632: 名無しの心子知らず 2016/08/04(木)01:12:43 ID:TrT
長文でごめんさない

ネットでたまに見る不審者情報(事案)のニューズで
女に道をきいたとか、挨拶したとかだけで不審者とされた事案に
「そんなんで通報かよw男は何にもできないな」
みたいな意見を見る度に思い出す修羅場

高校の頃、塾の帰り道、
「××山(地元で有名なデートスポット)へはどうやっていけばいいの?」
と、四十代くらいの知らないおっさんに道をきかれた
その地点から徒歩で行ける距離ではなかったから電車を使うといいと思って、最寄駅への道を説明した
すると「うーんわかんないから一緒に来てくれる?」と言い出す
何言ってんだこのおっさんと思いながら「すいません、急ぎますから…」と歩き出す私
するとおっさん何とこっちに付いてくる
まるで恋人みたいに私の横に並んで
「高校生はキミみたいな黒髪ノーメイクの子がいいと思うよ。ギャルはだめだね」
とか何とかべらべらしゃべってる
その後も少しの間、おっさん「ねぇ一緒に行こうよ」私「嫌です、困ります」のやりとりを繰り返したけど向こうは全然引かない
もう絶対このおっさんヤバいと思った
声をかけられたのはまだ人通りのある所だったけど、家への道はどんどん寂しくなる
通行人がいなくなったら何をされるか判らなくて怖いし、家まで来られるのも嫌だった
そこで繁華街の方に歩けは人も多いし、大きな交番もあった事を思い出し、そっちへ進路変更した

437: 名無しさん@おーぷん 2017/07/23(日)13:21:49 ID:wae
高校生の時、人を殺しそうになった。

学校帰りに痴漢(というよりも強姦未遂)された。
当時住んでいたのは開発中の住宅地で、まだ家が少なくて空き地が多く、街灯も少ないので注意は呼びかけられていた。
その日は学校が塾代わりに行っていた夏休み補講の帰りで、夜7時台でまだ真っ暗ではなかった。
駅からの帰り道でいきなり後ろから抱き着かれ、空き地に引き込まれそうになった。
覚えているのは間近で見た気持ち悪いニタニタした顔と、「ブヒブヒ」とでも形容したらいいような
いびきみたいな不気味な声だった。
大声を上げたところまでは覚えていたけれど、気づいたら何人もの人に囲まれていて、
私は若い男の人二人に両腕を抱えられていた。
無我夢中の反撃で投げた石が犯人に当たり、犯人は昏倒していた。

犯人は、空き地に止めた車に私を引き込んで事に及ぼうとしたようだった。
私の大声が少し離れた家に届いていたようだった。そこの家のご主人は会社の社長さんで、
その日は運よく従業員の人たちと家でバーベキューしていたので、
私の声を聞いてみんなで来てくれた。

その人たちが来た時、私は半狂乱で、うつぶせに倒れた犯人に馬乗りになって首を絞めていて、
遅ければ犯人を殺していたかもしれなかった。

857: 名無しさん@おーぷん 2017/12/15(金)10:08:09 ID:BAZ
姉が兄嫁さんに、子どもが夫になつかないと相談したらしい。
姉家は共働きで、姉夫さんが激務。
姉夫さんは毎日10時くらいに家を出て、深夜1時帰宅。休日は週一で平日。
兄嫁さんちもほぼ同じなんだけど、姉家と違うのは、兄は一旦7時に起きて子供を保育園に送って帰宅後二度寝して会社にいくこと。
あと兄嫁さんは、普段からパパはーと不自然なくらいパパを会話に登場させる。
例えばうちの実家でじじばばにお菓子をもらったら、よかったね!パパにじじとばばにもらったよーって教えてあげようね!とか、
公園で小石をひろったらいい石だね、パパにも見せてあげようか!とか、一人でお着替えできたね、パパに言っておくね、きっと○○すげーなー!って喜ぶよー!とか。
とにかく何でもパパに言おう見せよう、パパが喜ぶと言っている。
そのおかげか、とにかく兄嫁子はとにかくパパが大好き。
接する時間は少ないだろうに、パパのことばかり話す。
兄嫁さんに聞いたら、兄嫁さんのお父さんが同じく激務で、大人になるまで接し方がわからなかったらしく、とにかくパパと仲良くなってほしい一心で赤ちゃんの時からパパの話ばかりをしていたそうだ。
実際兄はそんなに完璧ではないけど、子供と兄嫁さんのパパはすごい!さすが!大好き!と言われるので、自然にちゃんと振る舞わざるをえなくなっていると兄本人談。
兄嫁さんすごいなー、いい奥さんだしいいお母さんだと素直に感心してしまったんだけど、姉は違った。
弟(私にとっては兄)が可哀相、激務で疲れてるのに保育園の送り?
そうやっておだててこきつかって、ひどい嫁!と罵倒。
そもそも兄と姉は、そんなに怒るほど仲良くないのに。仲悪くもないけど、可哀相というほど仲良くもない。
姉も姉で、たまに姉夫さんが子供と遊ぼうとすると「なれていないから怖い」と遠ざけてしまうし、姉が仕事で姉夫さんが休みの平日は、姉子を保育園につれていってしまう。
これじゃあなつかないだろ…と思うが、私は小梨だしなんとも言えない。
子供好きでわりといいやつだと思っていた姉がそんなにわからんちんなことが、なんか衝撃だった。

