそうな感じ。
帰国子女でW大卒、大手広告代理店勤務なので結婚には困りそうにない条件。
一方A子はごくごく普通の可愛らしい女性、テレビ局に契約社員として働いてた所
A子夫のアタックで付き合い始めた。

式当日、披露宴と二次会に参加したがあまり良いものではなかった。
A子夫側の友人や上司が披露宴から絡みがしつこく、二次会では気に入った女性を囲み酒で潰そうしていた。
A子夫は見て見ぬ振り。
トイレに行こうとすると必ず男性誰か一人が付き添いをしようとする。
そして間違えて男子便所に連れて行こうとする。
幸い私や友人はザルだったので男性側が先に潰れた。
面倒だったが女性陣でツレションした。
長いがここまでが前提。


この話をネタとして会社でした時(私は東京勤務)式の写真を見ていた先輩の顔が
真っ青になりトイレに駆け込み戻してしまった。
理由を聞いても「体調が悪い」としか言わなかったが
それから先輩は毎日思い詰めた様な状態だった。
しばらくして「話がある」と仕事終わりに食事に行った。
最初はなかなか話そうとはしなかったが、ぽつりぽつりと話してくれた。
その内容が衝撃だった。
長いから切る。

109: 名無しさん@おーぷん 2015/09/12(土)20:02:35 ID:PnX
災害にかこつけたロミオへの怒りを吐き出し。

深夜、エリアメールに混じって、数ヶ月前に別れた元夫から安否を問うメールが来た。
この元夫、極度の構ってちゃんで浮気はするわタヒぬタヒぬ詐欺はするわで大変だった人。苦労して離婚してからはガス抜き用に捨てアドのみ教えていたので、そこにメールが届いた。
まともで簡潔な文だったので、耳かき一杯分くらいの感心を込めて「大丈夫だからそちらも気を付けて」って簡潔に返して寝た。

朝起きてスマホを見て戦慄。
「あなたのことを気にかけた俺が馬鹿だったんですかね?」
「心配してるのに返信もなしですか」
「あなたは俺を心配してくれないんですね。当然だと思いますが」
「結婚していた時からあなたはドライで冷たかったですよね。そのせいで俺達が上手くいかなくなったのに、あなたは変わらないんですね」
「心配です。愛してます。返信ください」
「◯◯(元夫の住んでいる市)はもうヤバいです。これが最後の連絡になるかも」
「なんで俺ばっかりこんな不幸なの ふざけんな」
等々、芝居がかった恨み言メールがズラリ。

1つ1つは大したことないけれど、災害にかこつけて付け入ってこようとする神経が本気で分からん。
というか、どう返せば正解だったのか本気で分からん……

190: 名無しさん@おーぷん 2016/10/10(月)22:29:51 ID:6rZ
旦那と結婚する前に付き合ってた人がDV男だった。
外面がよく、見えないところを狙って殴るけるをする人だった。
いつも赤で囲ったところの内側しか殴ったりけったりしなくて
夏になると腕と太ももと足の赤で囲ったところは避けて
胸から下の赤く囲ったところだけを狙うという念の入れよう。
最初は逃げ出そうとしてたんだと思うんだけど、なんかもう気力がなくなって
DV期とハネムーン期を繰り返してた。

837: 名無しさん@おーぷん 2017/06/17(土)22:09:26 ID:ou3
夫には小学校からの幼馴染が2人いて、当時幼馴染Aは既婚者、Bは未婚だった。
うちとA夫婦は同じ市内に住んでて、子連れでたまに一緒に出掛けたりしてた。
Bは仕事の関係で遠方に住んでおり、年に2回ほど帰省してきて
その時に男同士だけで飲みに行ってた。(ごくたまに3家族で遊ぶ)
そのBが結婚することになって招待状が届いた。
うちの式の時にも遠方から来て頂いたし、当然Aと一緒に出席するつもりでいて
私も特に何も考えずに普通にそのつもりでいたら
Aの奥さんから出欠を聞かれたので「出席するよ」って答えたら「何故?」って言われた。
何故って意味が分からなくて「え?うちも来て下さったし、長い付き合いの親友みたいだし」って言ったら
そうじゃなくて「小さい子がいるのにどうして出席するの?」だった。
当時私たちには3歳と9ヶ月の子がいて、A夫婦には1歳6ヶ月の子がいた。
そんな小さい子がいるの知っててどうして遠方まで招待するのか、非常識!ってA奥さんは怒ってた。
私さんだって迷惑でしょ!?って同意を求められたけど
「無理だと思えば欠席って出せばいいんだし、
事情を話しても何がなんでも出席しろって言うようなタイプの人には見えないよ?
Aさんちが無理そうならご主人と話し合ってみれば?」って言ったら更に激高。

このページのトップヘ