655: 名無しの心子知らず 2013/11/21(木) 20:32:35.43 ID:6XilWV0r
スーパーで買い物していたらキチママに遭遇しました。

お店でお鍋の試食販売をやっていたのですが、5歳くらいの子が
「おばちゃん僕にもちょーだい」
って言ってて、試食販売している方がしゃがんで
「ごめんね、アレルギーとかあるから、お母さんに食べていいか聞いてからでいいかな?」
って優しく言ってました。
確かに、試食台のところに「アレルギー等からお子様をを守るため保護者の方が云々」っていうのがありました。

517: 名無しの心子知らず 2011/07/13(水) 12:09:40.87 ID:yil7rBZO
先週あった泥ママ話
我が家はキムチが大好きで、楽天で月1~2くらいで購入している
届いたキムチは株漬けの状態で袋に入れられたものが送られてくる
タッパーに1袋分のキムチを切って入れるとちょうどよく、一度の注文で4袋分くらい注文して、冷蔵庫で保存している

先週ママ友と午前中に我が家でお茶会をし、特にトラブルも無かった・・・様に見えた
その日の夕方、お茶会に参加したAママが家に凸してきた

304: 名無しの心子知らず 2011/07/12(火) 11:37:35.55 ID:m+RcDznO
泥と言うにはおおげさかもだが、便乗で。
長い話なんでしえんお願い。
子どもが学校で毎年いろいろ植物育ててる。(朝顔とか、へちまとか)
せわしない子=さぼ太がいて、彼のは暑さでヘナヘナになった。
さぼ太は、自分の植物の絵を描く時間に、「こんなの描きたくない!」と大泣き。
周囲はザマアと思っていたそうなんだが・・・
参観日の翌日、一番すくすく育ってた植物の植木鉢(プラスチック)に、なぜかさぼ太の名前が書かれてた。
元の持ち主=花子の名前はマジックで塗りつぶされてたそうな。

541: 名無しの心子知らず 2011/07/13(水) 13:06:16.40 ID:IW1/0mGQ
先ほど買い物に行って、サッカー台でリュックに荷物詰めて背負って帰ろうとした時、
ナチュラルにリュックを掴んで通り過ぎようとするベビカママ。
しかしリュックの中には5キロx2の鉄アレイ(トレーニング兼で入れて歩いてる)。
それにビールだ牛乳だと詰めているので重量は相当なもの。
軽いと思ってひょいと持ち上げようとしたけど持ち上がらないもんで、そのママは
私が掴んでるもんだと思ったのか、「人のリュックにさわんじゃねー!」とかブチ切れ。

801: 名無しの心子知らず 2013/03/19(火) 22:00:01.29 ID:9g+I1RdY
解決した記念に書き捨て。
うちには娘が一人いる。義実家が日本人形を作ってるので、孫がかわいい義両親が7段飾りのお雛様を作ってくれた。
娘も気に入っていて、中学生になった今でも毎年飾り、義両親も呼んでひな祭りをする。
今年のひな祭りも2月後半には飾り、当日は仕事も早番にしてもらって張り切ってご馳走を作っていたら、4時ごろ突然チャイムが鳴った。
出てみたら、隣の奥さんが年中さんの娘さんを連れて立っていた。
何かご用ですか?と聞いてみたら、
「お雛祭り、するんでしょ?うちも一緒にいいかしら?」と言う。
「義両親もくるので、ちょっと…」と言うと、「うちもよ!ちょうど良かった!娘ちゃんのお友だちもくるの!
私さん家、立派なおひな様あるじゃない?大人数でお祝いした方がお人形も喜ぶわ!」と一人で盛り上がる…
無理!無理!と断っていたら、「じゃあ、お雛様だけでいいわっ。どうせ今日中にしまわなきゃいけないんだし、中学生なのにお祝いなんておかしいっ」
と、だんだんキチっぽくなる。続きます。

840: 名無しの心子知らず 2011/05/17(火) 16:55:38.21 ID:5Vdt0ozN
ついさっき見たおばちゃん
孫ありだからママであってるはず

見たのはスーパー
レジ前で4か月くらいの赤ちゃん抱いている若いママに
50そこそこのおばさんが絡んでいたので、
『姑と嫁かな』と思ってたがケチママだった。

863: 名無しさん@おーぷん 2017/12/15(金)10:50:42 ID:ELQ
今もまだ衝撃的なんだけど

ご近所にA君という息子と同い年の男の子が住んでいる。私家族がこの地域に住み始めた時、息子と友達になってくれたA君は優しくていい子で、A君母もすごく優しく素敵な人
息子が2歳~小学校2年生くらいまでは家族ぐるみで付き合ってたんだけど、A君父が出て行ってしまってから付き合いは減ってしまった。
A君父が出て行く直前にうちの旦那やご近所に「妻と息子をお願いします」と頭を下げて何かいう前に去ってしまったらしい。なので、近所の間ではA君父の浮気だろうと思っていた。
そのあと、なんとなく気まずいのと、向こうも私も働き始めたので付き合いが減り、息子同士も、やんちゃな息子と、大人しいA君はクラスが離れてから遊ばなくなった。
そんな中、息子が小6のとき、学校から電話があり、息子がイジメに加担していると言われ、旦那とともに学校に行くと、息子と仲の良い子達の親御さん達と、A君母がいた。
息子達6人がA君を虐めているという話で、A君に対して酷くからかっていたようでした。何も知らなかったとは言え、息子のしたことを謝り倒し、A君母は「金輪際、うちの息子と関わらないで」と冷たく言って出て行ってしまった。
情けなくて、恥ずかしながら泣きそうになっていたところ、担任の先生が「お母さん方少し…」と言って、別室にいる息子達のところへ案内してくれた。
そのあと、別室にいる息子と会うと、泣きそうな顔をして謝られた。
「怒ってないから帰ろう」と声をかけ、その中でクラス委員長をしているB君が「悪いことしているつもり、なかったのに」と泣いていて、この場で息子達に話を聞くことにした。
息子達がA君にしていたことは
・給食で嫌いなものが出ると、食缶に戻さずゴミ箱に捨てることを注意した。
・1人で帰っているA君に一緒に帰ろうと声をかけ、一緒に帰った。
・忘れものをしたことを先生に言えずにうつむいているA君の代わりに先生に伝えた。
…という内容だった。

長いので分けます

このページのトップヘ