857: 名無しさん@おーぷん 2017/12/15(金)10:08:09 ID:BAZ
姉が兄嫁さんに、子どもが夫になつかないと相談したらしい。
姉家は共働きで、姉夫さんが激務。
姉夫さんは毎日10時くらいに家を出て、深夜1時帰宅。休日は週一で平日。
兄嫁さんちもほぼ同じなんだけど、姉家と違うのは、兄は一旦7時に起きて子供を保育園に送って帰宅後二度寝して会社にいくこと。
あと兄嫁さんは、普段からパパはーと不自然なくらいパパを会話に登場させる。
例えばうちの実家でじじばばにお菓子をもらったら、よかったね!パパにじじとばばにもらったよーって教えてあげようね!とか、
公園で小石をひろったらいい石だね、パパにも見せてあげようか!とか、一人でお着替えできたね、パパに言っておくね、きっと○○すげーなー!って喜ぶよー!とか。
とにかく何でもパパに言おう見せよう、パパが喜ぶと言っている。
そのおかげか、とにかく兄嫁子はとにかくパパが大好き。
接する時間は少ないだろうに、パパのことばかり話す。
兄嫁さんに聞いたら、兄嫁さんのお父さんが同じく激務で、大人になるまで接し方がわからなかったらしく、とにかくパパと仲良くなってほしい一心で赤ちゃんの時からパパの話ばかりをしていたそうだ。
実際兄はそんなに完璧ではないけど、子供と兄嫁さんのパパはすごい!さすが!大好き!と言われるので、自然にちゃんと振る舞わざるをえなくなっていると兄本人談。
兄嫁さんすごいなー、いい奥さんだしいいお母さんだと素直に感心してしまったんだけど、姉は違った。
弟(私にとっては兄)が可哀相、激務で疲れてるのに保育園の送り?
そうやっておだててこきつかって、ひどい嫁!と罵倒。
そもそも兄と姉は、そんなに怒るほど仲良くないのに。仲悪くもないけど、可哀相というほど仲良くもない。
姉も姉で、たまに姉夫さんが子供と遊ぼうとすると「なれていないから怖い」と遠ざけてしまうし、姉が仕事で姉夫さんが休みの平日は、姉子を保育園につれていってしまう。
これじゃあなつかないだろ…と思うが、私は小梨だしなんとも言えない。
子供好きでわりといいやつだと思っていた姉がそんなにわからんちんなことが、なんか衝撃だった。

444: 名無しさん@おーぷん 2017/07/25(火)21:40:38 ID:VSs
実家は田舎ってこともあって土地が安く、桜の木が8本あるってことが自慢の広い庭があるんだ
その桜は植えられてから結構年月が経過していてそろそろ寿命なのかなと思いつつ、世話だけは続けてきた
でも、毎年暖かくなると虫は湧いて出て来るし、桜がちった後は庭掃除が大変だった
桜が咲かない時期は園芸屋さんにときどき専門的な手入れをお願いしたりと何かとお金と手間がかかっていた
そういうこともあって、知り合いに伐採と廃棄をお願いした
近所の人や、向かいが飲食店なこともあって店が連休な時に時間を合わせてもらって
作業自体は案外すんなりと終わった
庭が寂しくなるけど、気も楽になった、さて桜の代わりに何か植えようかと考えていた
そして伐採して数日後、近所の人とその飲食店の人が訪ねてきた
話を聞くと、なんで断りもなく桜を伐採したのかとか、あの桜は戦前からある歴史あるもので、言ってくれたら援助したのにとかいう話だった
なーんで自宅の庭の自分の桜を伐採しただけでこんなに文句を言われるのか、
しかもあの桜はじいさんが結婚したときに植えたものだから樹齢は50~60年くらいだぞと思いつつ、
手間がかかることと寿命だったってことを説明した
それで近所の人は引き下がってくれたんだけど、
飲食店の人は「うちの店は借景としてあの桜が名物になっていて、このままでは売上に影響が出るだとか、
月末には結婚式も控えているからキャンセル料を払って欲しいと言われた
図々しくて呆れた
いままでうちの庭の桜で金儲けしつついざ桜がなくなったからと言って一銭も払ってないあんたには何も言う権利はない
それからは借景とは本来自宅の庭や、山などを窓景の一部とすることで、他人の庭をジロジロ見せるものではないと言って追い払った
そのままその店は半年後に閉店して関係者ともかかわらなかったからよかったものの、ここまで図々しくて自分本位な人には出会ったことがない

