15: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)15:41:45 ID:ZtR
私の元彼が底辺大学の女と付き合っていたから、その女の情報を
調べ上げた。同じ中学の子を探し出して話を聞くと悪い話ばかりでてきた。
「亡くなった姉が風俗嬢」だとか「中学時代いじめられてた」とか。
決定打は強◯されたことがあることだった。
まあ池沼の学校の先生目指してるらしいから、また同じ目に遭うんだろうけどさ。
しかも心理学部って言ってるくせに池沼学校の免許かよ。
その大学にしか行けなかった自分が池沼なのに。、
本人は「お嬢様女子大通って弱者に優しいアテクシw」のつもりなんだろうけど。
底辺大学の女はやはりロクでもなかった。
その情報を彼氏にいうと「まあお姉さん亡くなってるし、
強◯は知らないけどもし事実だとしても受け入れるよ」なんていう。
別れることを勧めたが話をそらされた。
仕方がないから女が強◯されたことを彼の友達に喋った。
何人かは別れることを勧めてくれて女の方が出て行ってくれた。
彼氏の安全が守られたので記念カキコ。

243: 名無しの心子知らず 2015/09/04(金)18:32:42 ID:jx7
同じ会社の男性と付き合って交際2年目で、きっちり婚約とまでは行かなかったが、お互いもう30歳前だしそろそろ~、
子供好きだし、なんて話したことあるくらいまでは進んでた。

そんな頃、ある日会社に私宛ての手紙が届いた。送り主は知らない会社の何某さんだった。
こんな取引先あったっけかと思いながら開封すると、中には一枚便箋が入ってて、印字した字で
『結婚する前に、彼の寝室の押し入れの中の段ボール箱を調べてみて』って書いてあった。
その会社を調べてみたが、存在しない住所、社名だった。

迷ったけど、数日後彼が一泊の出張行った機会に合鍵で部屋にお邪魔して、手紙の示す箱を探した。
箱はあった。2箱あった。
幼児ポル○の様々なビデオや同人誌や雑誌、生写真?が詰まってた。

387: 名無しの心子知らず 2015/09/24(木)16:41:09 ID:rH8
実家が東京郊外でアパートやマンションを貸して生計を立ててるんだけど、そのマンションのある部屋が、
所謂いわく付き物件だった。
随分前に住人の恋人がその部屋の風呂で亡くなったことがあり、隣接する部屋の複数の住人が「男女が争う声が何度も聞こえた」
と証言したらしいが、持病のてんかんが原因の溺死となった。

その後その部屋に住んだ人の何人かが「変なぐにゃぐにゃした灰色の影を見る」「深夜にバサバサと何かが顔にかかる」と同じようなことを言って
出て行ったらしい。
初めは死人が出た噂を聞いたのだろうと思ってたが、独身者向けの間取りでどんどん周囲の部屋も住人が入れ替わって噂を聞けるような状態じゃなくなっても、
同じようなことを言って出て行った。
親はその部屋の借主の入れ替わりにうんざりして、部屋が空き部屋なのを気にしなくなった。

その頃私は学生だったのだが、ゼミが同じな男子に友人だか恋人だかにロックオンされてた。
いちいち言動でマウントしてくるタイプの勘助で、私は全然親しくなりたくないし、本人にも「付きまとわないで」言ってるんだけどしつこく話しかけてきて、嫌味ばかり言った。
彼が怖くて周囲に相談したりもしたけど、助けてくれる人もいなかった。
私の実家が数物件の大家をやってると誰かから聞いて知ると、数日間つきまとって家業を馬鹿にした後、急にクレクレになり「どっか部屋を安く貸してよ、友達だろ」と言ってきた。

4: 名無しの心子知らず 2015/05/15(金)02:56:35 ID:GPI
私が子供産めなくなったまでの最大の修羅場

昔から私の母は私のことを国語の教科書に出てくる品行方正な委員長みたいな扱いをしてた
髪の毛は伸ばしておさげ、服装はブラウスにスカートに白い靴下、コートも無地の落ち着いたもの
筆記用具は実用性のあるものでキャラクターものはなし
皆がバトル鉛筆にはまっている中私はトンボ鉛筆
女の子たちはカラーペンのコレクションをやりだしたけど、私が与えられたのは蛍光マーカーと赤ボールペン

母親は学校からの書類にきちんと目をとおすし、保護者記入欄はきっちり書く人だったけど
参観日や運動会や発表会には来なかったし、お弁当も作ってもらったことがなかったからコンビニのお弁当を持たされていた
夏休みなどの長期休暇は家でお留守番を命じられたし、その際に時間を潰すために与えられたのは学習ドリルと勉強教材のビデオだった

私は知らないところでストレスが溜まっていって、生理が中1の春頃に始まったものの、中2の春には気づけば止まっていた
三ヶ月くらいこなくておかしいと気づいた
誰にも相談できず、きっと母なら助けになってくれると、正直に「お母さん、生理がきてないの」と伝えた
母はこれまで見たことのないような般若のような顔になり、「いつ!いつからきてないの!」と怒鳴りつけた
「三ヶ月くらい・・・」
「売女の子が!どこで孕んできた!」
私は頭が真っ白になった
「言え!相手は誰!吐け!吐きな!はやく!」
頬を何度か叩かれて、私は怖くなって全力で否定した
「違う!なにもしてない!なにもしてない!」
「嘘つけ!」
「嘘じゃない!違う!なにもしてない!」
必死に否定していると、母に本気でガツンと頭を殴られた
クラクラする頭で母に無理矢理引っ張られ、靴も履かずに制服姿で産婦人科に連れて行かれた
私が必死に違う!違う!なにもしてない!と訴えるのを他所に、母は私が妊娠しているかもしれないと受付に告げて診察させられた
先生はおじさんで、他に看護師が2人いて、母まで見ていて、あんな羞恥を受けたのは初めてだった
診察も激痛だった
指を入れられ、機械を入れられ、股から血が流れていた
結局生理不順と診断されたが、私はそのままストレスで生理がこないまま、高校生で閉経した
女性ホルモンが出ないせいで、高校生にして更年期のような症状に悩まされた
ホルモン剤は出たものの、女らしく育つ暇もなかった身体はよく男と間違えられる

父は今になって、母だと思ってた人は母ではないことを伝えてきた
父は浮気をして愛人との子をなした
それが私
愛人は大卒のエリートの女性で父の出張先にいた人らしい
私の母は高卒で、だから私にエリートを求めたのかもしれない
母に売女の子と呼ばれた時からなんとく察していた
でももっと早く知りたかったよ
無条件に愛した母がそんな私を憎くて仕方なかったんだとしたら、母には謝っても謝っても足りない
もっとはやく母の愛情を受けてはいけないんだと気づいていれば、母の負担になることもなかったのに

434: 名無しの心子知らず 2017/05/18(木)19:55:18 ID:O5r
彼に小説を貸したらメルカリで売られた
「この前は小説ありがとう!面白かった!それで、あの本、定価より少し高く売れたよー!これでまた新しい本が買えるよ!」と、小説じゃなくて現金を返されて「???」状態
なんで勝手に売ったのかと聞くと「だって、あの小説もう見たやつでしょ?ってことはもうしばらく読まないでしょ」と
「好きな本だし、何度か読み返してるし、また読むけど…」と言うと
「そうなんだ!俺は一度読んだら暫くは読まないかな?ずっと持ってても場所取るから、売って違う小説買うよ!また読みたくなったら中古で安く買い直せば良いし」とニコニコ

740: 名無しの心子知らず 2014/09/26(金) 01:22:20.16 ID:V+byBsEl
初めて書き込みます

私は個別指導学習塾で小学生の個別指導を受け持っています
七月に新たに小5の男の子を担当することになり、この男の子から数々のセクハラまがいの行為を受けたので担当を外してもらいました

それまでやられた行為で酷いものは
・個人情報をしつこく聞き出す(当塾では年齢さえ公開はNGです)
・指をくわえる癖があり、唾液でべたべたにした手をわざと服に塗りたくる
・噛み切った爪をなすりつける
・体を触る、髪の毛を引っ張リ抜く
・鼻水を私の服に塗る
・授業中腕を掴んで離さない
・何度も好きだとささやきかけ、結婚してくれなきゃやらないと駄々をこねる
・こちらが拒否しても強引に抱きついてくる
・授業中10回は唇にキスしようとしてくる

父親は母親に教育指導を投げているといい、肝心の母親が出産間近で話し合いができないとのことで、塾の判断により担当を外してもらいましたを
尚父親には了承を得ています
担当を外れてすぐ、その男の子は塾をやめました
母親から、担当の先生が気に入っていたから選んだのにとクレームがあったそうです
上司や先輩からは気にすることはないと言われました
当塾はショッピングモールの一角にあるため、出勤するために多くの人の前を通ります
その時、偶然その男の子と無事出産を終えた母親に会いました
男の子が気付き、母親からは
「うちの子がそんなにお気に召さなかったかしら?」
と嫌味を言われました。男の子は久々に会った私に抱き着いてきて、拒否すると
「子どもがやることじゃない!何故邪険にするの!」
と母親はブチ切れでした
仕事に遅れるからと無理やり引き離して逃げたんですが、それから出勤時間がバレているその週に男の子が私を待ち構えるようになりました
逃げるために一時間早く出勤したら、なんとその時間から待ち構えていました
学校おわってからここに来てずっと待ってるんだと言ってました

270: 名無しさん@おーぷん 2015/10/18(日)09:45:27 ID:VYH
何年か前のこと
廊下の壁際で担任と話をしていたら、
突然知らない男子から「どけー!」と叫ばれたので一歩下がったら、
男子は私のいた空間に駆け込んできて、そのまま顔から壁に突っ込み、
鼻血吹いてひっくり返った
鼻が潰れて血まみれの男子は保健室に運ばれ、しばらくしてから意識を取り戻し
「(私)が廊下のド真ン中で通せんぼしていて、
通してくださいと頼んだら壁に叩きつけられた」とほざいたが、
担任を含む多数の目撃者の証言で、それは嘘だとあっさり発覚
廊下にキモオタ(私)がいたのでからかってやろうとしたら自爆したとの真相は
後日になってそっちのクラスの担任から口頭でだけ説明された
「関係ないから忘れなさい」と言われたので、そのまま忘れていたのだが、
昨日、大学のレポートに実家においていた本が必要だったので
実家まで回収に行った帰り道、
駅の階段を降りていたらくしゃみが出たので、
ティッシュを出そうと壁際に寄ったら、
直前まで私のいた空間を、両手を前に突き出した誰かが飛び降り、
そのまま階段を転げ落ちていった

このページのトップヘ