843: 名無しさん@おーぷん 2017/09/07(木)00:27:34 ID:cST
もう随分昔の話しだが、DQNの暴力話・胸糞話なので注意。

妹の結婚式で大暴れしてた小学生のガキ2匹物理的にぶちのめして
(妹が高砂から目とアゴで「やれ」って命令すんだもん…)
発狂しながら止めにきたその親も両方ぶちのめして
止める為に向かってきた向こうの親族や会場の人をこっちの親族が止めてる時に
妹がいつの間にか司会からマイク奪ってて「うるせー!」って絶叫からの

「お前が泣いてどうしても結婚してくれって言うからしてやったのに
本当なら一生に一度の結婚式をガキに台無しにされて、
それでも一言も注意できない様な根性なしのバカ男なんかいらない。
兄ちゃんに対して被害届でも何でも出して良いよ?(さすがに「え?なにそれこわいw」と思ったが)、
でも、もうあんたとは絶対に結婚なんかしない。
それで良いな?」

と新郎に啖呵を切った妹は俺と似たり寄ったりのDQNだなぁとオモタww

面白かったのは、それを聞いた新郎が突然「うわああああああああああああああ!!」とか叫んで
自分の親族に突入、老若男女問わず手近にいるのにグーパンして
血塗れで倒れてるガキとガキ親にボッコンボッコン蹴り入れて
「謝れええええええええええ!!妹ちゃんとお義兄さんに謝れよおおおおおおおおおおお!!!」って号泣してたw
そしたら新婦だけじゃなく向こうの親族一同土下座。

式場にも釘刺したみたいで、結局警察のけの字も動かんかったわ。
田舎の本家長男て凄いのな。田舎怖いって思ったよw

そのガキ共は、その時の怪我でちょっと障害が残ってPTSDなのか対人恐怖症になって
15年以上たつのに現在も絶賛ひきこもり中らしい。
結局その新郎と結婚した妹は本家長男嫁になり、親族に何か言われたら(嫌味とか)
「わっかりましたー、兄に相談してみますー♪」って言うとみんな黙るから楽で良いわと言っている。
もうやんねーよ、歳を考えろ歳を。

俺には何の恩恵もない事と、妹に警察に売られかけたのが修羅場。
バックマージンよこせ、バカ妹。

385: 名無しさん@おーぷん 2017/07/12(水)09:16:10 ID:mJC
小学2年の時に危うくコロされかけたこと。
その日は祖母が急タヒしたので早引けさせてほしいと母から学校に連絡があって
お昼前に帰ることになった。
で、走って自宅に向かっていたら突然どこからか男の人が現れて抱えあげられた。
あまりに突然なことにビックリして大声を出すことも泣くことも忘れてて
誰!?放して!みたいなことを言いながらただジタバタしてた。
そしたら急に体が宙に浮いて、直後水に叩きつけられた。

791: 名無しさん@おーぷん 2017/08/29(火)17:30:04 ID:CDV
昭和の話です
幼稚園の頃、家の近所で妹と友達の3人で遊んでた
すると黄色い自転車が近くの電柱にすーっと止まって、おじさんが降りてきた
いくつと聞かれたのでそれぞれ元気に答えたら、
「おじちゃん一人でおしっこできないから、手伝ってくれない?」と言われた
大人なのに変だと言ったら「じゃあ見てるだけでもいいから」と本当にチャックを下ろし始めた
私達は爆笑して3人で手をつないで走って逃げた
親には特に言わなかった

たぶん同じ男に、小学校にあがった頃にもう一度会った
数名で木登りしてたら黄色いバイクが根元に止まって「すごく面白い本があるからおいで」と言われた
ワラワラと降りて見せてもらったら、エ〇本だった
「家に来たらもっとすごいの見せてあげる」と言われて「変態だ!変態だ!」と叫んで皆で木に登って逃げた
変な本を見ちゃったのが後ろめたくて、やっぱり親には言わなかった

そのまま数年が経って、宮崎勤の事件が起こった
被害者の子は同じくらいの年齢で、少し離れているけど知っている地名で、
テレビで犯人を見て「あの時のオジサンかもしれない!」と思ったときが修羅場だった

太目で無精髭があったことしか覚えてないから今も真相は分からない
でも、自分があのとき大人にちゃんと言えば、あの子達は生きていたかも知れないという後悔は小学生には本当に重たかった

このページのトップヘ